FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

スパイ養成所の「スチュワーデス物語」感


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


工藤さんちで「悪女/AKUJO」という韓国映画を見てきたわけですが。

韓国映画といえば、その「救いのなさ」が特徴なのかな、って思ってるんですけど。
そして復讐ね。
もう復讐劇なのよね。

この映画も、お父さんを殺したヤツに復讐する、というのが一つの軸で。
お父さんが殺されたその娘さんが主人公。
彼女、小さい頃に、悪い感じの人に拾われるわけです。
ま、悪い感じの人と言っても、彼女はその彼のことを「おじさん」と呼び慕ってて、最終的には結婚もするのよね。
でもその人は殺されちゃって。
で、なんやかんやあって、結局彼女は捕まって、国のスパイ養成組織みたいなところで殺人マシーンになる。
そしたら、なんとその感じの悪い人が実は死んでなくて、お父さんを殺した黒幕だということがわかり…。
しかも、そのスパイ組織と「おじさん」の組織は対立してたのよね。
で、スパイ仲間も、子どもまで殺されてしまい…。

ま、そんなこんなで、こう書いちゃうと単純なんだけど、過去の回想シーンが途中途中で細切れに入ってくるので、なかなかに難解でもありまして。
全編見て、ああ、そういうことだったのね、みたいな感じ。


悪女ってタイトルだけど、悪くないと思うんですよね彼女。
いや、もうバンバン人を殺しちゃってるから悪くないわけないんですけど、基本、悪い人、というか組織、ってか、893ですね、そういうのと闘ってますからね。
正義の味方っぽくはあっても、悪い感じはしない。

単純に、これこの「おじさん」が悪いだろ、という。
でもまあ、この「おじさん」も彼女のことはホントに好きだったんだとは思うんだな。
とは言っても、悪いことには変わりなくて。
ホントに好きだったら、こんな悪いことしちゃいけませんよ。
幸せになれるわけがない。
しかも、「自分が死んだ」って彼女に思い込ませるなんてのは、なんかもうどうしようもないですわ。
まあ、「自分が黒幕だ」って彼女が気づく前に死んでることにしたかった、ってことなのかもしれないけど。


ま、んで、なんやかんやあって、最終的にはおじさんと一騎打ちになります。
互いに殺せない、って感じもあって、息を飲む場面が続きますが、最後は彼女がおじさんに斧を振り下ろします。

で、警察に取り囲まれて不気味に笑う彼女、がラストシーン。
もう子どもまで殺されちゃってるし、スパイになって後に出会って結婚した彼も殺されちゃってますから。
もう失うモノなんかなにもない、って感じなんでしょうか。
完全な殺人マシーンになってしまった、って感じなのか。


で、まあそんな深刻な映画ではありますが、この「スパイ養成所」が、なんかみんなでランニングとかしてて、堀ちえみさんの「スチュワーデス物語」的な感じがあっておかしい。
なんやねん、という。

そりゃね、まあスパイですから。
殺しもやります、みたいなアレですよ。
足も速くなきゃいけないし、スタミナもなきゃいけないのはわかります。
しかも、そのためにランニング、というのもわかります。

でもなんか、「えい、や!えい、や!」みたいなかけ声が聞こえてきそうな、みんな並んでランニングはなんだかちょっと…。

考えてもみて下さい。
希代の殺人マシーン、ゴルゴが隊列組んで誰かとランニングしますか?と。
いや、してたとしたら、もうそのゴルゴ以外の人は、ゴールと共に命もゴールですわね。
「俺の後ろを走るな」とかなんとか。


で、主人公も最初は新入りなワケですが、新入りが入ると、みんなが笑いながら「威勢がいいねえ」「あんたみたいだねえ」とか、なんかスケバン調なのもおかしい。
「女囚サソリ」でいう、刑務所の女囚の下っ端の感じというか大映ドラマ感というか。
あ、ちなみになんか、みんな女性なのね、女性スパイ養成所。
剣術の時間に、「姉さん、こいつもやっちゃってくださいよ」とか言っちゃうからもう、なんかちょっと微笑ましいというかなんというか…。

いや、もっとね、こうクールでいて欲しいわけですよ。
ゴルゴが新人スナイパーに、笑いながら「よう!威勢のいいあんちゃんよ!」なんて言いますか?と。
というか、笑っちゃダメでしょ、やっぱ。


ま、そんなこんなですが、アクションも悪くないし、特に刃物を使ったアクションが多く、キル・ビルですね、これ。
カーアクションもなかなか見応えがあります。

後味の悪い救いのない映画、というのがキライじゃなかったら、養成所のスチュワーデス物語感に笑わない覚悟をして、ぜひ見てみて下さい。








げすいい

忘年会

(BGM:ザ・キャラクターズ「港町シャンソン」fromYOUTUBE)
→「しらけ鳥飛んでいく~」の元曲なのか?
それはもう小松政夫さんしかわからないわけだけれど、ま、どうでもいいっちゃいいんだけど。
スポンサーサイト

<< からの~ | ホーム | 23日15時からにじ屋 「あなたのゲスイイ話を聞かせて下さい」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP