FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

期待する日々


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



おかしいなあ、とは思って、市丸には何度かたずねたんです。
「お前、家でヒゲ剃ってるだろ?」

ま、どういうことかというと、市丸は朝来てから、こっちでヒゲを剃る約束になっています。
というのも、けっこうひげ剃りに固執しているところもあって、電気カミソリがつかえないとなると、ゴミ箱から拾ったひげ剃りで血まみれになったりする。
同時に、体質なんでしょう、ものすごい固いヒゲなので、けっこう電気カミソリの「カバー」というのが、壊れるんです。
すると、まあまた血まみれになる、という。

電気カミソリの会社とかが昔よく出勤前の人を捕まえてヒゲを剃らせ、「こんなに剃れるんですね」とかやってましたけど、いやいやいや、市丸のヒゲをもっと研究してくれ、と思うほどなんです。
実際、剃ってやっても、カミソリのカバーの穴に入らないというか、きちんと剃ってやろうとするとたいへん。

でもまあ、毎日やってれば、その強情なヒゲもなんとかはなるんで、新しい電気のヤツを買って、毎朝こっちでやりなさい、と言ってあったんです。
まあ、支配下でやらせた方が血まみれにならないだろう、というのと、電気ひげ剃りの寿命ですね。
それが彼の場合かなり早いサイクルになりますから、それを見極めたい、というのもありました。

充電は俺がする、ということで、「なくなりそうな音」というのがあるんだけど、それになると、彼は俺に充電を頼む。
その時についでに俺は電気ひげ剃りの寿命具合をみて、ついでにカバーとかを外して掃除をしていたわけです。

ところが、まあ単純な話、俺に充電を頼んでこなくなってたんですよ。
当然、おかしいわけです。
ひげ剃りに固執している市丸が、そんなことをするわけがない。
だからまあ、家でやってるな、とは思いました。

けどまあ、そこでどうこう言ってもしょうがない、というか、まあ、その時の忙しさもあったんだけど、まあ泳がせていたんですよね。
「お前家でやってるな?」とは言い、それで「やばい」と思えば行動を変えるかもしれない、とも思ったわけです。
それに期待したというか。
そうしたら、まあ不問に付すか、みたいなくらいの。

問題は、俺との約束を破ってる、ということです。
時ちょうど、市丸の逆切れについて、「俺が、そこでやめろ、と言ったらやめる」ということを最近言っていて、「やっぱ、約束を守らなきゃ、俺はもう話さない、君とは」というのを思い出させなきゃいけないなあ、というのもありました。

俺と話せない、となって、市丸は一週間ほど地獄の思いをしたこともあります。
最後は彼にはあり得ない感じの「泣き」が入りましたから、よほどこたえたんでしょう。
でもまあ、その時の気持ちはきっと忘れちゃったんですね。

ま、思い出させなきゃいけない時期かな、と。

すずやミズエが来てくれて、最近はケイコさんが腰痛で介助の方が難しい、ということで日中にじ屋に来てくれることになって、彼としては「よく事情を知らない人」「井上達のヒエラルキーにあまり関係ない人」というのが増えまして、まあそっちに流れればイイヤ、というのもあったんだろうな。
そこに逃げこめば、まあ自分の苦手なことから逃げられる。
でもまあ、それをしていても、井上達は逆切れする市丸は認めない。
ま、だんだんすずもミズエも逆切れする市丸には距離を置くようになってくると、彼としては行き場がなくなってもいた。
逆切れ警報も多くなっていた気がします。

同時に、まあ俺も悪かったんだ。
最近まで、朝、なかなか起きれない日が続いて、朝行けなかったりしていた。
にじ屋には俺は普段行かないから、そこで会えないとなかなか彼らとは会えない。
そのことが、市丸を不安定にしたのではないか?という気持ちもあって、ここ一二ヶ月復活してるわけですが、ま、そんなこともあった。

朝、俺にとりあえず「●○に行くからお金貸して」とか、「●○待ち合わせなんだけど、何時に出ればいいか」「●○行きたいんだけど、一緒に行って下さい」とか言っていたのができなくなったわけだから、彼としては予定が立たない不安があったろう。
ま、俺はかなり彼らに甘い、といわれているわけですが、微に入り細に入り結局「教えてあげちゃう」「段取りつけてやっちゃう」ところがあって、それは善し悪しだとは思うんだけど、まあ、そうやってやってきたものが出来ない、というのは彼としても不安要素だったに違いない。
だからまあ、俺の反省でもあるんだけど。
でもまあ、それと市丸の約束破りは引き替えるわけにはいかない。

んなわけで、まあ泊まりのTAROさんが家でヒゲを剃ってる市丸を発見。
その連絡は、実は早朝に俺のところにありました。
「いいの?家でやって?」という話で、まあTAROさんにばれても、俺にはバレないと踏んだんだろう、その朝、特にふだんと同じようにメシを食う市丸。
でもまあ、やばいなあ、とは思っていたと思うんだよね。
TAROさんには、「そういえばひげ剃りだけどさ…」って、朝食の時に話題にしてください、とは伝えてあって、まあそこで市丸陥落。

市丸は「怒られたい願望」みたいのもあるんで、それもどうかという思いがあって、こういうことを言うと怒るだろう、を逆にいうことがあるんですよ。
そういうのを全部無視して、後で運動が終わったら話す、とだけ言って、ヒゲソリを家から持ってこさせ、普通にメシを食いました。

ま、やいのやいのはありました。
おそらく、そのことが響いたんでしょう、昼時にもやらかし、どうなるかな、とは思ったんだけど、みんなと離し、隔離。
俺と二人でちょっと話をしたりしなかったり、まあ「このままじゃやばいなあ」と。
市丸の「怒らせ」には付き合わず、ずっとそう言ってたら、まあ落ち着いたみたいで。
まあ、この時はうまくいきました。
ホッとしました。

逆切れしても、落ち着けば大丈夫、っていう成功体験をさせたいわけで、逆切れしたらダメ!ではあるんだけど、断罪してもしょうがないわけで。
とはいえ、やられた方、イヤなコト言われた方は、「また市丸ガア!」となりますから、騒ぎはでかくなってしまう。
でかくなれば市丸も引っ込みがつかない。
けれど、「イヤなことをやられたら、みんなに言う」ということをみんなには言ってるから、「ここで騒ぎを大きくしないで…」とも言えない。
とりあえず市丸を止めもしなければならない。


ま、結局隔離になるんだけど、といっても、台所で話すくらいですが。
いい季節なら駐車場で話してもいいんだけど、最近は暑くて。

でもまあ、うまくいかない時もあり、力不足、魔術不足を痛感するわけですが、まあうまくいったりいかなかったり。
とはいえ、俺の言うことは基本聞くし、帰るのはイヤなんだよね、市丸は。
だからまあ、魔術をかける素地はできあがっているわけだけど、なかなかに難しい。

その中で、ちょっとづつでもかわってくれたらいいなあ、と期待してる日々。








sennkyoshou.jpg

(BGM:the chinkees「you don't know」from「PUNK TRASH」)
→スカ風味、ホーンはないけど。
キーボードがイイ感じだね、これ。
楽しそうでいいわ。
スポンサーサイト

<< にじ屋「選挙に行こう!」シリーズ②を7/14に開催します | ホーム | 貞子にリンクしない方が… ★ 映画 「貞子」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP