FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

機械でできるならそうしたい


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


加納さんとかは、介助者を使って生活をしてるわけです。

介助者と介助をさせる側の関係というのは、これ、なかなかに難しくて、まあ一般にはそもそもお世話「してくれる人」ということになってて。
だからこそ、まあ今2行前ほどには「介助させる側」と書いたわけなんですけど。

じゃないと、介助者は障害者を「指導する人」みたいなね、そういう勘違いもあるでしょう。
ってか、ヘルパー資格の教科書にはそんなようなこと沢山書かれてますし。

茶碗を上にしてしまおうが下にしてしまおうが言うとおりにやってくれ!
って話なんですけどね。


そういうアホな論議は置いておいて、それでもなかなかに難しい点があります。

というのは、なんだかんだ、介助者は本人の言うことを聞いて動くだけのこと、とは言っても、人間対人間なんですよね。
そこを無視しちゃうと話がどうにもこんがらがる。

ロボットだとか、機械がやってくれるのなら、そりゃもう気楽でいいんだろうけど。
そういう何にでも対応出来る機械はないですから。

なんで、まあ、人間でやらざるを得ない。
そこで介助者、という仕事が成り立つわけなんですけど。

で、その関係ってのは、人間対人間なんで、画一的にどうこう言えるものはないんですけど。
ま、そんなわけで、介助者と利用者の関係は、それぞれ違ってくるわけです。

ウチにも介助者をつかって生活してる人が何人かいるわけですが、例えば会長の工藤さんとか。
で、工藤さんのやり方が正しいか?っていうとそういうことでもなく。
ま、「正しい」という正解もない。

先日亡くなった藤井も、まあいろいろ悩んだ結果の方法で介助者と対していたわけだけれど、うまくいってたかというと、死後のいろいろを見ていると、全てがOKだった感じもしない。
それは、おそらく介助者と利用者の関係がしっかりとできてなかったからのような気がします。
工藤さんも、藤井も、それはそれぞれ介助者との関係で悩んでいた、いるわけで。

ま、「あっちはあっち」「こっちはこっち」というか。
そういうことにはなると思うんだけど。


介助者がわからしてみると、利用者の意向、というのは、なかなか無視できません。
それを「決まりだから」という文句で縛ってしまうことを、ずっと世の中はしてきたわけだから。
利用者や家族が「◯◯やって」、と言った時に、「それは契約外なので」とかってやらない、みたいなね。

例えば、「私は外出を援護する者で、家に戻ってから、その呼吸器の電源を入れることはできません」とか。
そんなもん、スイッチ入れるだけだろう、と思うんだけど、そのために家族がわざわざ仕事を休んでスイッチ入れ係にならざるを得なかったりする。
そういう「不合理」がずっと続いてきたわけです。

でも、かといって、利用者の言うことを鵜呑みにして全部やるべきなのか?というと、それはまた違ってきて。
例えば、介助者を使ってタンスを動かさせたり、(本来、一人じゃ無理なはず)させるっていうのも、通念上、どう考えてもダメだと思うけど、そういう現実が起きてしまう。

でも、なかなかそれを介助者が「ノー」と言えない、そして、それを利用者側に律することを求めるということで解決する可能性ではあるでしょうが、その「律する」というのは、なにがしかのラインなしには成り立たない。
つまり、それに端を発し、「ここまではイイけどここはダメ」みたいな線引きを作ることにつながってしまえば、それはやっぱりダメなんだと思うんです。
逆に、それがまた「契約外なので」という一般のヘルパーのようになってしまう可能性は高い。

この辺が難しい。

つまり、「決めごと」をどれだけ少なくして、人間対人間の関係の中で解決していけるか、という。

そう考えると、介助者と利用者は、本当はもっと話をするべきだし、そのためには、介助者同士もある程度ちゃんとコミュニケーションを取るべきだし、利用者に直接じゃない、異を唱える方法、例えばウチで言えば俺とかに相談を持ちかけるラインをつくる、というのも必要だと思います。
その中で、互いに理解を深めて行かなければならないのだろうな、と。

「これがダメ」「これがいい」ではなくて、それを一緒に、介助者も、そしてまわりの俺たちも、そしてもちろん利用者も共に、時間がかかっても考えていかねばならないんだな。

機械的に「コレダメ」「アレダメ」じゃなくて。
だって、介助させる側も、する側も、機械じゃない。


介助者電話変え小サイズ






hikouki2中shou

告知1

(BGM:オノシュンスケ「ディスコって」fromYOUTUBE)
→こういうテクノ感好きだなあ。
これは彼女は死んでしまっているんだろうか。
そういうことでもないのかな。
深読み出来る歌詞もなかなかセンスを感じさせます。
スポンサーサイト

<< 上品なエロ | ホーム | くわばらくわばら >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP