FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

彼らだって、国に帰ればいじめられてるのよ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


前回の記事で、沖縄出身の方にアキが話を聞いて、ということを書いたけれど、「レンタカーを借りる予定」と言ったら、「Yナンバーが走ってたら、よけてね」といわれたという。

どういうことかというと、Yナンバーとは米軍の関係の車だそうで、その方に言わせると「あの人たちは、沖縄の人を人間だと思ってないからさ」と。
その方の友人の子どもさんもYナンバーの車に轢かれたけど、警察も捜査してくれないし、何もわからないママなんだという。
同級生の旦那さんはタクシーの運転手だったけれど、乗ってきた米軍の軍人に殺されたんだという。
この事件は、平和祈念資料館でも書かれていた。

地元の人の感覚としては、Yナンバーの車があったら注意するし、なるべく近寄らないようにする、ということらしい。


で、るるぶとか、なんかそんな感じのいわゆる旅行の本ですね、アレを見たら、確かに書いてある。
「Yナンバーは、米軍の関係の車です」
…その先は?という感じだけれど、その先の「だから気をつけてね」とはやっぱり書けないんだな。
そこに闇を感じたわけだけど。

レンタカー屋さんで、車を借りるとき、「追加の保険に加入しますか?その方が安心ですよ」みたいな話の流れで、「沖縄は、米軍の方の車も多いですし…ごにょごにょごにょ…」と言われて、闇の深さをなお感じたわけですが。

車の運転には、そんなに自信がないわけじゃないし、嫌いじゃないし、でも、レンタカーと言うことでそもそも多少の緊張はありますけど、それに加えてのこの「Yナンバー問題」は、運転の緊張をなお上げてくれた。

つまり、こういう緊張を普段から強いられてる、ってことなんだよね。
これ、行かなかったら、レンタカー借りなかったら、わからなかったな。


そのお話をしてくれた沖縄出身のかたは、でも、こうも続けていたという。
「沖縄の基地にくる軍人さんは、正直、優秀なわけじゃないのよ」
それはそうだ、優秀な軍人は、今紛争が起きているところに送られているだろう。
紛争のない沖縄は、そういう意味では落ちこぼれの集まりになってしまう、というのも当然かもしれない。
「だからね、その軍人さんだって、アメリカの軍の中じゃいじめられてるわけさ」

この言葉に、前回も書いたけど、沖縄の「内包する強さ」をオレは感じた。

いじめられているから、もっと弱い人をいじめてイイことにはならない。
ならないけど、その状況を、もっと一緒に共有したいのかもしれない。
これは、虐げられてきた沖縄の人たちの「強さ」だな、と思った。

もちろん、友人がひどい目に遭ってるんだから、「その軍人さんもいじめられてるんだからしょうがない」などとかばうようなことは言いはしないけど、でも、「そういうことなのさ」というのは、強くなければ言えない。


沖縄の飲み屋さんには、観光客向けなんだろうか、トイレにも、店の中にも、沖縄の歴史みたいなコトを感じさせる写真や書いたモノが貼ってあったりする。
強い語気ではないが、左側通行になった日のこと、通貨統一になったときのこと、高校野球に初めて参加したときのこと、そのどれもが、単純に考えて理不尽だ。
でも、それをさらっと、自分の歴史として書いてある。

多くの人にわかってもらいたい、いじめられてる沖縄の状況を、傍観者である観光客に、「ちょっとでもわかってね」って、言ってるような気がして、オレはくまなくいろんなモノを読んでしまった。


沖縄は観光県だ。
国際通りは観光客目当てのいろいろなモノがあるし、水族館をはじめとして、沖縄の民族村みたいなところとか、そうした施設も多い。
もちろん、海でのダイビングやシュノーケリングも盛んだ。

我々もシュノーケリングをやったけれど、ちょっと海に入っただけでサンゴや魚がわんさかとそこには見える。
キレイな海だ。

これを埋め立てるって言うんだから、そりゃ観光を妨害してるよな、って思った。

足ひれをつけて海に入ったんだけど、「足ひれで立たないで下さいね。サンゴが傷つきますから」って言われたけど、そうだよな。
それを埋め立てる、しかも赤土で、なんてバカにしてるにもほどがあるよな。


オレは、基本的に沖縄の「のんびりした感じ」が好きだ。
そして、その内包する「強さ」にも憧れる。

本気で移住したいくらいだが、イチマルたちを置いていくわけにもいくまい。
移住が叶わないとするなら、まあまた何度でも沖縄を訪れて、いろんな場所を見て、いろいろ感じてきたいな、と思った。






hikouki2中shou

告知1

(BGM:園まり「帰りたくないの」from「三人娘」)
→こういう「若い女の子にエロっぽい歌を歌わせる」ってのは、どっか男の妄想を歌の上で実現させる感じがあります。
けども、まあこういう女の子はそうそういないし、そもそも、そうやってモテる男じゃねえだろオレは、とちゃんと理解しなきゃいけません。
スポンサーサイト

<< 山伏さんが | ホーム | 傍観者ではいられない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP