FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

終戦から二三日後、現韓国38度線あたりの鉄原での出来事をご存じの方いませんか


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日韓国にいったという話は書いたんですが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4599.html)、小さな甥っ子やお父さんお母さんと別行動の時間があったので、アキと「鉄原」を目指してみようとなりました。

とは言っても、携帯で大急ぎでネットの記事なんかを読んでもDMZと言われる非武装地帯のあたりにあるようで、つまり38度線のアタリです。
なんで、個人での観光は原則できないとも記事には多く書かれていたりして、行けるかどうかはそもそも半信半疑ではあったんですが。

今になっていろいろネットで落ち着いて調べてみると、やっぱりツアーで行く場所のようで、外国人はいわゆるDMZツアーといわれるモノを利用して行くところである、とのことのようです。
北朝鮮が見渡せる場所なんかもあるからでしょうか。

今、南北は急速な融和が進んでいますが、まだまだ戦時中であることには変わりがないようです。


ソウル駅に行って聞いてみたけど、鉄原駅は朝鮮戦争で破壊され、そのまま廃駅になったということで、行きようがない、と。
バスならあるんじゃないかということで、バスターミナルに行ってみたらありました。
新鉄原行き、というバスが。

まあ、今考えれば、これに個人でのれるのかどうかはわからないし、乗って行った先で止められる可能性もあるんでしょうか。
乗り込むのは軍隊の人と一人のおばさんだけでした。

どっちにしろ、2時間以上かかるようで、時間的にはもうリミットだったので、とりあえず今回はでも「鉄原」という名前を発見した、というところで、なにかを達成したような気持ちで鉄原探しの旅を終えました。

今度もし行く機会があったら、ちゃんと調べて行ってみたいと思っています。


で、なんでここを目指そうかと思ったか、ということなんですが。

オレのお袋が終戦を迎えたのが鉄原だったんです。
再婚してからアキとよく実家にも行くようになって(その前は近いくせにほぼ近寄らなかった)、よくお袋とも話すんですが、この鉄原でのことを何度も何度も話すんです。
で、アキが「行ってみようよ!」と言ってくれて、それに押される形で一緒に探したんです。
アキはバス停で「新鉄原」の文字を発見してちょっと泣いてました。
とても素晴らしいパートナーに巡り会えて俺は幸せだと思います。


さて、で、その戦争の頃の話ですが、お袋のお父さんは朝鮮で学校の先生をしていて、学校のあるところ各地を転々としていたらしいんです。
で、そこで終戦となった、ということで。

8/15になって、「外に出るな」「夜は電気もつけるな」となって、家の中で過ごしたらしい。
でも、お袋は兄弟姉妹が多かったので、家の中で遊んでいればいいわけで、それはさほど辛くもなかったと言います。
ただ、夜になると大声で人たちが騒ぎ、火を焚いたりして、それは怖かった、と。
その時、お袋のお父さんは状況を知るために駆け回っていたのか家にはいず、それがまた心細かった、と。
「でもね、そりゃ、みんな日本人に押さえつけられてたんだから、日本が負けて騒ぐ気持ちは今になればよくわかる」と言ってました。

で、数日後に汽車が来るから、それに乗る、ということになって、ただ、手荷物はなし。
何も持たずに駅に行くように、という連絡がきて、乗ったそうなんです。
それももう貨車に満員どころか、溢れんばかり乗って、という状況で。

「残留孤児」って言葉をオレの世代はニュースでもよく聞いたわけですが、そのニュースを見る度に、「私はあの中に入っていたかもしれない」とお袋はよく言ってました。
あの人の大群のなかで家族を見失ったら、もし、お姉ちゃんの手が離れてあの汽車に乗れなかったら、と。
そんなほんの一寸のことが、人生を分けたかもしれない、ということなんですが。

で、お袋はここから先の話を「よく覚えてないんだけど」と言い、姉妹で今話をしても食い違う部分がある、と言ってるんですが、その汽車、動力部分の先頭の機関車だけが貨車全てを草原に置き去りにしてどっか行っちゃった、というんです。
そうなると、貨車だけではどうにも動きません。

しょうがないので、そこで一回みんなで降りたんだ、と。
狭い車内だったので、すごく嬉しかった、と言ってました。

といっても、大人は大変だったでしょう。
遠くに見えた民家に行き、食料を調達し、なんかみんなで協力して穴を掘ってトイレにしたり、釜を焚く火をおこす場所を作ったり、ということをして過ごしたと言うんです。
とくに、お袋のお父さんは先生で朝鮮語も堪能だったわけですから、そういう民家との折衝なんかをやっていたんじゃなかったか?と。

「ただ、子どもだったからね、小4だったから。そういうのはあまりよくわからなかったんだけど、思い出すとそうだったんじゃないかなって思うのよ」とお袋。

そこにどのくらいいたのか、どうやって機関車を調達したのか、わからないけど、結局は機関車が来てまた貨車も動き出した、という。
その期間がどのくらいだったのか、これは姉妹間でも食い違ったりしてるようで、お袋自身も「三日くらいだったのか、一週間?二週間だった気もするし…」と、曖昧に。
というか、なぜ機関車が去ったのか?機関車はなぜまた戻ってきたのか?…それは幼かったお袋たちには知るよしもないわけで。

その後、港について舟に乗って、日本に着いて、という段階でもいろいろと話は続くんですが、その草原が鉄原の外れだったんじゃないか、今で言う韓国側だったんじゃないか?というんですね(そもそもお袋一家は鉄原の北側にいたよう)。


で、この話、どこまでがお袋が後で付け足した記憶なのか、事実なのか、いや、大筋はそういうことがあったんだと思うんですが、細かいディテールがイマイチはっきりしない。
その時に一番しっかりしていたお姉さんが認知症になってしまい、残った幼かった妹たちは記憶が噛み合わない。


ただ、その汽車にはものすごい人数の日本人が乗っていたんですよね。

もし、こういう話を親から聞いた、とか、ご本人、とか、なんか心当たりがある方、お話を聞かせていただけたら幸いです。

お袋が言うには、終戦の8/15の二三日後に汽車に乗ったんではないか?とのことです。







(BGM:天童よしみ「珍島物語」fromYOUTUBE)
→「海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とがつながるの」
国の分断の悲しみを歌った曲なんですけどね。
なんか、まあ壮大なモーゼ的冒頭に脱帽です。
スポンサーサイト

<< 明後日は秋ヶ瀬フェスに集合! | ホーム | マ・ドンソクさんに憧れる ★ 映画 「犯罪都市」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP