FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

マ・ドンソクさんに憧れる ★ 映画 「犯罪都市」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、工藤さんちで「犯罪都市」を見てきたわけですが。

マ・ドンソクさん主演の刑事モノですね。
マフィアの対立をバッタバッタと刑事役のマ・ドンソクさんが解決していきます。

ま、刑事モノの基本に忠実な展開で、元々対立するマフィア同士はまあ、うまくやってるというか、対立はしているモノのそこそこ共存関係があるんだけど、新しく入ってきた勢力がこれがもう人に非ず。
話し合いとかそういう気がマッタクない。
「お前は誰だ?」なんて向かい合ってる時点で首をかっ切っちゃう。

どうしようもないんだわ。
店からみかじめを取ろうって時にも、ガタガタ言うと店主の、つまりカタギをすぐに刺しちゃう。

ま、でもこの辺、韓国映画の醍醐味というか、悪いヤツはもう徹底的に悪い。
だから見てて「もう!コイツ早く捕まえて!」って気になる。
応援のしがいがあるというか。
そりゃね、マ・ドンソクさん扮する刑事もけっこうひどいんだけど、でもそれも許せちゃう、くらいの。


この映画、もうマ・ドンソクさんの独壇場といってもいい映画なんだけど、とにかく冒頭がもうしびれる。

電話をしながら歩いてるマ・ドンソクさん。
その道すがら、刃物を持った男二人がケンカを始めるんだけど。
それを電話しながら、何事もなかったかのようにナイフを奪って納めちゃう。
で、電話で話し続けてる、という。

いやあ、こういう男になりたいモンですけどね。
何事にも動じない、そんな男に、オレはなりたい。

…でもま、無理わいくらなんでも。


んなわけで、このマ・ドンソクさん、「新感染」(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4199.html)で日本でも脚光を浴びるわけですけど、って、その前もあったのかな。
オレ的に脚光を浴びせたのが新感染だったんですけど。

男気をやらせたら右に出るものはいない、という。
「オレのことはイイ、先にいけ!」みたいな。
どっか男性も中性的な魅力を前面に出す感じの韓国映画界において、この存在は貴重ですね。


韓国にいった際、駅の柱にずら~っとおそらくテレビドラマの宣伝が貼ってあったんだけど、それにも真ん中に彼が映ってました。
今、とても旬な人なのかな。
オレは好きですね、こういうタイプの役者さん。


まず、その体型ね。
これ、すごく鍛えてるでしょ。
武田真治さんだって鍛えてるかと思いますが、この人も負けてない。
WWEでプロレスラーデビューできそうな感じの体型。

こういうね、役のために普段節制できる、普段鍛えられるって尊敬しちゃいますね。
特にオレは身体を鍛えるのが苦手というか、「明日からでいいか」ってのがずっと続いてるような人なんで、憧れます。

ま、ハリウッドなんかでも、みんなそうなんでしょう。
ロック様は元々プロレスラーだし(って引退してないので現役ですね)、ヴィン・ディーゼルさんとかもまあ、すげえ身体してるモンな。


今回のこの映画はコメディも入ってるというか、その辺は「あぶない刑事」を彷彿とさせる感じがあります。
その辺もマ・ドンソクさんの魅力ではありますね。
ただカッコイイだけじゃない、というか。


オレはやっぱ、「無敵」ってのに憧れるんだな。
ま、それは誰しも同じかもしれませんね。
そりゃ「怖いもんなし」ってのはカッコイイ、というか、きっとそういう人は優しいんだろうし、ちゃんと弱い人を守れる人なんじゃないか、とか思うし。

逆に、こうなんていうか、優しい人になるために強くなろう、みたいな。
そういうのってありますね。

最強で無敵な刑事さんが、時に見せる人間っぽいやりとり、部下を大切にする優しい感じ、なんかにグッときちゃう。


見終わってアキが「私のなかで一番カッコイイのは大草原の小さな家のチャールズ(ローラのお父さん)だったけど、マ・ドンソクさん急上昇だよ!」と言ってましたけど、いや、ホント、どちらもよく考えたらすげえ鍛えてるよね。
強い!
そして優しい。


いや、ホント、こういう人になりたい。
まず鍛えなきゃな~。







(BGM:森雄二とサザンクロス「足手まとい」fromYOUTUBE)
→「足手まといだから別れてゆきます 夕べ一人きりで決めました」
…どういう事情がわからんが、それはそれですごく身勝手感があります…。
そしてB面が「献身」。
どこまで…。
スポンサーサイト

<< 終戦から二三日後、現韓国38度線あたりの鉄原での出来事をご存じの方いませんか | ホーム | 格差を広げたいヤツら >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP