FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ラブレター


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集



人は、恵まれた人に何をか言われても、自分が恵まれていない立場であると、その中身に寄らず、なかなか受け入れられなかったりする。

「あんたにはわかりっこない」って、話を遮ったりする。

その気持ちは、俺にはよくわかる。
自分がそうだったから。

金がなくて、家賃で精一杯で、子どもがいて。
子どもがおねだりをすることもなかった。
無理だって、最初からわかってたからだろうな。
今考えれば、不憫な思いもさせたかもしれない。

あの時は、まともに就職した連中が、どっか敵に見えていた。

貧乏人に醤油を贈るようなバカな真似をするモノではない。
貧乏人にはメロンだ。
醤油はなにを削っても買うけど、メロンは買わないからだ。

そんな身勝手な貧乏人の論理を振りかざして、「お前らにはわからない」と俺はバリアを張っていた。


でも、よくよく考えれば、俺はまともな家に育ち、というか、親父はほぼ家にいなかったけど、でも高度経済成長の頃はどこの家でもそんなもんだった。
多少ヒステリーなところのあるお袋に育てられたが、それもそんなもんだ。
別に今、親に感謝しこそすれ、何かネガティブな感情はない。
金に困ったこともなかった。
だから、実家に行けばなんとかなった。
そう考えると、あまりにそれは理不尽なバリアだったと今なら思える。


けど、子どもの頃から金がない、不幸せな家に育つというのは、俺の苦しみなど屁だろう。
親が死んだことも、子が死んだこともない俺の苦しみなど、たいした話ではない。

だから思うのだ。
君はどうして俺の話を聞いてくれるのだろう。
俺をそうやって受け入れてくれるのだろう。

いや、それはとてもありがたく、嬉しいことなのだけれど。
というか、君は俺にとって数少ない飲みに誘える仲間だから。
本当に大切に思っている。


君は、本当に大きな人なのだろう。
いろいろなことに板挟みになっても、それでも前を向くのをやめない。
いや、俺の話を受け入れてくれる。

俺がどれだけ小さな男か思い知らされる。


人は時に、自分の思いがすべての人の思いだと勘違いする。
産まれて来た場所が違って、育ってきた毎日が違うのだから、そんなわけがないのに、「なんで君は○○しないのか?」などと平気で言ってしまう。

俺は幸せに生きてきたから、そりゃ悩みも苦難もたくさんあったが、そんなものは世の中の不幸に比べたら天国だと思う。
悩む自由があれば、願う自由があれば、本当は幸せなんだ。
そんな俺が偉そうに言えた義理はどこにもない。


それでも君が俺の話を聞いてくれるという、その姿に、俺は自分の勘違いをしかと受け止めるよ。
その機会は、きっとこれまでもたくさんあっただろうに、俺は50を過ぎてそのことを本当によくわかった気がする。


確かなことは、君がどんな状況に置かれていても、たとえ俺の話を聞きたくなくなっても、俺は君のことを待ってる。
君のことを大切に思っている。
それはきっとずっと変わらない。

お節介だと石を投げてもいいさ。
俺にとっては、そんなことは大したことじゃない。


さて、今日も晴れた。
洗濯でも干して、車に乗って、いつものように仕事に行こう。
そして、もし時間があったら、どっかで待ち合わせて飲みに行こうか。





!cid_5815616651420597218472324.jpg

!cid_900729868198324142774919.jpg

moutokulitt.jpg

occhi.jpg

(BGM:HANG ON THE BOX「YELLOW BANANA」from「EDGE OF PUNK」)
→なんかこれバカっぽくて気になる。
英語歌詞なんだけど、小学生が英語しゃべってるみたい。
英語圏の人に通じないと思う。
スポンサーサイト



<< プロはすごい | ホーム | どこまでが本当の世界なのか?どこまでが幻想なのか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP