FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

今を生きよう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


つうわけで、なんだか何もする気が起きない昨今、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今日はちょっと昼間事務所でうたた寝していたら、みんなで米国に行った夢を見て、とても眠くて眠くて、って言ったら「時差ですか?」って言われた。

先日、韓国に行った際、というか、行きの空港で歯が抜けたり、前歯がぐらぐらしてたり、なんだか歯が悪い。

ライブを2週に続けてやったというのは、やっぱりなかなかに気持ちを持って行かれちゃいます。
たまってたチカラを使い果たすというか、ライブというのはなかなかにパワーが必要なんであります。

そんな中でも、まあ懸案事項があったり、日常の作業のために連絡しなきゃならない段取りをつけなきゃならなかったり、それもどれもやりたくないことばかりなので、ひじょうに力尽きる。

好きなことばかりやっているように見える我々の毎日だけれど、それでもやっぱりめんどくさいことってのはその倍ある。

役所なんてのもその一つで、そもそも役所ってのは福祉を進めるために仕事をしてるはずで、俺らと対立する概念ではないはずなのに、どっか対立関係にある。
ま、俺らが彼らの進める「福祉」に異を唱えているから当たり前っちゃあ当たり前なんだけど。

例えばまあ、ヘルパーの仕事、みたいなことってのが決められてるわけだけれど、外出は◯◯ヘルパー、家事は◯◯ヘルパー、入浴は◯◯ヘルパー、といった具合だ。
でも、よくよく考えれば、外出だって、入浴だって好きな時にしたいわけでしょう。
一週間前に決めろなんてこと自体がナンセンス。
論議する予知もないほどナンセンスだ。

だから、我々は、30年前、ボランティアでそれを補ってきた。
ヘルパーよりもボランティアの方が力になった。
というか、ヘルパーにはなんの力もなかった。
だから、そのボランティアを登録でヘルパーにできるように制度を作らせた。

ま、例えばそんな流れだったりするから、オレたちと行政は、提案(というより座り込みも辞さない運動)とアクセプト、という関係でしかない。
そうやって、障害者は自由を求め、ちょっとづつ実現してきた。

のに、今や企業が参入してきて、行政との関係が企業ノリになってきたりして。
企業はただ行政に従うからね。
そしたら障害者団体まで、そんなバカなところが増えてきて。

先人の汗と血を簡単に馬鹿にするような行為をしてる。
まったくどうしようもない。

にじ屋の家賃もなかなか厳しいし、それでも泊まりに来るだけのアクムなんかもいるし、どうしたもんか、もうちょっと俺らも金を得る才覚をつけなきゃいけないのかもしれない。
でも、アクムがイチマルの家に泊まりに来るからって行政から金をもらうってのもなんかおかしいとも思う。
ヤツは友人の家に泊まりに来てるだけなんだから。

親との関係も、まあ普段参加してもらってないので、そのストレスは他の作業所に比べたらとんでもなくゼロに近いんだと思うけど、それでも面倒な時はある。

そもそも親が面倒みきれない子を、オレたちがめんどうみれるわけがないんだが、それだけでもたいへんな毎日の作業なんだけれど。
それでもまあ、親が黙ってるならまだいいんだが、そうじゃない場合もある。
本人は無自覚なんだろうが、全ての行動や言葉が子を自立させない方向に向かっていることに気づかない親もいる。

困ったもんで。

それでもまあ、毎日なんだかんだ「日本シリーズを一緒に見よう」とか、「◯◯って映画を見に行こうよ」とか言ってくれるヤツらがいるから、なんとか毎日が彩りをもっている。
「毎日毎晩彼らと一緒にいて大変じゃないですか?」という他の作業所の職員とかいう連中もいるけれど、そりゃ、そういう面もなくはないけど、それを越えるモノもある。
じゃなきゃやらない。

ま、何もやる気がなくても毎日は進む。
日は昇り日は沈む。
そして市丸たちはいつだって元気だ。

だからどうってことはないんだけど。

そんなコトを思っていたら、朝起きたらアキが線香を焚いていた。
かおるさんの命日だった(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4106.html)。
短大時代に事故で車いすになって、きっと神様を恨んだりもしたろうに、今は大阪で仏様になった。

なんかね、俺の苦労や俺のめんどくさい、なんてのは屁ですよ。

先日北九州から来たという人といろいろ飲んで喋ったけど、とてもなんか真摯でステキな人だったけど、帰り際に聞いたらやっぱりかおるさんと同じで中途障害なんだって聞いて、なんか久しぶりに俺がどんだけ小さなコトに右往左往してるか思い知らされた。

ま、だから、別にやる気がなくてOKで、作業なんかしなくてもよくて、そんなことはどうでもよくて、大事なのは、どうやって自分の人生に彩りを加えるか、なんだわな。

今を生きよう。
みんな。







(BGM:惣領智子「終わりのない歌」fromYOUTUBE)
→「過ぎ去れば思い出になる 今をちょっと耐えれば」
「終わりのない歌を うたってるのはわたしです 時には声かすれ ひとには聞こえぬ歌です」
…イイ歌詞だなあ。
そして、ちょっと難しいんですけどね、曲は。
見事に歌いきってます。
この頃の人たちはみんな歌が上手い。
スポンサーサイト

<< 子どもからの連絡は年一回くらいでちょうどいい | ホーム | そのまんま ★ 映画 「インビテーション」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP