FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「いうことをきいてくれないんですよ」 …う~む…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


よく、他のところの職員とかと話をしていると「利用者が(つまりウチで言うと井上やカイたち)いうことを聞いてくれない」みたいな話を聞いたりします。
帰りたがってしょうがない、みたいな話もよくある。

まあ、帰りたがってしょうがない、に至ってはどうにももうアドバイスする言葉も見当たらないわけですが、この「いうことを聞いてくれない」という部分ですね。


ま、「いうことを聞かない」というのは、なにも「支配下に置く」って意味じゃなく、「まずい行動をしてしまうのを止められない」とか、そういうことですね。
走り出してしまうのを止められない、とか。
んで、子どもにぶつかって怪我させちゃうとか。
「ここにいて」というのを守ってくれない、とか。
で、行方不明になっちゃう、とか。
そういう。

ま、俺も、例えばカイと一緒にいて、カイが走り出す時はあります。
そんなにはないけれど、数ヶ月前だったか、久しぶりに二人でなんかのイベントに遊びに行った時に、屋台で食べたいモノがあったのか、帰るよ、という時にそっちに走り出した。
普段だったら、「止まれ」と言えば、カイは止まります。

走り出しちゃって、一般の方が驚いて転んでしまった、みたいなこともあるので、こういう場合は止めます。
それに、屋台に行くならゆっくり行けばいい。
そして、こういう時のカイは早い。
追いつけない。

この時は、まあなんとなく行く方向がわかっていたので、阻止することはできました。
追いつけば、というか、先回りでも止められれば、カイはまああきらめるわけです。
それ以降は、カイもそれにこだわることもなく、穏便に終わりました。

だからまあ、いうことを聞かない、というよりは、いうことを聞いてくれた、と考えてもいいかもしれない出来事ではあるんですが。


イチマルなんかも、約束を破ります。
ひげそりをゴミ箱から拾ってきて(品物の提供品の仕分けで出たりするもの)、それで剃って血まみれになる、というコトがあってから、ひげそりは朝、ネットに来てから電気カミソリで、と約束をしたんですが、電気カミソリが何らかの不調を起こした場合、また同じ事をしたりする。
まあ、そもそも捨てたカミソリなんかは不潔なんですから、それでよく肌に当てられるな、と思うんだけど、とにかく剃らないと気が済まないのでやってしまう。

でもまあ、最近はそれも少なくなってきました。
時間はかかるが、まあ一歩一歩前には進んでいる感じがします。


そう考えると、ウチの連中は総じて「言うことをきいてくれる」といえます。
まあ、きたばっかりのハヤテに関してはもうどうにもならない感じで今とても悩んでいるところですが。
それについてはもうちょっと様子を見ていくとして。

で、これが日常なので、「いうことを聞いてくれない」という状況がよくわからないんですね。
オレたちだと、「早く決着するために、どうするか」ってことを考えますけど、まあ、それも「いつかまたやるだろう」というのがセットですが、でも、その間は約束を守ってくれる、という自信があります(禅問答みたいですが、そういう感じですね)。

まあ、正直、完璧を求めるなら、それは永遠に難しいような気がする。
やっちゃいけないことを「100%やらない」というのは、まあ無理というか、つまりはそれを90%くらいにはできるかな、というか。
で、その10%やっちゃったら、その都度また同じ事を繰り返して、その繰り返しがウチの場合は可能、という感じですかね。
でもまあ、その10%も、基本、こっちが止めればまあ止まってはくれる。

といっても、それもまあ、相手によるというか。
こっちが新人だったりすると、まあやらかしたり、騙したり、外の人にご面倒かけたり、は今でもあります。
でもまあ、総じてなんとか止まってはくれる、というのがウチの認識ですね。

まあ、だからその「いうことを聞いてくれない」という人が、100%を目指しているんだとしたら、それは見当違いかな、と思います。
やっちゃいけないことを、やらないで済む時間、をどんどん長くする、小さなトラブルで終わらせる、みたいなことを目指さなきゃいけない。
実家にいたときに、スーパーで傷害事件を起こしてしまった、みたいなヤツでも、今はずいぶんそれに比べたら落ち着いてきたし、「いうことを聞いてくれない」という感じではない。
傷害事件なんて言うのは100%起こしちゃダメですけど、にしても、まず目指す前段階があるというか。
その部分をまず目指してやっていくことで、「やらないだろう」という信頼感は作れるくらいにはなっていく、というか。


最近、ウチを辞めたAから電話がかかってくるようですけど、Aは何度も何度も電話をかけちゃって、出ないとそれこそ数時間のウチに50回も60回もかけてくる。
これはイチマルもそうだったんだけど、イチマルは「2回かけない」という約束をしてから、今、それを頑なに守っている。

なぜなら、約束ですから、その約束を破れば、俺もがっかりした「演技」をして、「約束破るってことは俺と話をしたくないってコトだな」などと、話すのをやめたりしますから、それはもうイチマルにとっては恐怖。
一緒に遊びに行きたくても、話ができなきゃ誘えないし、誘ってももらえない。

そして、一度はその約束を破ったということで、携帯を割ったことがあります。
というのは、まあちょっと故障もあったりで、そろそろ携帯の替え時だな、ということがありまして、その時に、ちょうど何回もかけたことが重なったという「ラッキーな状況」で、決行しました。
これもまあ、内部では相談した上で、「◯◯日に決行」みたいなことでやったわけですけど。
勇気がいりましたが、でもまあ、ショッキングに演出したわけです。
「約束を破ったから、もう携帯は使えないな…」と、泣きながら(演技)バキッと。

こういうことを経て、イチマルはそれを守ってるんだけど。


まあ、有り体に言えば、「ルールを作って、ルールを守ってもらう」ってことなんだけど。
ルールは少ない方がいいし、簡単な方がいい。
そして、それを効果的に演出、専従みんなで協力して、いわゆる「なだめ役」「アドバイス役」「対する実行役」みたいな役割を作ってルールを守らせる方向に向ける。


そしてなにより、ルールを守っていた方が楽しい生活が待っている、という希望、だな。
見たい映画に行きたい、プロレスに行きたい、そういうのを、かなえてやること。
そうすれば、「行きたい」を実現してくれる人を、彼らも裏切っちゃまずい、となる。


知的障害者だから、いうことなんか聞くはずがない、と思ってる人がいるとしたら、それは間違いで。
少なくともウチの連中は、次やらかすまでは言うことを聞いてくれる。

というか、我々としては、その先のことを毎日考えているので、その部分で止まってしまっているのだとしたら、なんだか、豊かな日常、なんてのはほど遠いなあ、と先の職員とかの話を聞いていると思うワケです。
「いうことをきかせる」、ということの考え方の問題もあるのかもしれないけど、「あなた嫌われてるんじゃないの?」という、もうなに言ってもしょうがない次元の言葉すら浮かんだりする時があります。

ま、確かに今、ハヤテに嫌われている俺としては、いかんともなんというか、気持ちはわかるんだけどね。
でもまあ、その後の市丸とかを見ていると、なんとかなるような、針の穴ほどの希望はあるというか。
そう思える分、まあ幸せな状況でやっているんだと思います。








(BGM:宇宙ネコ子「Summer Sunny Blue (with 入江陽)」fromYOUTUBE)
→宇宙ネコ子という名前からは想像もできないパンチのあるソウルフルなハスキーボイス。
もっとなんか不思議ちゃんなのかと思った。
すげえちゃんとしています。
スポンサーサイト



<< 毎日はうまくいかない | ホーム | 「べき」に罪はない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP