FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

8位でいいじゃん…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


「インセル」って言葉、知らなかったんだけど、ツイッターで流れてきてちょっと見てみた。

インセルとは「インボランタリー・セリベイト」の略語で、「不本意な禁欲主義者」という意味らしい。
女性に愛情を感じる男性、の中で、自分の容姿にコンプレックスを抱き、そのために自分には恋愛の機会が与えられていないのだ、と考える男の人、をインセル、と言う。

インセルが集まるサイトでは、自分の顔のどこを整形すればいいか、みたいなことが延々と論じられているという。

そして、彼らは、自分が容姿が醜いために女性が自分を拒絶しているのだ、と感じ、女性に攻撃的な態度に出たりする。
中には、無差別殺人のような行為に出る人もいる。

インセルを取り上げたHUFFPOSTの記事によれば、こんな事件が続々出てくる。

「自らをインセルと名乗った22歳のエリオット・ロジャーは、2014年にカリフォルニア州サンタバーバラで銃を乱射して6人を殺害し、自らの命を絶った」

「2018年4月、カナダのトロントでワゴン車が歩道に突っ込み、8人の女性と2人の男性が殺された。運転していた25歳のアレク・ミナシアンは犯行の直前、Facebookに「インセルの抵抗はすでに始まった!我々は全てのチャドとステイシーを葬り去る!」と書き込んでいた。チャドは魅力的な男性、ステイシーは魅力的な女性を指す言葉だ」

こうなってくると、まあちょっと看過出来ない感じである。


いや、まあ、モテるモテないと容姿の美醜は確かに相関関係があるように感じられるが、なんだかんだそれはそれでうまいことマッチングされるもんじゃないかとは思うんだけど。
つまりはまあ、この男たちは、ステーシーとセックス出来ないことをねたんでいるんだろうか?とか思ったり。

以前に書いたけど、(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-198.html)ある実験では、異性愛者の男女10人づつ集めて、まず最初の受けた感じで男は女の、女は男の方の「ランク」をつける。
ねるとんみたいな感じですね。
1位から10位まで。
で、まあ、なんやかんやあって、「その中で貴方が付き合うとしたら誰?」ということで投票してもらうと、だいたいが最初の投票で5位の女の人は5位の男の人を選び、7位の男の人は7位の人を選ぶ、という実験結果があったとかなんとか。

でもなんか、これはなんか経験的にわかるんです。

つまり、8位の男が1位の人とはなかなか結ばれないのだな(第一印象ですけど)、というか。

いや、なにも美醜が全てだ、みたいなことを言いたいんじゃないですよ。
見た目、美女と野獣みたいなカップルもいるわけですから。
見た目だけじゃなくて、やっぱなんだかんだ中身だよな、って結論ではあるんですけど。
つまりは、このサイトで一生懸命整形したところで…、ということにはなってしまうわけなんですけど。


とまあ、それはそうなんだが、この1位同士のカップル、というモノにね、人はやっぱ憧れるし、そういう人たちが、「クラスの真ん中」にいるんですよね。
そして、テレビドラマの主役はこの二人。

なにせもうこの人たちの回りにはいつだって人がいるし、しかもなんか2位の子たちとか3位の子たちとか。
8位の俺からしたらもううらやましくてしょうがない。
なにせ、たいがいのことがこの連中のさじ加減で決まってしまう。
文化祭だったり、クラスのイベントだったり。
俺はいつだってついていくだけ…。

でもまあ、8位は8位で楽しいコミュニティを作ったりして、それなりにやるのが人生かな、とか思ったりするんですけどね。
別に、1位が全て楽しいわけじゃないだろうに、とか思うし。


ま、そう考えると、この問題、単純に女性が自分を美醜で差別している、という問題じゃなくて、いわゆる学校言うところの「スクールカースト」みたいなことなのかな、とか思えてきます。

なんだ、そんなすっぱい思い出、誰だってあるよ、というのは簡単なんだけど。
しかもそれ、美醜だけじゃないだろ、とか。
おどけた人気者、なんてのもいたじゃないか、みたいな。

しかしまあ、これを学校だけのことと思ってしまうとその闇が見えてこないというか。
日本でも地方都市なんかでは、卒業した後もこのカーストが続いていくのだという。
狭いコミュニティが続いていくというか。
アメリカなんかもそういう感じなのかな、というのは、トランプさんが大統領になったということから、なんとなくつながるような気もします。

ま、カースト言うのは、自分ではその階級をいかんともできない、ということでありますから、「いかんともできないのは自分の顔の作りである」としてそれを納得しなきゃならないのもなんとなくは理解できる。


でもなんでしょ。
そんなに真ん中にたちたいんだろうか、人は?
一緒に歩いていたら、振り返られるような美人と付き合いたいんだろうか。

自分がさ、毎日楽しく過ごせりゃいいじゃん、って思うけど。

自分の見た目のコンプレックスをどう整形したらいいか話し合うより、整形せずにどうやったらうまく世の中を渡れるか、別に8位でいいじゃん、とか話し合えた方が建設的なような気がするんだよな…。

人生、あきらめも肝心じゃん。
ってか、見た目をあきらめることは、何か新しい自分の中身を磨くことにつながるような気がする。
見た目がダメであるならなおさらそっちだよな、とか思う。

「見た目がダメだから」って、見た目のせいにしてるウチは、やっぱモテないわ。








19mochituki小

hikouki2中shou

(BGM:PSG「寝れない!!!」fromYOUTUBE)
→いい感じの「寝れない」の連続が心地よさ過ぎる。
こりゃ寝れちゃいそう。
スポンサーサイト

<< 研究男の憂鬱 | ホーム | あけおめー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP