FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

格差を広げたいヤツら


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


最低賃金が発表されたってニュースがありました。
毎年更新してるわけですね。
ま、そりゃそうだよね、毎年同じじゃ物価と釣り合わない。

で、これ、東京都鹿児島だと224円の差があります。

う~む…。

これは事業者の支払い能力とか、生活コストを勘案して決まってるらしいのですが。
まあ、支払い能力言われちゃうとどうにもならない気がしますが(実際どうかもわからないし)、生活コストってのはどうなんだろうか。

まあ、東京で家を買うのと鹿児島で買うのは値段が違う、ということなんでしょ、つまり。
でも、売ってる本の値段は一緒だし、ネットの通信費とかも一緒なんでしょ?

う~む…。


具体的に224円というのを考えてみると、例えば週40時間働いたとして、差が8960円。
月4.3週とすると、38528円、という数字が出てきます。
つまり、月に4万円弱の差が出てくる、ということですね。

これ、どうなんでしょうか。

いや、そもそも鹿児島の最賃761円を週40時間、4.3週とすると、月に130892円なんですね。
対して東京は169420円。

いや、なんかどっちも生活できるか?って気がしてきます。


正直、その東京の金額だってって、もう何もできないですよね。
家賃、水光熱、食費を出したら貯金はできないですね。
ライブなんかにもそうそう行けないですね。
飲みに行くんだって難しそう…。
服はユニクロで買う以外になさそう。
ま、蛇足として付け加えればそこはにじ屋に来て欲しいわけですが。

しかもサービス残業にノルマなんかがかぶさってきて、そもそも遊ぶ時間もない。
何のために働いてるのか、という気がしてきます。

で、鹿児島となると、そこからさらに4万円の差。
家賃は東京に比べやすいかもしれませんが、その差が4万円にもなるだろうか。

これ、このまま放置するのは地方格差がどんどん開くばかりだと思うんだけど。
そういうのを政権が進めちゃっていいんだろうか?
200円を超える格差です、ということを正式に認めちゃっていいのだろうか?
なんか地方創生が聞いてあきれるというか。


そもそも生活出来る、企業が運営出来る、というのは、相容れない。
労働者はいくらでも欲しい。
雇用側はホントはタダで働かせたい、というのが両者の本音なんだから。

だからまあ、そのラインを決めます、というのが最賃の意味なんだろうけど、それにしてもこれは労働者の方を軽視しすぎてないだろうか?


そもそも、こういう言い方は極論だけど、彼らからしてみたら、労働者は奴隷なんだよね。
でも、奴隷は「生かさず殺さず」じゃなきゃ、その労働システムは成り立たない。
だって、殺してしまえば働いてくれる人がいなくなっちゃうし、あまり裕福にさせてもシステム自体を転覆されちゃうかもしれない。
一握りが「うまみ」をすすり続けるには、99%を「生かさず殺さず」の状態に置く必要がある。

でも、もうこれ殺してるでしょ、って最近思うんだよね。

日本にも高度経済成長の時代があって、未来があった。
その頃は、誰だって学校を出たら正社員で就職出来たし、車も買えて、結婚もできてマイホームだってたいがいは買えたんだよ。
それが今やどうなのよ。
それらが手に入るのはほんの一握りじゃないか、という感じになってきてしまった。

未来がないというのはやっぱり人を自暴自棄にさせてしまうというところがあって(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4565.html)。
毎日必死に働いて、なのに毎晩炭水化物中心の食事で腹を満たさなきゃいけない、遊びに行く金も時間もない、なんて状態は、もう人は自分を殺しちゃうんだよね。
「こんな状況が続くくらいなら、もう戦争でも何でもやってくれ」って。

リセット願望、というか。

ま、つまり、今の日本の政権、というか支配層は、もう人を「リセット願望」のところに追い詰めることを決めたんだな。

ナチスに学ぶべきだ、といった大臣はまだ罷免もされず大きな顔をしているが、もうこれ完全にナチス前夜の光景になってる。
こうやって格差を拡大して、国民それぞれの未来をつぶし、「リセット願望」を蔓延させ、「戦争でリセットできる」という強力なリーダーを出現させる。
確かに戦争でリセット出来るモノもあるだろうが、問題はそこじゃなくて、その「戦争で大儲けする連中がいる」という現実と「戦争で死ぬのは一般人」というリアルだ。

ま、戦争を始めようという連中が闘えばいいんだ。
大統領と首相で相撲ででも決着つけるか?
いや、今の世界警察の大統領ならプロレスが似合うか。
だったらまあどうでもいいんだけど、そうじゃないからね。

いや、冗談じゃなくさ、そもそも、民族の闘いなら、代表決めて相撲でもなんでも優劣つけたらいいんだけどね。
なんで殺し合うのか。

って、まあ簡単だね。
その殺す弾が金になるからね。


ま、なんにしても、格差が広がることは為政者にとっては都合がいい。
民は目の前の格差を恨んで民同士でやりあってくれる。
火の粉は為政者に飛んでこない、という仕組みだ。

だから格差は放置したいんだろうな。
この最賃の格差だって、なんだかんだそういうことでしょ。
格差の種はどこにだって蒔きたいんでしょう。


オレたちは、目の前の格差の後ろで笑ってる連中にこそ怒らなきゃいけない。






(BGM:DA PUMP「U.S.A.」fromYOUTUBE)
→いや、話題になってたんで聞いてみたけど、もうタイムスリップ90年代、って感じでカッコいいんじゃないですかね。
90年代も俺にとってはもう大人になってからの時代なんで、そんなになんだろう、「懐かしいねえ」とかにはならんのだけどね。
スポンサーサイト

<< マ・ドンソクさんに憧れる ★ 映画 「犯罪都市」 | ホーム | 違うって! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP