FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

やられた側の味方になる


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


機関紙の5月号で、ようことミツがこんなコトを書いていました。
機関紙はにじ屋で配布中、郵送希望の方はツイッターのDMなどで住所教えて下さい。


「佐藤さんの話の事!」

 佐藤さんが皆を集めて皆にネット会議の後、話をしてくれた!話の内容・中身は?!私が分かる範囲で分かる事を書きます!
 佐藤さんが・・皆に何か嫌な事をされたり&嫌な事を言われたりしたら・・直ぐ!その場で大きな声で叫んで言いな!そしたら・・皆、何事かと思って飛んで来てくれて、私なら私の見方になってくれるから・・っと。
 じゃなければ後で、こそっと!誰かに手紙や携帯のメールでも良いから・・言いな!じゃないと嫌な事を言われたり&されたりした時の有った事が無かった事になってしまうよ!っと。
 佐藤さんが・・皆に言った人が悪いんだから・・言われた人迄!自分が悪いんじゃないのかな?っとか思って落ち込んで考えちゃう・必要は無いよ! 縮こまら無くても良いんだよ!っと。
 後、佐藤さんが・・皆に言われた人&されたりした人の味方になってあげよう!っと。

 なので、佐藤さんに話をしてもらった後から・・何か私の嫌な事を言われたり・・されたりしたら・・その場で皆に大声で叫んで言ったり・・後でこそっと!誰かにメールとかでもちゃんと!言ってたりして行ってます。
 私としては良い話が聞けて少しは参考になったかな?!っと思いました。

以上!!「ネット・山口陽子」


 佐藤さんがある会議が終わったあとに、みんなに言って来ました。急にだれかが八つ当たりとかをして来たりしたらデッカイ声で叫んだりしろ、と言ったり、もう社会人何だからどんどん陰口を言ってきな、と言って来た。
 ので、凄く心に日っかがったことは直ぐに佐藤さんに言って、言ったら凄い心がスカッとして来て居る感じがして居るから、自分のみかたが居ると楽しいなと思いました。(ミツ)



これはどういうことかというと、結局ですね、まあいろいろなことが起きるわけですよ。
わかりやすい例でいうと、市丸が逆切れした、逆切れまでは行かないけど、イヤなことを言ってくる、睨んでくる、みたいなこととか。
そういう時に、まあ小競り合いに発展して、逆切れが青天井になってしまったりもするんです。

それはあまりよくないよな、と思っていて。
ただ、目には目を、というやり方は、どうやったってエスカレートするばかり。

まあよく市丸とコバなんかは小競り合いをしたりしています。
ケンカといっても、市丸は結局は面と向かうのは怖いし、コバはネコパンチだし、どうってことはないんだけど、禍根は残します。
それがまた市丸が睨む原因となり、睨まれたコバは手を出す、という。

どこかで見た感じの、報復の応酬、みたいな。
イラク戦争を見てるような。


どうしたもんかと思って、まあ俺も反省する、という話を始めて、これから例えカイに噛まれても、噛み返すのはやめよう、と。
ま、そもそも噛み返さないですが。

だけど、確かに、噛むのはカイが悪いよね。
市丸が睨むのも、市丸が悪いよね、と。
だからって、やりかえしてたって、いつまでも終わらないよね、と。

確かに噛まれたら腹も立つから、ぶっ飛ばしたくもなる。
でも、それやっても、また噛む原因になるだけだよ、と。


でもまあ、噛まれた側、睨まれた側の溜飲だって下げないことには彼らの納得は得られないと思い、「そういう場合は大声で言おう。そうしたら、まわりのみんなはどっちの味方になる?」と。
もちろん、睨まれた側の味方になる、とここで答えが返ってきます。
「だから、そういう時は、みんなで集まって、睨まれた人の味方になろう」というコトを言いました。

時ちょうど、この話の一週間後くらいにコバがまた「睨まれた!」と言い、みんなが「ええ~!コバ大丈夫!」と集まってきたら、それで市丸は逆上、コバを叩く、という段になって、それでも「ひどいよ~」とみんなは返す、ということがあったんだけど、つまり、「みんながやられた側の味方になる」ということが、やった側にとってもすごく効果があることなんだな、と逆に思ったワケなんですが。
で、まあすぐ、それは違うよね、とゆっくり市丸に話せば、「やらなきゃよかった」と市丸。

ま、こういうことを繰り返していくしかないんだなあ、と。


確かに、イジメだとかはいじめる側に問題がある、というのは当然なんだけど、だからって、そこをいじろうとしてもなかなか難しくて、もう、みんなでいじめられてる人に立ち向かおう、というね。
そういう形になって繰り返していけたら、「やらなきゃよかった」という思いがやった側にも積み重なっていってくれるのではないか、と、今は希望的観測でなんの根拠もないけれど、とりあえずそんなことをみんなと話している、ということです。


そして、これは別に彼らだけの問題じゃなくて、対専従、つまり健体者でも同じで、そういうメールもミツから来たりします。
そうだね、俺はミツの味方になるよ、と返信してるところです。

この話の後、ようこからもずいぶんいろいろな「イヤなことがあった!」メールが来るようになりました。

イヤなことがあったら言う。
言える。
そういう風にしていかなきゃだめだよな、と思うので、確かに彼らに非がある場合もあるわけですが、そこは不問に付して、今は「言ってもらえる」という環境を作りたいな、と思っているところです。








(BGM:Wet Wet Wet「Love Is All Around」from「NOW 1994 DISC01」)
→なんでしょ、このふざけた感じ、すげえ好きなんだよね。
しかも、どっかで聞いたメロディーがふんだんに入ってきて。
遊び心で曲を作れるってのは、とにかく天才だと思うのよね。
スポンサーサイト



<< プロレスは万国共通 | ホーム | 小2の魂 ★ 666新木場大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP