FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

5/22は歴史的な日になります


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集

bakagann.jpg

盟友、と呼ばせていただく。
盟友アイコちゃんから、「トークイベントやりましょうよ」と言ってもらったのはいつのことだったか。

あれよあれよ言う間に、ルーフトップに載せてもらって、…あれ?読んでませんか?どっかでもらえるのでもらってください、サイトはこちら(https://rooftop.cc/interview/190415171600.php)。
んでもって、22日にやることになりましたよ!

いや、ありがたい。
これ、もう全てアイコちゃんのおかげです。


まあ、確かに面白い話ってのは山ほどあります。
ここでも書いてますけど、書けないこともあるし、というか、説明がめんどくさかったりすると、まあもう書きませんし。
つまりまあ、説明しないとわからない、ってこともあるし、説明しないと「障害者バカにしてんのか?」って言われちゃうかなあ、めんどくせえなあ、と思って書かないこともあるわけです。

その辺、トークであれば説明はできますから、話していきたいな、とは思ってはいました。

コバの家出の話だって、まあ何度も俺としては話してはいるけど、届いていない人もいるでしょう。
市丸の実家暮らしだった頃の話や、ここに来たばかりの時に、先輩である井上達に「コイツとは一緒に働けない」と引導を渡された話とか。
この5月で新しいメンバーが増える予定なんですが、アクムと言いますが、なぜそいつがアクムと呼ばれているか?しかし、家族思いの反面もある、みたいな話とか。
ってか、なんでアクムがここに来ることになったか?とか。

たぶん、ウチは、他と違うんだと思うんですよ。
いろいろ話を聞いたり、見に行ったりすると、かなり違う。
ま、ちんどんが違うけどね、そもそも。
「なにが違うのか」は、22日から始まる「バカ元年」に来ていただいて、あなたなりに考えてほしいと思うのですけど。

その辺でおそらくアイコちゃんも引っかかってくれたんだと思う。

というか、まあ究極的には親が参加してない、ってのが大きいだろうとは思うんだけど。
親がいたらできないですよ。
ちんどんだって、「なんでウチの子は後ろなんだ!」とか言い出すバカが出ますから。
そういうのをシャットアウトしない限り、外に発信して行くコトってできない。


で、外に発信する、ってのはもう今の時代は重要だと思っていて。

じゃないと、やっぱ名前がないまま殺されちゃいます。
そういう事件がありました。
「にじ屋の人が殺された」じゃなくて、例えばですけど「にじ屋の市丸くんが殺された」にならないと、地域の人だって一緒に怒ってくれないはずだと俺は思っていて。

地域に開かれた「おまつり」なんかってのをよく他の作業所なんかでもやってますけど、そのたびに「カブキさんは来るなら親御さんが連れてきてください」みたいなこといわれてたようだから、まあ推して知るべしで。
つまりは、彼ら自身が地域の人とつながるイベントじゃなくて、「施設長」とかが挨拶する場なんでしょう。
そんなことやって、地域の人とつながれますか?
地域の中にあるって言えますか?
親とセットじゃ、結局「ああこの人たちは親御さんが一生めんどう見なきゃいけないんだ」って地域の人に刷り込んでるようなもんじゃないですか。

簡単な話なんですよ、こんなの。

よく、市丸に初めて会った人が、「あなたが市丸くんですね!」と言ってくれることがあります。
そういう風にだって、今の時代は発信できる。

そうやって、「なにかあったら、大問題にしてやる」と、俺は思っています。

だから、こういうイベントがやれるというのはとてもうれしい。
もちろん、ライブもうれしいけど、こういうことを通じて、またちんどんにも興味をもってほしい。
で、ライブにも来てほしい。


そんなわけで、このイベントは連続したイベントにしたいと思っていて。
そのためには、多くの人に来てもらって、大入り満員にしたい。
おかげさまで予約もいただいていますが、まだ満員札止めは出ません。

万難を排し、日程を調整し、今、もう予約してください。
あとで後悔しても遅いですよ。
会場がそんなに広くないもんで、すいません、それはまあ、初回なのでご勘弁を。
でも、最初の一歩なんで、しっかりやらせてもらいますし、必ずあなたの「なにか」をぶち壊します。
これは、おそらく歴史的な一歩になる、障害者関連のイベントになると思います。
いや、もうなるんですけどね、それは確定。

ぜひ、予約をお勧めします。
のんびりしてると、ほんと、入れないかもしれない。

今回、メンバーの中で誰をフューチャーしようか、というのは、今検討中です。
これまで撮った動画作品、まあ藤井の遺作になりますが、その辺も公開する予定ですし、ネットに上げられなかった写真なんかも持っていきます。

楽しいイベントになること間違いないので、ぜひ、足を運んでください。
そして、飲んで食べて、一緒に楽しんでください。
難しいことは家に帰って考えて下さい。

お待ちしています。




bakagann.jpg

(BGM:NEW ROTEeKA「モロダシ・ヒロイン けっこう仮面」from「GO ! GO ! NAGAI !」)
→カバー集だというのに、必ず斜め上からアレンジしてくるニューロティカって天才だと思う。
出始めの時は、ちょっとシリアスなハードコアの方面からディスられていた感もあるけど、ここまできたら、パンクの鬼だよね。
スポンサーサイト

<< 恐れていた未来 | ホーム | 思ったよりちゃんとしてた ★ 映画 「少年たち」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP