FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

からの~


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


正直、女子プロレスファンとして最近辟易してるのは、どこか闘いがごっこだからである。

熱かった全女。
ま、あれはガチが半分以上で、あの会社経営が正しかったとは思えないというか、会社が選手のガチ感情をあおってた感じもあったらしいから。
ちょうどそれがね、半分くらいだったらプロレス的には完璧だったんだろうけど。
でもまあ、ガチの配合が高ければ高いほどファンとしては「謎解き」が多くなって面白くはあるんだけど、あまりに殺伐としすぎるのは、格闘技を越えた「ストリートファイト」でしかない。
殺し合いを見たいわけじゃないから、そこもまた違うんだけど。

団体が多くなって、各団体としてはとにかく新人が欲しいのもわかる。
けど、未熟な選手をあまりリングに上げすぎるとどうだろう。
かわいいから、人気が上がりそうだから、グッズも売れそうだから、というのはわかるけど。

というか、いや、わからない。
わからないというか、会社側のその経営的思惑はわかる。
けど、それを支持するファンの心理がちょっとわからない。

あ、いや、なにも技だけじゃないんですよ。
キャラというか、有り様というか、そういうのもひっくるめて、ということですね。
すげえ巨体、とか、そういうのもアリでしょう。
すげえ年寄り、というのもあるだろうし、セクシーがウリならセクシーでもイイ。

というか、まあキャラってのは、団体ぐるみで作り上げるものだから、例えば巨体なら巨体を活かす試合ができなきゃならないし。
そういう試合を経てキャラは確立するわけだから。

そういう意味だったら、「新人」というキャラは確かにあるんですよ。
とにかくがむしゃら。
とにかくぶち当たって玉砕、という役割がある。

けど、最近は玉砕しないんだよね。
どころか、新人離れしたカッコいい技やっちゃったりして。
それは違うだろ、とか思っちゃう場面が多い。

見せ場を作ってやりたいのはわかるが、だとしたら、エルボーでイイし、チョップでイイし、あるとして女子プロレスの華、ドロップキックまでだろう。
そういうベーシックな技が磨けてない選手が空中技だとかは、ちょっと見ていて苦しい。
それは「発表会」でしかなくなってしまう。
いわゆる、AKBのソロというか、センターというか、そういう意味合いでしかない。


まあ、だからつまりね、そういうのを今、ありがたがる女子プロレスファンが多いわけですよね。
そこがね、おそらく俺はあまり近寄りたくない気持ちになってしまう一因なんだな。
団体や選手にしてみれば、まあ売れなきゃしょうがないから、それはそれでしょうがないんだとは思うんだわ。
問題はやっぱファンの変わりようなんだろうな。

といっても、プロレスも商品だから、それをどう楽しもうがいい、というのは、当然で、ファンが「悪い」というわけじゃない。
まあ、俺があまりそういうのが好きじゃないだけで、もしかしたら俺の方が少数派で、文句つけてるだけだから。

だからまあ、いいんだよ、いいんだ。
でも、どっかこう、見ていて居心地が悪くなってしまう。

次の技を待ってる選手を見るたびに、いや、闘いじゃないのかよ!という気持ちがフツフツとわいてしまう。
「次もっと頑張れよ」とはとうてい思えないのである。

こういう俺のようなファンの受け皿はないんだろうか。
その昔には、風香選手をガチに追い込んだ文子選手のような存在もいた。
ジャッキー佐藤選手、神取選手の伝説の試合とか。
ちょっと趣は異なるが、塩谷選手が秒殺された試合とか(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3334.html)。

ああいう、こっちの心が揺さぶられるような試合を見たい。

「がんばれ~」って、特定の選手を応援するような、いわゆる「アイドルプロレス」じゃなくて、闘いのストーリーの中にきちんとキャラが立ってるような試合。


最近の女子プロレスのポスター見て下さい。
検索すれば出てきますよ。
それを、「最近はかわいい子がやってるんだな」なんてプラスに評価できないですよ。
だって、かわいく写ろうとしてる子のなんと多いこと。

じゃないでしょう。
プロレスラーなら、「強く写りたい」というハズじゃないのか?と。


正直ね、もうアイドル見たかったらアイドル見ればいいし、いや、もっと言えば、やる側も「プロレスラーだったらいけるんじゃないか?」みたいな浅い目論見が透けて見えちゃう。
ま、でもそれはそれでいいんだよ、やる側はそれでもいい。
けど、それをプロレスファンが受け入れていいんだろうか?という気持ちがどうしても拭えないんですね。

ま、コレも時代か。
しょうがないのかもしれないし、逆に全女がおかしかったんだ、と言われればそうかもしれない。

でも、なんか「闘いを見せてくれるんじゃないか」と、一縷の望みを持って見に行くたびに苦しい気持ちで帰る昨今である。






…というような原稿をずいぶん前に書いていまして。
まあいつアップしようか考えていたわけですが、先日、久しぶりに女子プロレスに行きまして。

これがですね、よかった。
面白かった。
第1試合はともかく、それ以降は一試合、一試合、ちゃんと見せようという気持ちがちゃんと伝わってくる大会で。

前振りがあっての、「もしや?もしや?」と思ったら、やっぱメインでは仲間割れ。
わくわくしました。

いやあ、久しぶりになんかイイ女子プロレスを見た。
と思ったら、やっぱね、「かわいい(かわいく見せよう)ポスター」ではなかったです。

いや、だからね、俺が見に行ってないだけなんだな、と痛感したので、これからも外れも覚悟しながらじゃんじゃん女子プロレス見に行こうと思いました。
勝手なこと書いてすいませんでした、という気持ちです。
でも載せました、せっかく書いたんでもったいないから。







げすいい

忘年会

(BGM:MONKEY MAJIK×サンドウィッチマン「ウマーベラス」fromYOUTUBE)
→サンドウィッチマンさんは好きですね。
なんだろう、うわっついてないというか、すごく信念があるように見えるのよね。
かっこいい。
この曲はまあ、ちょっとお笑いというか、コミックソングでもありますけど、サウンドがカッコイイので、なんかいいです。
スポンサーサイト

<< 運命に導かれた結果 | ホーム | スパイ養成所の「スチュワーデス物語」感 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP