FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

お母さんを蹴飛ばして来てもいいんだよ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


Aはツノの同級生で、一般企業に就職している。
といって、豊かな生活を送ってるわけではなく、もちろん社内に話す人もいなければ、給料も全て母親に預けて自分はこづかいをもらう、という形だ。
ウチの連中のように、「この給料で靴買う!」「今度飲みに行く」とか、そういう楽しみもないようだ(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4134.html)。

彼女の親にしてみれば、ウチの連中は酒も飲むし金髪だし、不良、ということになるらしい。
付き合いを辞めなさい、と言ってるようだ。
Aは、親に従わない行き方が選択できる子ではないので、それに従う。

前にはずいぶん遊びに来ていたが、今は来なくなった。
けれども、毎日のように手紙をよこす。
メールもあるようだ。

イチマルには、にじ屋の提供品だ、といっては、スーパーで買ったようなモノが入っている郵便が届く。

昨年末、「今年いっぱいで提供品を送るのは辞めようと思います」という手紙と共に提供品が送られてきた。
その頃は、一日に2通とかになっていたから、それはまあ、SOSだったんだろうけど、親はそれも止めたらしい。
で、「やめる」と。

しかし年末に近づくにつれ、それが「年度末」に変わり、春まで、ほぼ毎日提供品の入った郵便が届き続けていた。

機関紙は送っているから、「◯月◯日のビラ配りがんばって下さい」「◯月◯日のライブがんばってね」と一言が必ず添えてある。
来たいのはよくわかってるんだが、それでも彼女が一歩踏み出さない限りはこちらもどうにもならない。
迎えに行くほどこちらもヒマじゃないし、そもそも親が止めている、という状況がよくわからないし、親のことも知らない。

で、まあ、オレたちはオレたちで忘れてはいたんだけど、確かに春になって一瞬は提供品やはがきが止まった、と思う。

でも、すぐにそれは復活した。
まずはがき。

ウチのメンバーのことは全部覚えているし、誕生日まで暗記してるような子だから、それぞれに書いてくる。
つまり、一日十通とかを彼女は書いて送ってくる。
「ツノちゃんへ」「新田さんへ」「ちゃびさんへ」「市丸君へ」といった具合に、フルネームできちんと漢字を使って書いてくる。

その内容はほぼなく、彼女の毎日がなにも起こっていないことを示している。
とても悲しくなるし、ちょっと内容的にも「これやばいかな」と思うようなこともある。

それでも彼女は踏み出せないでいる。

そして最近になって、また提供品の入った郵便物が復活した。
それには、「年明けには提供品を送るのは終了します」と書いてある(コレを書いているのは10月)。
いや、前の春で辞めたんじゃなかったっけ?と思うが、そのことは無視。

きっと、また期限を切って親に許しを得たのか、もうそろそろいい加減親も気付よ、と思いますが、そこまでして送ってくる割に、しかもイベントの日時もわかっているのに、彼女は一歩が踏み出せない。

こちらがどうこう言えばいいのかもしれないが、いろいろな状況から手を出せないでいる。
彼女の一歩さえあれば、まあなんとかはするだろうけど、今は何もできない。


彼女が勤めているのは、誰もが知ってる洋服の巨大チェーンだ。
けども、朝仕事に行くと「今日は帰っていい」という日も多いらしい。
彼女はいい子だからそれに従う。
その分のお金はおそらくもらってない。

企業も障害者雇用枠は確保したいが、彼女たちの「大人としての豊かな生活」までは考えてくれない。
それはまあ、障害者に限らず、一般の労働者に対してもそうなんだから、推して知るべしである。

彼女には、会社で話す人もいなければ、仕事終わりに飲みに行くこともない。
家に帰って、お母さんに小遣いをもらって、イチマルに送る提供品を買い、はがきを書き、郵便局に持っていく、だけなのだろう。

そりゃ、毎日が同じ事の繰り返し、一緒に笑える仲間もいなければ、腐りますよ。

でも、これが障害をもった子を一般就労で、三年でも辞めずに続けさせている立派な親、ということになる「らしい」。

彼女が壊れないことを、今は祈るばかりである。


とまあ、上記の原稿を書いたのは2018年の11月なんですが、2019年の1月現在、結局提供品は、何もなかったように復活しています。





hikouki2中shou

告知1

(BGM:川畑アキラ「TIME ドカン」from「オムニバス・アルバム「酔いどれ詩人になるまえに」」)
→これ、カッコイイのよね。
よく知らないんだけどね、この人は。
酔いどれ詩人、そのものの歌詞って感じも好感が持てるし。
「今を変えるためには、言葉を吐き出すしかない」
スポンサーサイト

<< 今のおまえには元気がない! ★ 大日後楽園大会 | ホーム | もし書類を勝手に整えられて閉じ込められてしまったら >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP