FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

木を削るのうまい賞


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「アイデンティティー」

豪雨によって安モーテルに閉じ込められるみなさん。
事故に遭い、瀕死の重傷の母親、それを轢いた運転手、囚人護送中の警官、その囚人、元女優、どうも強盗した感じの男女…。
そしてモーテルの受付の男。

その囚人はトイレにつながれていたんだけど、見にいくとトイレにいない。
そして、まず一人が殺される…。
そしてもう一人…。

となって、囚人がやったと誰もが思うわけですが、囚人は囚人で実はその時豪雨の中逃げているのよね。
で、ある程度行った、と、囚人自身が思ったところで、囚人は実はまたそのモーテルになぜか戻ってきちゃってる!という。
そして囚人が殺される…。

とまあ、そんなわけでどんどん死にますけど、いや、これはラスト二転三転にどんでん返しがあって、なかなかに凝った作り。
なかなか面白いスリラーに仕上がっております。

ただまあ、多重人格言っちゃったらなんでもOKみたいなところは確かにあったりなかったり…。
ちょっとね、単純が過ぎるというか。


「コインロッカーの女」

韓国裏社会を描いた作品、ということになるだろうか。
コインロッカーに捨てられた女の子と、それを育てた裏社会の金貸しの女ボス。
冷酷非情なボスではあるんだけど、他にも出来の悪そうな子を面倒見ていたり、といっても、汚い仕事をさせているわけだけど、普段は家族のように暮らしている。
ボスのことはみんな「母」と呼んでいる。

その主人公である捨てられた女の子は、しっかりとした裏社会の人間として成長していくわけですが、とにかく表情もなければ、感情もない、という感じで。

で、とある取り立ての相手に惹かれちゃう。
前向きで、疑うことを知らず、バイトをして金を返している彼に惹かれてしまう。
でもまあ、組織は金を返せないとかで彼を殺しちゃうのね。
そこから、その偽親子の絆はほつれ始めて…。

まあ、どうでしょう。
韓国映画っぽい韓国映画。
そして、この主人公の女の子の顔がけっこう好きね、俺。

全編息が詰まるような閉塞感。
その中で、一筋の光が惹かれた彼だったのに、それも断ちきられてしまう感じ。
そして、結局は「母」を殺してしまう主人公。
その後、その後釜に座る主人公…。

いや、「これでもか!」という「抜け出せない閉塞感」は韓国映画ならでは。
これはなかなか面白いと思います。


「ゾンビワールドへようこそ」

ボーイスカウトの男の子、っていっても高校生三人組が主人公。
ま、ボーイスカウトと言えば、やっぱりいわゆる「負け組」というか、学校でも目立たない存在、というか、カーストの下、というか。
スカウトの服を着てれば「仮装?」って言われちゃう感じの。
なんでしょうね、ボーイスカウトっていうとそういうイメージがつきまといますな。

といっても、高校生にもなれば、セックスしたい、もう女の子のことで頭はいっぱい、みたいな。
で、脱退したい二人と、もう真剣にスカウトな男の子一人、という三人組構成。

その三人がなんだかんだありつつ、「ゾンビワールドへようこそ」となりますコメディ。
持ち前のスカウト魂?でピンチを切り抜ける。
なにせ、ヒモの結び方はうまいし、木を削るのも上手。
なぜなら、木を削る賞?のワッペンまでもらってるし!みたいな。
アメリカならではの庭にトランポリンで命拾い、とか。
そして最後はちゃんとイイ話になってる。
いや、これは面白い。

これね、ちょっとすげえおかしかったのは、財布から金を出す場面でモタついて「ごめん、マジックテープだから」っていうセリフ。
ぎゃはははははははは。
マジックテープのサイフ。
こういう細かいところがしっかりしてる映画は素晴らしいのよね。

最後の「あなた誰?」「ボーイスカウト!」にちょっと涙出そうになったわ。






19mochituki小

hikouki2中shou

(BGM:The Oldtones「Time」fromYOUTUBE)
→SKAですね。
この女性ボーカル、すげえ印象的。
ってのは、英語歌詞なんだが、舌を巻かない!
なので、なんかすげえ中学生が発音を恥ずかしがってやらない、みたいな感じになっております。
いや、むしろなんかカッコいいよこれ。
スポンサーサイト

<< 「オレ、マジ、キレるっすよ」 | ホーム | 力士がみっちり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP