FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

もう忘れろ ★ 映画 「ブリムストーン」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


工藤さんちで「ブリムストーン」を見ました。
ダコタファニングがなんともうお母さん役ですよ。
彼女の演技、なかなか素晴らしかった。

スジとしては、ちょっと偏執狂のお父さんに育てられたダコタファニングが、そこから抜け出すんだけど、売春宿に売られることになってしまい、まあ、そこで毎日を過ごすが、そこにもお父さんが追ってくる。
そしてそこからも抜け出して最終的に幸せな結婚までたどり着くんだけど、そこにもお父さんが追ってくる!
最終的にはそこで旦那が殺され、また子どもと逃げるが、追ってくるお父さん。
で、最後はお父さんを殺してめでたしめでたし(といっても、そこまでもたくさん死んでるんだけど)かと思ったら、ダコタファニングが売春宿時代に人殺しをしたという(実際には彼女の仲間がやった)罪で捕まる。
で、連行されてる間に入水自殺、というラスト。

これ、で、そのお父さんが牧師なんだよ。
ダコタファニングは性的暴行も受けてる。
お母さんはそれを知って、でももうどうにもならないとみんなの前で、しかも教会で、牧師の、つまり旦那の説法中に自殺。
ま、もうお母さんは、その旦那に絡め取られてるというか、DVの典型で、逃げられもしないわけ。
逃げる手段が自殺だった、みたいな。
しかもまあ、子どもが犯されてるのわかってて自殺だからさ。
もうなんか、出口なしのメチャクチャな家庭。
そんなお母さんの生き方に絶望し、家を出るダコタファニング、という設定。

ま、この映画、お父さんから逃げる話ですね。
といって、幸せになったかというと、なれない。

これね、まあ正直、どっかでお父さんを殺っちゃうタイミングはなくはないんですよ。
でも、結局、そうならない。
最後の最後、ダコタファニングの娘自身が自分と同じ目に遭わされるかも、というところでやっと殺せる、というか。
映画ですからね、簡単に最初の時点で「BANG!」では、話にはならないんだけど、それにしてもどうか…。

もうね、全編暗い。
出てくる誰一人笑ってない。
笑ってるのは、売春宿の仲間たちが、自分の人生を達観して笑ってるだけ、みたいな感じですから、見てらんないです。
苦しいにもほどがある。
見終わったあとの後味の悪さったらないです。

というか、これ、何が言いたいんだろう?
映画としては、ダコタファニングの娘が「アノ人の生き方は強かった」とかなんとかお母さんのことを言ってるから、それを言いたいのかも知れないけど、う~ん…。
というか、別にそういうことを娘には語ってなかったんじゃ?。
むしろ、お父さんのことは隠したままというか、あまり詳らかにしないまま終わったんではなかったか?

西部開拓時代のお話で、確かにその時代の女性の置かれてた立場を考えると、そりゃ奴隷ですわね。
それを描きたかったんだとしたら、ダコタファニングの場合はかなり特異なケースだと思われ、ちょっとそれもどうか。

つまりもう、何を言いたいのかまったくわからない映画。
構成も、ダコタファニングが結婚してからの場面から始まって、売春宿時代に戻り、その前の子ども時代に戻り、最後、また現在に戻る、みたいになってて、とにかくわかりにくいし。


どうなんですかね。
この父親、もうアタマおかしいんですけど、子どもを性的対象として見てる時点でどうしようもないんだが、逃げたら追っかけてくるという「征服欲」みたいのもすごくて、牧師だけあって理屈でねじ伏せてくるし、もうぶっ飛ばしたい感じなんだけれども。
これねえ、だから最初からみんなに話して、牧師はこんなにどうしようもない人間だ、ということを共有したらよかったんじゃないか、という気もしたりしなかったり。
でもまあ、牧師は当時はもう神と一緒だからな、そう言っても誰も救ってはくれなかったのかもしれんけど。


いや、まあ、こういう精神構造ってのは、特に愛欲がからむとおきやすいとは思います。
ストーカー殺人なんてそういう感じなんだろうな、とか思ったり。

だって、ストーカーなんて、よりを戻したいわけじゃないじゃない。
ほぼ嫌がらせなんだから。
よりが戻るわけがない。

ま、忘れるのが一番なのよね。
逃げられたら、それ以上の嫌悪はないわけだから。
もう、追っちゃダメ。
忘れるがヨシ。








(BGM:小野香代子「さよならの言葉」fromYOUTUBE)
→フレンチポップ風の楽曲。
ポプコンで入賞したのに、プロになる気がなかったのでプロにはならなかったということらしいですが、これは惜しいなあ。
これね、正直、ギターで弾きにくい曲ですよ。
歌も難しいのに、きちんと歌い上げてる。
すげえ才能なんじゃないか?この人。
惜しい。
スポンサーサイト

<< 眠り薬を下さい、私にも。子どもの頃に戻れるくらい | ホーム | 失敗なんて悪いことじゃない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP