FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

眠り薬を下さい、私にも。子どもの頃に戻れるくらい


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


2011年ころかそれ以前に機関紙に書いた原稿っぽい。
いろいろなところから引っ張ってきた切り貼りとかだったと思います。
タイトルは、ぶっちゃけた話108回「ジェットコースター・ムービー~ スーサイド・マッハ・ゴーゴー!」 by 佐藤一成&ぶ組インター
とあります。


あなたはどうして、私のものじゃないんだろう●あなたの姿を見ているだけで嬉しい。あなたの姿を見ているだけの自分が哀しい●あなたを想って追いかけてきた。ずっとずっと。だけど、もう、私、歩けない●身長や体重の数値さえ、あなたのものだと思うと愛しく思える●あなたに電話番号を教えなかったのは、かかってこないのがこわかったから●今となりにいてほしいのは、この人じゃなくてあなたなのに●あなたの楽しそうな笑い声を聞くだけで、今の私は胸が張り裂けるように辛いの●もっと楽ちんな恋をしたかった。例えばあなたに彼女がいないとか…●あなたのために始めた一人暮らし。あえる時間が増えると思ったのに、淋しい時間ばかりが増えた●いつも一緒にいた。いつも一緒に笑った。でも、いつも不安だった●「今日はやけにカップルが多い」…ひとり、人混みをかき分けながら思う●電話…壊れてないよね●あなたがニコニコしながら携帯でメールしてる。私のメールは返してもくれないのに●あなたのこと、大嫌いになるまで好きでいるって決めたから、覚悟して●待ってた。ずっと待ってた。結婚式の朝まで●どうにもならないと分かっているけど、どうにかしたがってる●幸せを祈ってるふりをして、あなたの不幸を待ちわびている●「おまえのこと、嫌いじゃないけど」…そのやさしさ、やさしくない●ごめんね、好きになったのが私で●「さよなら」って言われた日、嫌われたくないから「いいよ」って答えちゃった●すぐ近くの電話からなのに、外国からの電話みたいに遠い●あなたのことを忘れるために、無駄な努力をたくさんしました●もういいでしょ。私の中から出ていってよ●どうしようもなくて、電話した。「ただいま電話に出ることができません」…ほっとした●こんなに思っているのに、あなたはきっと私のことなんか思い出しもしていない●悪いけど、私、きれいになるよ●わたしがわたしじゃなかったら、良かったのに…●今は、息をするだけで傷つくことができる●ちょっとトイレに行ったすきに、あなたから返信が入ってないかと思って、あわてて携帯を見る。そのたびにあわてた自分が哀しい●何度も何度も涙が流れそうになる。でも、流せない。今日は日曜日。主人と子供が私の隣ではしゃいでいるから●あなたは、無性に会いたくなったりしないんだね。無性に声が聞きたくなったりしないんだね●あれから三年が経ちました。私はまだ冬眠中です●あなたの回りにはたくさんの女の人がいて、私はいつもひとりで嫉妬してる。そんなこと、あなたは知るはずもない●ねえ、あなたと誰かが楽しそうに話しているのを聞くだけで、私の心が揺れているの●昨日も会った。今日も会った。でも明日からは会えない●「電話するね」。嘘でも嬉しかった。でも、本当に嘘だった●どこにいても、私のこと思っていてくれてますか?●あの人と目があった。これで2時間の充電完了●「私じゃダメですか」。そんなに考え込まないでよ●ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんとに好きだった。でも、ぜんぜん、ぜんぜん、ぜんぜっんダメだった●またあなたじゃない人と寝ちゃった。だって、あなたは一緒にいてくれないじゃない●あなたの苗字をみるだけで、心がきゅっとなる●どんなものより、私を優先してほしかった●がんばれ、わたし!●いつかきっと、いつかきっと…。いつかなんて、もうないのにね●ふうん、彼女にはそういう話し方するんだ●私はあなたが恋した人に嫉妬しました。そんな自分がいやでした●それでもいいやと思った。でもよくなかった●この子が、あなたとの子だったら良かった、って●今頃、あなたはどこにいるんだろう。あなたには私の知らない世界がたくさんあるね。知りたいけど、知るのは怖い●布団に入るたびにあの日のことを思い出して涙が流れる。きっと私は立ち直れない●なんで、あなたじゃないとダメなんだろう。たいした男じゃないのに●「しばらく一人でいたい」って言ったよね。何で二人なの?●誰とでも寝れるんでしょ。したかっただけなんでしょ。いつでもさせてあげるよ●PS。奥さんってどんな人ですか?●引っ越し先は聞かない。行きたくなると困るから●「恋人に戻らない自信ができた」って、あれ、嘘だから●今でもずっと待ってる。でも、何を待ってるんだろう●とにかく、今ははやく明日になって、あなたを見たい●負け犬にはならない。あんたを見返してやるんだから●結婚はね、やっぱり一番好きな人とはできませんでした●朝、目覚めるたびに「夢だったら」と思う日々●私が入院でもしたら、会いに来てくれる?●明日はきっと雨だ。だって、晴れるはずがない●「一緒にいて下さい」。そう言ってくれる人が、あの人だったらいいのに●駐車場で車の音がするたびに、あなたの車の音だ、ってカーテンの隙間からのぞいてる。でも当たったためしがない●シートの下から出てきた子供のおもちゃ。二人でデートする時くらいしまってきなさい!●私、仕事、がんばる●うわごとのように、あなたの名前を呼んでいる。毎日、毎日●今日も会いたかったよ。でも、あなたは会いたくなかった●アルバムを開いた。幸せだった頃の自分が別人のようだった●絶対、後悔させてやる。そう思ったのに、後悔してるのは私だ●「もしかして…」のひとりよがりはもうやめよう●いつになったら、ふつうに話すことができるんだろう●私がいなくても、楽しそうだね●もういいよ。もういい。何も聞きたくない●あなたのことは何でも知ってると思ってた。でも、あなたが私のこと好きじゃないなんて、私、知らなかった●電話を切った後の泣き声は、あなたには届かない●意識しない。考えない。でも、すべてのことがあなたにつながってる●歳を取りたい。うんと歳を取って、後悔しても遅すぎるくらい歳を取って、はやくこの恋を終わりにしたい●「ずっと好きでいるから」そう言った私を困った顔で見ていたあなたの顔を忘れられません●ねえ、少しは後悔してる?●「なんで泣いてるの?なにかあったの?」と聞いてくれる主人に、私はいつも嘘をついている●もしかしたら今日は会えるかもと思うだけで幸せだった●「友達でいよう」なんて、いまさらできるわけないじゃん●私の気持ち分かってほしい。でも、分かってくれたら、もう会ってくれないよね●あなたのためなら、何でもできると思った。でも、あなたは何も望まなかった●一緒にビデオ見たいよ●だって、わかっちゃうんだもん。心がここにないこと●二人で撮った写真。すごく嬉しそうな私が悔しい●「返信しなくていいからね」…そんなの嘘に決まってんじゃん。●私は都合のいい女だった?●すれ違う、それだけのことで、わたしがどんなに嬉しくて、悲しくて、楽しくて、淋しくて、ドキドキしてるか知ってますか?●なんで、あの日に私を抱いたの?●いつもあなたのこと見てる。でも目が合わないね●私の部屋にある熊のぬいぐるみは、あなたなんだよ●すごくすごく小さくなって、あなたのポケットに入って、ずっとずっと一緒にいたい●動悸を押さえて、息を整えて、さあ、あなたに会いに行こう●照れた顔してあの娘のことを話したあなた。驚いて、悲しくて、声が出なかった私●ねえ、あのドアを開けて、ウエディングドレスのままの私をさらってよ●好きになってくれる人だけ、好きになれたらいいのに●あなたには、家で待ってる人がいるのに、私は寒い部屋に帰る●一生懸命想ってれば伝わるなんてウソ。伝わんなかったじゃん●勝手に思いこんで、勝手に悲しんだり喜んだり。私、バカみたい●片思いでいいの。ずっと想っていていいですか●夢で会うもん●「幸せにできなくてごめん」。今からでも遅くないのに●あなたみたいな人が、私を好きになるなんて、おかしいと思ってた●神様なんていない。そんなこと、昔から知ってた●あの日から、「どうして、どうして?」が、心の中でずっとリピートしてる●「おまえにウソをつきたくないし、俺にもウソをつきたくないし…」。なんのことかさっぱりわかんないよ●片思いのままいればよかった。友達のままでいればよかった●いいよ、淋しい時に来てくれるだけでも。抱いてあげるよ●ふられたわたしはつらいです。あなたはどうですか?●なんで笑った…。なんでキスした…。なんでSEXした…。なんで好きにした…●あなたの前にいても、何でもないようなふりができる自分がとても哀しい●留守番電話で「さよなら」なんて。ちょっと待った!●そんなにあっさり断らないでよ。ちょっとくらい迷ってよ。何日も前からセリフまで考えてたのに●もしかしても、あなたは戻らない●今日もあなたに会えるんじゃないかって、外に出てみる●久しぶりに会って「元気?」なんて聞くから「うん、楽しくやってるわ」なんて、ウソばっかり●あなたが笑うのは、とても嬉しい。でも、それを受け止めるのが自分じゃないのがとても悲しい●気づいてほしい、気づかれたら困る。そんな気持ちがいったりきたり●ねえ、そんな風に笑わないで。あの日がどんどんウソになっていく●分かっています。気づいています。私のはいる隙間がないこと●3時間も支度に時間をかけた。でも、あなた十分しか私の家にいられなかった●「友達として…」。なら、言っただけソンじゃんか●「ウソよ、ウソ」。そんなに真剣に考え込まないでよ●「百回ちゅうする」って約束したじゃん。95回足らないぞ!●あなたが、どんなところに住んでいるのか知りたくて、あなたの住む町にやってきました。あなたと同じ空気を吸って、帰りました●あなたとあの人が一緒にならないように、一生懸命に仕事の段取りを考えてる自分が嫌い●本当に疲れちゃった●何度読んでも、最後は「さよなら」なんだね●ねえ、なんでそんなこと知ってるの?。昨日の晩は、私には「忙しいからメールもできない」って言ってたのに●嘘なら、一生つきとおしてよ●どうしてもっときつく抱いてくれないの?舌をからめてくれないの?●いつもあの人の話ばかりしてる●「大丈夫だよ。泣いてなんてないから」…。そんなわけないじゃん●あなたの写真を見ているだけで、嬉しくて、切なくて、涙が出てくるんだよ●「たまには泣いてみたら」って、あなた知らないだけ●あなたから回ってきた伝票を、そっとコピーして持って帰った●「そうか。淋しかっただけなんだ…。」わかってたけどさ。私、ずっとあなたが淋しいままだったらって、思ってる●「今日は仕事が忙しくて…」って、下手な言い訳しなくていいよ。今日が子どもの誕生日なの、わかってるって●ねえ、もう家に帰らなきゃいけなかったんじゃないの?。電話のBGMは繁華街の騒音じゃんか●楽しいことがあったから、いつかこんな日が来るんだよね。あの日から、わたしずっと怖かった。でも、あの日のことをずっと思い出せれば平気だと思ってた。でもね、今になってね、その楽しいことが思い出せないの●暗闇にひとりぼっち●なにも感じないようになりたい●そんなに私の隣にいる彼女のことが気になる?。いっそのこと、電話代わろうか?●私、あなたの子どもに産まれたかった●もしかしたら帰ってくるかもしれん







(BGM:阿呆鳥「物語」fromYOUTUBE)
→これ、サビのところ、すげえハイハットがうるさい感じがしますが、これでアレンジよかったんでしょうか。
とはいえ、そういうことは気にならないくらい、70フォークを引きずった歌詞が素晴らしい。
1981年の作品だとのことですが、この頃はまだこの手の曲が流れていたんですよね。
たまたま昔の彼が今の彼女と一緒に歩いているところを見てしまう。
涙でその姿がかすんでいく、みたいな。
なんだろう、この描写は今の歌謡曲にはないような気がする。
スポンサーサイト

<< スーパー猛毒ちんどん「トクちゃん」のアンサーソングを作りたい | ホーム | もう忘れろ ★ 映画 「ブリムストーン」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP