FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

貞子にリンクしない方が… ★ 映画 「貞子」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「貞子」を見てきましたけど。
ま、リング関係は見とかないと、という気持ちですね。

リングと言えば、Jホラーというジャンルを確立した名作中の名作。
とはいえ、今考えると、リングって最後にちょろっと貞子がテレビから出てくるだけで、基本そんなにホラー要素はなかったんですよね。
基本、謎解きものだったというか。
設定が恐ろしかったというか、じわじわと迫る恐怖が怖かったわけです。

同時に、迫害された超能力者が云々、というのが発端ですから、どこかオカルトマニアのツボをついてくるというか。
そして、いくらでもサイドストーリーが出来そう、というのもマニアが産まれる要因だったと思います。
自分なりに、リング画から派生するストーリーを作ることが出来ますから。
こういう「サイドストーリーができる物語」というのは、やっぱファンがつきます。
奥が深そうに、とりあえず「見える」し。

リングは「どう怖がらせようか」というより、もっともっと単純なストーリーだったんだよね。
松嶋菜々子さん、真田広之さんの演技ももちろん素晴らしかった。
特に、呪いのビデオの中身がとにかく怖かった。
あれはやっぱ画質や雰囲気なんだろうけど、こんなの見たら確かに呪われるわ…、という感じがしたもんな。
いや、まあ傑作ですよ、とにかく。

ホラーって言うのは、その画質や俳優さんの顔の演技、目線、なんかが勝負なんだよね。
あと、効果音、音楽。
急に、カメラの視点が向こう側に変わったり、主人公のPOVだけ、じゃない、というあたりも怖かったりする。
そりゃ、貞子の動きは怖い。
だからといって、貞子をバンバン出せばいい、というものではない。
逆に、貞子をバンバン出すと、もうコメディになっちゃうわけで。
効果音もやり過ぎればドリフになる。
ちょうどイイ感じでやってくれないとホラーにならない。
つまりまあ、ホラーとコメディはけっこう紙一重なんだわな。

だから、まあ見る前に「貞子はそんなに出して欲しくないなあ」と思ってましたし、「テレビから出てくる、という設定は変えないで欲しいなあ」とかは思ってた。

じゃないと、傑作・リングの続編としてダメだろ!と。
なにせ、リングは最後ちょこっとしか貞子出てきてないんだから。


というわけで、まあ「貞子」。
正直、リングの続編を作るというのは難しいですよ。
なにせ傑作だから。
けどまあ、リングつながりの方が興行成績は上がるだろうリングだけに、みたいな感じなのか。
いやいや、それはわかるが、もうこれは貞子抜きでやった方がよかったんじゃなかろうか。

話として、まず「呪いのビデオ」じゃない。
つまり、貞子関係なくない?と。
親に捨てられた子たちの怨念と貞子の怨念がリンクした、って話なんだけど、いやいやいや、リンクしなくてイイから。
貞子ヌキでも、けっこうちゃんと作れたと思うんだけどなあ。
話そのものは悪くないと思うだけに、ちょっと残念。

貞子として育てられた子役さんの演技は悪くなかったので、そこ軸にやっていけばよかったんじゃなかろうか。
子どもに罪はない、という描き方になったのはヒューマニズム観点から仕方ないのかもしれないけど、もっともっとこの子を邪悪に描けたろうに…。
オーメンっぽくいけたんではないか。
中盤まではその感じがあっただけに惜しい。
後半、急にヒューマニズムなんだよな…。
なんなんだろ、この落差。


途中、主人公の女の子、カウンセラーなんだけど、その子に背後から貞子が迫る場面。
これね、よかったと思うんだよ。
この女の子の演技も悪くなかった。
後ろから得体の知れないもの、貞子なんだけど、が迫ってくる感じがよく出てたし、そこだけ見たらけっこう恐怖を感じる場面だったんだ。
ここエンディングでよかったよなあ…。
一人で夜更けの病院の暗い廊下の中…、この恐怖はなかなかイイと思うんだけどね。

確かに霊がはっきりとその姿を現しているわけでもなければ、何体もの霊が来てるわけでもない。
けど、こういう恐怖が共感がもてるのよね。

にもかかわらず、この場面が全体を通して怖くないのは、前後の流れの中に埋没しているからですね。
最終的に、まあ子どもの霊をたくさん出しちゃって、主人公の弟が引っぱられるのがエンディング、だからなあ…。
弟を貞子と引っ張り合っちゃったらもうコントだよ…。
ちょっとチカラ技が過ぎる…。


前半の子役が邪悪、という設定で、もう一回撮り直して、もちろん貞子関係なく作ったらもうちょっと怖かったんじゃなかろうか。
この子役、なかなか怖かったよ。








sennkyoshou.jpg

(BGM:Bracket「Sour」from「Physical Fatness」)
→これはもうジャケ買い。
この曲はどっかリパブールサウンド感もあってかっこいい。
好き。
スポンサーサイト

<< 期待する日々 | ホーム | いい大会だった、ほんと。大満足。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP