FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

本当は次の話が…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、巣鴨の方に行きまして。
ちょっとまあ、なんですか、マッサージ的なというか、身体を調整してもらう感じのアレで行ってきたんですけど。

アキと一緒に行きましたけど、まあアキからやるってコトで、俺はあとにやってもらう、という流れで、じゃあその間、「おばあちゃんの原宿」とやらに行ってみようと思って、まあフラフラしてましたけど。

特にどうですかね。
確かに、なんかファッション関係の、というか、洋服屋さんが多かった気はしましたけど、雰囲気は、板橋とかの商店街にも似てるというか。
東京の下町っていうんですか?
厳密には板橋とかは下町じゃないのかもしれないけど、今、まあ東京のあちこち、こういう高齢者の街になってる感じはあります。

なにもまあ、おばあちゃんが「お団子好き」って決まってるわけでもないのに、お団子やさんばかりというのは、まあここは商店街に浅草寺の仲見世が交じった感じなんですかね。
英語表記も多かったから、観光客も多いのかもしれません。


まあアキが終わる時間はだいたい聞いていたんだけど、まあ「電話するから」みたいな感じで。
いや、携帯は便利ですね、やっぱ。

で、時間があまりもたなくて、某所に入って本でも読もう、と。
ま、俺は本の虫ですから。
ってか、実話系怪談の本しか読みませんけど、読んでたんです。

それがまあ、連鎖する感じというか、「おいおい、こんなの実話だとしたらタイヘンだぞ」みたいな、すげえ話で。
死が連鎖するというか。
しゃれになってない。
怖い怖い、と、まあ喜んで読み進めていたわけです。

その間、携帯はマナーモードにしてまして。
電話がかかってくるとアレなんで、震えたらすぐわかる感じで置いておいて、本を読んでいた、と。
時折、ブルブルしましてね。
見ると、ツイッターの通知。
まあ、普段通りの感じで携帯は機能していました。

すると急に隣のおじさんの携帯が鳴り始め。
あわてて音を消そうとするんだけど、これ、なかなかね。
あわてちゃうとできないもんで。

なぜかこういう公共の場というかだと、日本ではマナーモードにする決まりがあります。
ま、うるさいですからね。
エチケットというか、そういうことなんでしょうけど。

でもまあ、他に考え事とかしてたら、マナーモードにするのも忘れちゃいますよ。
あ、別にいいですよいいですよ、ゆっくり音消して下さい、みたいな気持ちでそれを見てまして。
結局、おじさんはうまく音を消せぬまま、席を立って、隅っこの方に行って小声で通話してました。

「ま、こんなこともあるわ、お互い様」とか思って、再びその「死の連鎖」の物語に没頭してたんですけど。
いや、怖い、本当にあったのか?これ、みたいな気持ちになったところで、ふと時間が気になって。
「アキの方、そろそろじゃねえの?」みたいな。

で、時計を探したんだけどなかったので、携帯を見たんですよ。

そしたら、画面のアンテナみちあな表示が立っておらず、「通信サービスなし」になってるじゃないですか。

え?
さっきまで、通知来てたし、隣のおじさんの携帯は鳴ったばかりだし、この場所がそういう「ブロック機能」があるわけじゃないだろうに、どういうことだ?と。
そろそろ連絡もあるだろうに、と思って、その場でまず携帯を再起動したんです。

だけど、再起動しても「通信サービスなし」。
え?と。
そうなって考えてみると、確かに携帯で連絡を取る云々、みたいな話でもあったんですよ、その死の連鎖の話。

おいおい、と。
読んだ人まで巻き込むのか、お前は…と。

ただもう、どうしようもないですからね。
そろそろ連絡ある時間だし。

と、ここで思い出したんですけど、巣鴨まで来る車中、カーナビがGPSを受信しないことが多くて。
止まっちゃうんですね。
アキは寝てましたけど、運転してる俺としては、まあ巣鴨は初めての場所だったんで、ナビには期待していたんですが、仕方ないので、持ってきていた地図帳を広げたりして、なんとか巣鴨に着いたことを思い出しまして。

おいおい、と。
読む前から始まっていたのか、この怪異は!と。

で、まあもうしょうがない、そろそろ予定の時刻なので、本を閉じ、荷物をまとめて表に出まして。
でも、それでも「通信サービスなし」。
どうしちゃったんだよ…。

もしや、先日あったソフトバンクのアレがauにまで!とかとも思ったけど、街の感じはそういう感じでもない。
公衆電話でも見つけて、アキに電話するか、しょうがないな、と思った矢先、急に通信サービスが復活しまして。

で、まあ事無きを得たわけです。

今考えると、もしかして、俺が読んでいたのは短い話が何話も詰め込まれた文庫本だったわけですが、その「死の連鎖」の話じゃなくて、その次、つまり、もし通信サービスがあったとしたら「読むはずだった話」が、俺にとっては「読んではいけない話だったんではないか?」とか思ったりして、その先が読めないでいますなう。









忘年会小
忘年会

(BGM:池亜里沙「鞭で打たれて愛されて」fromYOUTUBE)
→「むぅちでぇ~うたれてぇ~あいぃぃぃぃぃさぁぁぁれぇぇてぇ~」
…おいおいおい、と。
スポンサーサイト

<< オレの子どもの頃は孤児院発の物語がたくさんあった | ホーム | ヒエラルキーは利用するモノかもしれない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP