FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

次のトークイベントにもご期待ください。夏頃やります予定DEATH。


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


しかし、今回のトークの準備は正直手探りだった。
「しゃべればいいじゃんトークなんだから」というのは当然なんだけど、やっぱお客さんは市丸たちの活躍?を見たいわけだからなあ、と思うと、ノープランで話せる話はたくさんあるけど、それだけじゃダメだな、と思っていまして。

動画だとか写真を、昔のを掘り起こしたりして、ずいぶんPCと格闘する結果となりました。
まあ、会場側にお願いしちゃえばよかったのかもしれませんが、どうにもその辺、「持込完璧主義」という悪い癖が出ました。

じゃあ実際に持っていくノートPCはどれにするんだ、どうやったらデータは移せるのか、とか、今までだったら藤井に丸投げしていたことがすべて自分にのしかかってきまして。
ドラムのキッチンやチャビのお友だち?という入れ墨の人とかに助けてもらってなんとかかんとか当日にこぎ着けました。

なんでしょうかね。
中身を考えるのは考えなきゃしょうがないンでいいんですけど、この「出力問題」みたいなことになってくると、もうデジタル関係オンチの俺としてはもうどうにもできない。
PCの前で茫然自失、幽体離脱、ということも多々。

アイコちゃんも「あ、その辺はアイフォンから流せますし」とか「ギガファイル便で送ってくれれば」とか、簡単にいうけど、その単語がわからない52歳。

そういえば、ほたるんひめも携帯を使いこなしてたなー。
俺はメールと電話くらいなので、ほぼ人類の進歩を享受していない。
というか、享受できる能力に欠けている。

ほたるんひめはアイコちゃんほど若くはないけど、その辺で断絶がありますね。
とはいっても、使いこなしている60歳もいるだろうから、その辺は結局意欲なんだろうな。

ま、そもそもPCでやろうとしている時点で、考え方がアナログなんだと思います。
データとして考えたら携帯だって同じだもんね。
携帯で動画の切り取りとかだってできるし。

だからそのまま出力すればいいんですよ、っていうけど、携帯みたいに小さいモノに、動画のファイルが入っている、ということがまず信じられない。
だって、動画ってバイト数がデカイじゃん。
入るわけないじゃん、と思っちゃってましたね。

ま、この辺、今後の課題として取り組んでいきたいとは今は思うけど、次回もまた同じような幽体離脱を繰り返すんだと思います。

結局、俺は「学習」が嫌いなんだ。
練習大ッキライだし。
だからギターも向上しないんだよな。

この辺ダメだなあ、というのはわかっているんだけど、まあ「わかってるだけよしとする」、というダメ人間思考もあるので、これどうにもならない。


実際にまあやってみて、思いのほか市丸たちが緊張していたのか、なかなか話が引き出せなくてう~む、と。
でも彼らも続けてやっていけば「このやつね」みたいに思ってくれると思うので、本領発揮はこれからだ!

まあ、なんか終わってからの飲みに突入したあたりから本格的に「バカ帝国」になっていって、最終的に帰ってきたのは26時でしたわ。
あの辺が本編で出せたらよかったな。
その辺は反省。

まあ、おおむねいい評価をいただいて、といっても、そりゃわざわざやってきて「ダメでした」とはなかなか言えないもんでしょうからあれですけど、でも、気をよくしていろいろ考えてやっていきたいと思います。
とりあえず今回は、笑ってもらってなんぼという部分で、楽しかった、笑いすぎた、という感想をいただけてほっとしています。

ま、難しいことはともかく、基本、他の作業所なんかとは違う、ということが伝わってくれたらいいかな。
顔を出す、名前を覚えてもらう、そういうことを繰り返して、我々は相模原の事件を超えたいと思う。

入所施設からここに来たばかりの頃のオグラの映像なんかも、俺も改めて見てちょっと衝撃でした。
あんなに「無表情」だったっけ。
あんなに「歩けなかったんだっけ」。
まあ、もう忘れちゃってるなあ…。
こういう機会があると、それを思い出せて、とてもなんか我々も振り返れて、それはとてもよかった。

というわけで、次回もまたやらせてもらえそうなので、今回来た方も、また違った展開もがんばってやっていきますので、ぜひ来てくださいね。


会の中でも言いましたが、まだまだネタはありますし、今回登場してないメンバーの中にも多くの逸材が眠っていますから、次回もまだまだいけます。
彼らがど緊張しない策も弄して取り組みたいと思いますので、なにとぞ~。
やっぱ、もっとメンバー連れて行った方がいいな。
満員だろうが連れて行けばよかったな。
うちの場合、個々にしちゃうと緊張は高くなるけど、相乗効果でバカ度があがるから、それにも期待していきたい。

今回来て下さったみなさんは、お友だちを2人づつ連れてきていただく形で、スーパーネズミ講ちんどん、ということでやっていけたらいいな、と思っています。








(BGM:J Walk「何も言えなくて...夏」from「Japanese Pops 90's Red」)
→ま、夏に何も言えない人は冬も言えないんですけどね。
名曲の一つに数えられてる曲なんでしょうし、この頃の歌謡曲に疎い俺でもメロディは知ってるから、すごい曲なんだとは思いますが、ちょっとまあわからんです。
スポンサーサイト

<< 不穏試合の魅力 | ホーム | 今晩、新宿歌舞伎町でお待ちしています。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP