FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

しょうがないんだけど


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集




「検討します」とかって、よく言いますよね。
まあ、急に何か言われても、人はすぐには答えを出せません。
「明後日までにこれできる?」とか、「一週間後の今日、来れる?」とか。
スケジュールだとか、自分の仕事のアレとかをたいがい調べないとダメだな、って話にはなります。

まあ、そこで調べる時間があればいいわけですが、俺なんかはなかなか時間があったとしてもスケジュール帳を持ってないので、すぐには調べられない。
どうしても、「ちょっと調べて返事します」の意で「検討します」となります。


ただまあ、「検討します」ってのは、まあ断り文句でもあるんですよね。
日本語とは難しい。
それはまあニュアンスだったり、言葉の雰囲気だったり、前後の感じ、で判断することになります。

が、まあたいがいの場合、その「関係性」ですよね。
この人は断りのために俺に「検討します」とは言わない、か、もしくは「言うか」?の二通りの関係性。

ざっくり言ってしまえば、前者は仲がいい人、ってことになるし、後者は仲がよくない人、ってことになります。
初めて会った人とか、ちょっとした仕事上の紹介だったりは後者になるのかな。
でも、なんかそれがいきおい本気の「検討します」だった場合、いきなりその人は俺の中で前者になったりもします。

つまりそれは、「検討した結果」をちゃんと伝えてくれるかどうかで判断できるというか。
「検討します」って言いっ放しで、結果ダメだと、「ああ、そうか、この人は後者という関係だな」と思います。

ま、それはそれでいいんです。
関係だから。
俺とそういう関係でいたいんだな、ということがわかります。
俺だって、あまり付き合いたくない人とは、そうするかもしれない。

だから逆に言えば、とても便利な言葉なんですよ「検討します」って。
美しいかどうかは別として、日本語というのはよくできているというか。
無碍に断るのではなく、「一旦持ち帰ります」的雰囲気を出すことで、ソフトになるというか。
悪くないと思いますよ、うん、ガチで。


なんでまあこの話を始めたかというと、とても仲のいい、というか、まあ同志か。
そういう人がいたんだけど、いろいろあって、ここ数年会ってない。
連絡は取り合うモノの、なかなか会う機会もなく。
井上達もよく知ってる人なので、「どうしてるかなあ」とか、市丸なんかは時々「電話掛けていいかな」なんて、電話したりしています。

ま、向こうには向こうの事情があるのはわかるんです。
とてもよくわかっているんだけど。

それでも、まだ我々は同志だと思っていたんだけど、昨年だったかちょっとこっちが首をひねる対応があって、俺としては気持ちはスッと引いてはいたんだけど。
でも、にじ屋の10連休イベントには来てほしいなあ、と思って、メールを入れたんですね。
そしたら、返ってきたのが「検討します」だったんです。

それまでは、基本断るならきちんと断ってきてたし、OKもあったけど、直前でダメになったり、そういう感じだったんだけど、「ああ、この人は、俺たちと後者の関係でいたくなったんだな」と思って、すごく寂しい気持ちになったわけです。


ま、でもいいんです。
そういうこともありますから。
出会いがあって別れがある。
人生そういうことですし。
コッチがどう思ってようと、それを押しつけるアレでもなければ、コッチが正義でもないでしょう。
関係とはそういうことなんで。


でもまあ、こうなっちゃうとね、ちょっとう~ん、と思ってしまうのは、井上達にはこの「検討しますの二通り」が通じないんですよ。
検討します、は、検討します、でしかない、というか。

ウチの健体者の職員でも、逃げちゃうヤツとかもいるんです。
というか、いたんです過去には。
井上達にも挨拶なく。
ま、俺なんかは、「逃げたか、まあしょうがないか、さよならだなあ」とは思えますが、彼らはそうは思えないんだわ。

そこでなんか俺はとても切ない気持ちになるわけです。

別に逃げたい奴を止めないし、勝手にしたらイイとは思うし、人生別れの連続だから。
でもさ、井上達にはちゃんと挨拶をしてほしい。
じゃないと、彼らは区切りがつけられない。


その検討します、のメールの人も、それまでは実際来れなくても、「ちょいちょいは来てくれるだろうし」とか思っていたし、相手してくれるだろうと思っていたし、それで井上達に挨拶するのもヘンだよな、とか思っていたんだけど、「検討します」を見て、とてもね、なんだろう、うまく言えないんだけど、俺たちもそうだけど、井上たちも捨てられちゃったな、という気持ちになって。
いや、俺たちはいいんだよ、それはそういうもんだから人生。

でも、それに気づかない井上達が、急に俺は不憫に思えてきました。

でも、それが人生なんで、しょうがないっちゃあしょうがないんだけど。







bakagann.jpg

(BGM:999「Nasty Nasty」from「HOLIDAYS IN THE SUN VOL.2」)
→なにこの楽しそうなの。
この感じ好きだわ~。
ピストルズ風。
ばかばかしい感じもあったりしていい。
スポンサーサイト

<< 生涯かけて恨みに恨んでる男の顔を、最後の最後で間違うか… | ホーム | 知性が後退する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP