FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

中世かよ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


機関紙前号で1ページあまってしまったので、「鎖の色を自慢しあう奴隷にはなりたくない・第9回(クレジット・さとうかずしげ&ぶ組)」として書いたモノを掲載。


 水道を民営化する、と。
 「なにをバカなことを言ってるのか?」、と俺は思うんだけど、世の中には「民営化はいいことじゃないか」みたいに思ってる人も多いとかとも聞く。
 まず、そういう人には「クラシアンと勘違いしてませんか?」と問うておきたい。
 俺はあまりテレビを見ないんで、というか、「何となくつけている」ってことがないので、この件がどうテレビで流れているかわからないが、SNSなんかの、「テレビでこんなこと言ってた」を見ると、どうも政府の言い分を垂れ流しているようですね。

 あのですね、水道民営化は、ほとんどの国で頓挫しています。
 再公営化の流れなんですよね、世界的には。

 そりゃそうです。
 水道管が古くなったら直す、という当たり前のことすら、水道代値上げで対応する状況では、水道料金を払えない世帯が多くなる。
 消防車ですら水道代を請求されるとも聞く。
 実際、日本でも民営化している地域では、新たな料金を負担しないと水道を止める、という通告まであるという。
 もう他人事ではないのだ。

 水というのは、命に直結する。
 だから、逆を返せば、水を握れば世界を制することができる。
 つまりそれは、命を握ると言うことに他ならない。
 そういう事業を、一民間企業に任せる、というのは、他の民営化の話とはマッタク違う。

 でも、政府は、まあ、そういう都合の悪いことは言わない。
 サービスがよくなるとか言ってるらしいが、そもそもそれは競争原理が働くところでの話であって、水道なんてのはそもそも競争原理が働くようなものじゃない。
 民営化での、こっち側、市民側のメリットなどなにもない。
 これまでの世界各国の状況を見れば、民営化をしたら必ず料金は値上がりしている。
 先に書いたが、これはクラシアンの話をしてるんじゃないんだよね。

 災害が起こったらどうします?
 地震で水道管が破壊されたとしたら、それを直すために上乗せの料金を請求されることになるでしょう。
 この件は、国会でも政府はハッキリと「そこは値上げしない」とは明言せず言葉を濁しました。
 ってか、その前に、避難所なんかでの給水はどうなるんだろう。

 しかもその水道を外資に売るという。
 その会社も決まっていて、その会社の人間が政府の水道民営化を司る部署に入り込んでいたんだとか。

 出来レースですね。
 つまりどういうことかというと、世界的には再公営化の流れなわけですから、当然水道の会社はどんどん仕事がなくなってるんですよ。
 その会社に仕事をやるために日本は「今更」民営化を持ち出したんじゃないか?という疑念がわきます。
 しかもその会社、麻生さんの親戚筋に当たるとか。

 ワケがわからないのは、税金でどんどん武器を買って戦争危機を煽ってるわりに、その命の水を外資に売るという不可思議。
 その国と戦争になったら武器とか関係なく、一瞬で負けますね。

 もうこうなると、モリカケしかり、今の政府は「縁故主義」という、中世の政治に戻っちゃってると言わざるを得ない。
 国民のためでなく、お仲間のための政治。

 辺野古の基地問題も、あれだけ選挙で沖縄が民意を示しているにもかかわらず強行する。
 しかも、「全力で埋め立てる」などと言っているという。
 もう「民意なんか関係ない」「そこに住んでる人のコトなど関係ない」、という印象を受けます。
 「沖縄と寄り添う」なんて言ってたのはなんだったのか?
 寄り添うどころか、「全力で」民意を踏みにじってます。

 この問題は、基地の問題ではありますが、同時に沖縄だけの問題ではなく、地方自治の問題でしょう。
 その県の、その地域の人たちの気持ちをマッタク尊重してないのですから。

 にもかかわらず、テレビでは「基地反対派」などという言葉を使い、反対派を矮小化し、沖縄だけの問題かのように取り上げているようです。
 この問題について他の首長が声を上げないということにも重ねて危機を感じます。

 そもそも、辺野古ができたところで、無条件で普天間を返還する、とアメリカは言ってないんですよ。
 つまり、辺野古も作らされて、普天間が返還されない可能性もある。
 そのことをちゃんとテレビは伝えてるんでしょうか?

 その昔、テレビは一億層白痴化装置、といわれてましたが、みなさん、鵜呑みにしてませんか?
 大変な状況になる前に、「あのとき、踏みとどまっていたら…」「反対していたら…」と後悔する前に、「与えられる情報」をちょっと疑ってみてはどうでしょうか。(了) 


というような原稿を昨年書いていたわけですが、正月そうそう、首相が「辺野古の埋め立て前にサンゴを移植した」とかテレビで言ったそうですが、沖縄当局は「そんな事実はない」と言っています。
しかもそのテレビ番組、「え?どこに移したん?」って誰もが思う疑問も首相にぶつけず、首相の「移植」を、しかも録画で垂れ流したもようです。

テレビ、ちょっともう終わってる感がすごいな、と思います。







19mochituki小

hikouki2中shou

告知1

(BGM:シニータ「ソー・マッチョ」from「ドゥ・ザ・マッチョ!」)
→ま、笑っちゃダメですよ、英語なんだし。
シニータ!
いや、もう日本では人気あがる名前であることは間違いない。
曲自体はこれはたいしたことない。
というか、名前ほどインパクトがないというか。
スポンサーサイト

<< 小道具の銃が見た目すげえ軽い | ホーム | 監査ってのがありますが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP