FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

監査ってのがありますが


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


監査というのがあって、まあ補助金をもらってますから、それには協力するし、というか、会計も会計士さんに確認してもらってるし、そのまま見せるにマッタク問題がないというか。
その辺きちんとしてない、と思われるのもしゃくなので、それはもうウェルカムでやってください、くらいの気持ちでいるんですが。

ただですね、困るのが「こういう書面に統一してください」みたいな。
そこにあわせるために、もう作業が増えるわけじゃないですか。
そんな時間があるなら、市丸たちと遊びに行ってた方がいいわ、と思うんだけど、そういう時間を「つぶさせる」んだよね、こういう作業。


俺のブレーンというか、仲間には教員も多いんだけど、彼らに言わせると「もう、なにか不祥事とか問題が起こるたびに、書類が増えるんだよ。やってられない。時間がなくなるだけだよ」ということになるんだけど、それはウチでも同じで。

だから、ありのままを見てくれよ、と思うわけです。

例えば、一週間市丸たちと暮らしてみる、にじ屋で仕事してみる、みたいなことをやってくれれば、どんな風に彼らが生きてるかわかるから。
書類云々、いわゆる「親からの苦情をどう処理していますか?」みたいなことって、そういうことじゃないんだよね。
書面でどうこうじゃないじゃない、そういうの。

でもまあ、書面で揃ってればOK、ってコトになるわけでしょ?
それってどうなのかな、とか思うワケです。

逆に、先に書いたように、一週間とは言わないけど、二三日、付き合ってもらえば、ウチのことはわかってもらえると思うんだよね。
市丸たち知的障害者が、生き生きと社会の中で生きていく為の、まあ有り体に言うと「自立」みたいな言葉になるのかもしれないけど、そういうことができてるかどうか、わかるから。


ま、ウチで監査の話になると、こんな話になるんだよね。
書面どうこうじゃなくて、別にありのまま見せるから、付き合ってよ、みたいな。
そっちの方が、なんかホントに監査じゃない?って思うんだけど。

それは、他のところに行って、イヤな思いばかりしてるからで。
一日、とある施設に見学に行かせてもらったとき、コンさんとかアキとか行ったんだったかな?
なんでそういう話になったか、ちょっと思い出せないんだけど、その時に、「もう、夕方とかになる前、午後の浅い時間で気持ち悪くなってきて」って、みんな言ってて。

もう、あまりの、そこにいた障害者の「死人の様」に、吐き気が止まらなかった、と。
いや、障害者が悪いんじゃなくて、そういう風に「仕向けている」のに、無関心な職員に、なにやらもうどうにもならなくなった、みたいなことで。

でもね、きっと書類は揃ってるわけだと思うんです。

それでいいのかな、と。


確かに、時間をかけない、というか、市の職員もどんどん数が減らされていて、そうなると、「書面でそろえてください」ってことになるのはわかる。
わかるけど、でも、書面でいいのかなあ、というか…。

国じゃあ、書面をてきとうに書いちゃって、何度も政治資金の金額書き換えた大臣もいるわけで、そういうことでいいの?というか。


いや、確かに難しい問題ではあります。
どこに視点を置くかで、いろいろな見方も変わりますから。

ウチの連中が「吐き気がした」と言っていたけど、「それでいいんじゃないの?」という人もいるだろうし、それに「死人のようだ」とか「生き生きしている」なんてのは主観であって、明確なラインがない。

それでは確かに監査にならない、感想だ、というのもわかる。

けど、我々がしていることは、いつだって点数化出来るモノでもないような気もするんだな。
だから、書面を作れ、ってのはわからなくもないが、そのためにこちらの労力を割くわけだから、それはどうなんだ?とも思うワケです。
その時間で、マジに彼らと飲みに行くことだって本当はできるわけだから。


つまりなにが仕事か?って話で、我々は市丸たちに付き合って、彼らの青春を取り戻すことが仕事であって、監査は役所の仕事でしょ?というか。
その人数が少ないから、削減されてるから、ってそのしわ寄せが市丸たちに行くのはどうなんだろう?と思うわけですよ。


なんでもかんでも、役所の言いなりになる作業所やヘルパー派遣事業所が多い昨今、こういう疑問を呈するところが少ないのがとても寂しいわけですが、どうですか?みなさん。

いや、監査が必要ないなんてマッタク思ってなくて、監査は必要なんです。
だからこそ、それを本当に有意義にすべきじゃないか、と思ってる、という話です。
書面に頼っていたら、まあ不正はなくならないしね…。







19mochituki小

hikouki2中shou

告知1

(BGM:細野晴臣「エキゾティカララバイ」from「シティ・ポップス《20世紀BEST》」)
→なんだこのクセになるリズムは…。
難解だけどポップ。
なんかいろいろ挑戦する人なんだよね、この人。
スポンサーサイト

<< 中世かよ | ホーム | プロレスのおもちゃ箱 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP