FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

最後に明日のライブでのお客さんの参加方法を書いておきました


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ナショナルジオグラフィックチャンネルのニュース記事で、ハミルトン・ジェームズさんという未開の孤立部落などに取材に行く際のことについて、インタビューにこう語っていた。

「こういった場所へは、現地の人々と自分たちはそれほど違っていない、むしろ似ているのだと考えて行く方が、読者は彼らを身近に感じられます」
「そうすれば、彼らに感情移入できます。彼らの問題は私たちの問題に似ていると気が付くのです」

ふむ、なるほどな、と思った。
自分の事を客観的に考えた事はなかったが、確かにオレも、市丸とオレは同じ地平にいる、多少、スタートラインが違うだけだ、と考えているかもしれない。

例えば、他の作業所から来た連中は、とにかく服に名前を書いてある。
パンツにまで、だ。
で、まあ親御さんにはこんなことを言うんですが。
よくよく考えてほしい、と。
女の子がパンツをどっかに落としたとして(その状況も中々あり得ないのだが、例えば泊まりとかに行ったらあり得るかもしれないし、ちょっと粗相をしたらあり得る)、誰かに拾われて、名前を見て届けられたらどうですか?と。
むしろもう捨ててもらった方がよくないですか?と。
とくにお母さんに。

彼らを知的障害者だからって、自分と違う地平に生きてるんだなんていう勝手な決めつけは、どう考えたって彼らの「大人としてのメンツ」を潰します。
だから、「自分だったらどうですか?」と単純に考えたらいいんじゃないかと思うワケです。

連絡帳しかり、ですね。
自分の予定を自分を越えて親と職員が話し合って知っているなんてのは、論外。
思春期なら家出モノです。

でもまあ、職員サイドの「その方が楽」という理由で、彼らのメンツが潰されているのが現状であります。
ま、これも結局は人数の問題かと思います。
つまりは、福祉に予算が来ていない事が問題なわけですが。


で、そんなことを書いておいて、本題なんですが、先日親のお供でお袋の実家の方面に行ってきたんです。
というのは、お袋がちょっと足をやってしまいまして、歩けない、というか、もうゆっくりゆっくりなら歩けるんですけど。
80を越えてますから、まあ一緒に行った方がよくないか?というようなことで急遽。

行く理由は、姉二人が入院したりしていて、ちょっともう今会っておいた方がイイ、みたいなことで。
お袋が80を越えていますから、もちろんその上。
一人は老人ホーム、一人は老人ホームから入院をしていました。

入院している方の叔母は、痴呆がかなり進んでいるので、会ったところで正直「誰なのかわからない」んですが、ホームに入っている叔母はしっかりしていて。
オレを見るなり、数年前のNHKの番組、見たよ、と。
二週にわたってやってたよね、素晴らしい仕事、がんばってね、みたいなことを言ってくれたりしていました。

身体はもうちょっとかなり動かないというか、(ちょっと前まで入院していたらしい)声も弱々しく、かなり近づかないと聞こえない。
同時に、息をうまく制御できないのか、多少、何を言ってるのかわからない、という感じ。

なんで、お袋や一緒に行ったお袋の妹は、ほぼ聞き取れない。
でも、なんかオレとアキは普段副会長の松沢とか、気管切開してる工藤さんと話したりもしているからなのか、なんか聞き取れるんだな。

で、まあ翻訳して話が進む、みたいな感じになって。
でも、なんかそれを飛び越えて、お袋と妹さんが話を進めちゃう感じとかもあって。
というのも、やっぱ息を吐く、というのがしんどいらしく、遅いんだよ。
でもまあ、オレなんかは工藤さんと話してるとそういうことがあるから、別に待てるんだけど、待てないんだな。

でもまあ、そこは戦後朝鮮から引き上げてきた姉妹の絆があるから、それはそれでいいんだわ。
そういう性格、というのもあるし、そういう関係性の上に彼らは大笑いしながら話はしてて、まあ、いいんです。


これね、でも思ったわけ。
もし、オレが話したい事があって、でも、なかなか早口では話せなかったり、次の文節を話すまでに呼吸を整えなきゃならなかったとして、そういう時に「先回りされる感じ」ってどうなんだろう?と。

いや、苦労してしゃべるより、さっさと話が通じるからそれはそれでいい、ってこともあるだろうけど、でも、ニュアンスが違ったり、ってのもあるよなあ、とか。
それに、Aと言ったのに、A’と言う風に先回りされて、でもまあ、Aに近いからいいか、みたいにあきらめる事もたくさんあるんじゃないか、と。

特にその叔母さんは頭って言うか、その辺はしっかりしてるから、余計にそれはストレスなんじゃないか、とか。


その老人ホームがどういうところかはちょっと見ただけだからわからないけど(でも、小規模で住宅地の中にあって、なんかイイ感じのトコロだったけど)、やっぱ、職員も数が潤沢にいるわけじゃないだろうから、やっぱ「遅い人」は「先回り」されちゃうことだってたくさんあるだろうな、って思ったわけ。

十分かかるところを2分でやらなきゃ全部回れない、なんてコトになってれば、やっぱそれは十分待てないよ。


人は、「自分の思いは通らないのだ」、と思った時に、きっと腐っていくのだと俺は思ってて。
それでもがんばって時間をかけて思いを通そうとしたら、やっぱり施設では厄介者にされてしまうんだろうか。
オグラのように、薬を飲まされて、廃人同様になってしまうんじゃないのか?と。


つまりはね、金の問題なんだよ。
施設や老人ホームも同じだけど、そこに金が落ちてきてない。
金さえあれば。
例えば施設の職員の給料が平均月給80万とかになればね、もっともっと優秀な人だって集まりますよ。
今、夜勤もある、重労働、なんて状態で20万欠ける、なんて状態ではね、そもそも就職の選択肢にだって上がらないんですから。


だからやっぱり「金をくれ」ですね。
とにかく福祉の予算がしょっぱいんだよ。

だから、行政にそれを訴えていくことはどんどんしていきたいし、それがスジだから。
でも、もし、余裕がある人がいたら、明日のライブで、名曲「感動するなら金をくれ」やるかどうか、今のところちょっとわかりませんが、やらなくても、市丸のパンツやコウヘイの軍手や、米本さんの胸元とかに、札束をどさっと下さい。
本意ではないが、余裕ある分を回してもらって糊口をしのがせてもらおうと。

あ、束に上限なし。
もちろん丸いのでも。


基本情報
会場*さいたま市秋ヶ瀬公園羽根倉橋方面から入って右手サーキット場奥。北浦和西口、南与野からシャトルバスあり
時間*フェスは10時から俺らは15時頃
お金*ADV1500、DAY2000、高校生以下無料


★シャトルバスの時間
shatorubasu.jpg










(BGM:小林繁「昨日の女」fromYOUTUBE)
→歌が上手すぎる。
天は二物を与えますな。
「女房みたいに ぬれた手を拭いて 貴方迎えにドアを開けるのも 今日が終わりとふいに思い出し 泣けてきたのよ突然に 確かにハンコは押さないね 世間の夫婦じゃなかったら だけどだけど それがなんなの」
…う~む…。
なんなのと言われても…。
ってか、いい歌詞だよな。
「ぬれた手を拭いて」て…。
スポンサーサイト

<< 15時前後には秋ヶ瀬フェスにいないとオレたちを見れないからね! | ホーム | 明後日は秋ヶ瀬フェスに集合! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP