FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

思い出さないで!って言われてもなあ…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集




録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「サプライズ」

英国版ホラー。
ホラーというか、スプラッターか。

親の結婚周年を祝うために家族が集まる。
そこに、矢が次々に!
そして、ウサギだののマスクをかぶった連中が屋敷に乱入し、次々に家族を殺す…。

ま、意味がわからないまま展開していきますが、どうもこれは兄弟の中の一部が仕組んだことで。
といっても、なんかそれが遺産が欲しかった、みたいな感じなので、どうなんだろう。
それで殺し屋やとっちゃうだろうか…。
まあ、なんか確かに幼少の頃に多少のイヤなことはあったみたいではあるんだけど、その怨恨がうすいのでちょっと…。

その発端が浅いのでアレですが、死に方はなかなかによくできていて。
ホラー愛、スプラッター愛を感じる映画であります。

で、この兄弟の中で一人サバイバルに長けた女の子がいて、逆襲に転じる。
それがなかなか綺麗でスカッとさせてくれます。

そして最後は彼女をのぞいて全滅!
ホラー愛に溢れるラストであります。


「東京アウトロー烈伝 パープル・エンペラー 二代目総長・大下優希菜」

ぎゃははははははははははははは。
好きだわ~こういうの。

そもそも、レディースってのがもう化石化してますからね。
どんどん仲間が抜けていって、一人残った総長がどうしようか、と悩む。
ま、一人じゃレディー「ス」じゃないよな…。

これまあ、くだらないけど、去って行った仲間へのちょっとしたあこがれとかそういう感情が溢れていてなかなかにもの悲しかったりしてて、ちゃんと作ったらすごくいい気もするんだけど。
辞めていったメンバーの勤め先が警備会社とそば屋の出前、ってのがなんかいいし。
けど、すぐに巨乳振り回してセックスしちゃうので、それも薄れてしまうんだけど。

まあ、そういうのもひっくるめていい作品だと思います。
こういういのを真面目につくる大人がいる社会というのは、なかなかいいです。


「新アリゲーター 新種襲来」

ぎゃははははははははは。
出てくる人がみんなバカ。
愛すべきバカというか、悪気があるわけじゃないんだろうけど、学もないし、その田舎の土地でずっと生きてきました、その流儀です、みたいな。
そこに、都会の学校に通う娘がやってきて、その対比がとてもよくあらわれてくるんですが、時同じくして新種のワニが出現!
人をバキバキ食っちゃう。
なにしろでかい!

で、どうも、噛まれた人はワニになっちゃう!
ぎゃははははははははははは。

どうも長年流してきた廃液が原因らしいんだけど、それもまあ「コレまでずっと流してきたんだよ!そりゃ流すでしょ」という。
因果応報だけど、しかしながら、どっかもの悲しい。
だってしょうがないじゃん、おじいちゃんの代から廃液流してきたんだから。
しかも、それが環境に影響するとかそういうことはみじんも考えたこともないし長年それに気づきもしない。

田舎の閉塞感をキャッチーに表しながら、それがどこかコメディチックに見えるのは、画面のワニの合成具合、時折入るスローモーション(おそらくゆっくり演技していると思われる)とかのチープさ。

B級映画ここに極まる、みたいな。
いい映画です。


「真ひきこさん」

まあ、どうですか、ひきこさん。
口さけ女世代の俺としては、トイレの花子さんもひきこさんもよく知らない。

引きずっていく、という設定もなかなかどうして画期的だけれど、引きずっていくのなら逃げられるんじゃね?と思ったりしてしまい、つまりは失神してる人を引きずるのか、しんだ人を引きずるのか、その辺もちょっとよくわからないけど。

ひきこさんの事件があって10年後、その時に巻き込まれていた小学生たちはまあ、高校生って言うか、大学生って言うか、そういう感じになってますが、その時間の記憶がない。

で、その記憶を思い出した子から順々に引かれていく。
いやあ、恐ろしい。

なんで記憶がなくなったのか、というのはよくわからないけど、まあ恐怖のあまり記憶をなくす、ってのはよくある話で。
ま、そうなると、なんだかひきこさんに関しては、一回巻き込まれても、なんとかそこからすり抜ければ大丈夫、って感じもしてくるので、怖さはちょっと半減ですか?どうですか?

「思い出しちゃダメ!」と引かれていく子たちは次々に生き残った子に言うんだけど、でもなあ…。
思い出す、って意識下の問題だからなあ…。







bakagann.jpg

(BGM:AJAJA STARS「CUT BASS」from「D.A.N.C.E.2.N.O.I.S.E.0.0.3」)
→タイトル通りベースレス。
ドラムとギターでやっております、という。
そういう実験がけっこう通るコンピシリーズだよね、これは。
スポンサーサイト

<< 凡人が到達できない「どこか」 | ホーム | また大阪に戻ってきます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP