FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

恥ずかしい話


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



まあ、実際に俺はそういう境遇に置かれたことがないのでわからないと言えばわからない、ということはまあ最初に書いておいて。

売春、ってのが、援助交際、みたいになったのはおそらくバブルの頃だったか。
つまりはまあ、「援助する余裕ができましたバブルのおかげで」(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4090.html)って話なんだろうけど。
同時に、「奔放な女子高生」みたいなおそらく「作られた」女子高生ブームもあって、「誰だってやってる」という雰囲気もできあがりまして。
それによって、売春は「援助交際」って言葉に変わって、カラダを売るというハードルは下がりました。

「カラダを売って何が悪いの?」みたいな言説もネットニュースとかで流れてきますが、アレも恐らく「作られた意見」って気がしますね。
実際にはそういう人もいるでしょうが、その一つを取り上げることで、「そういう女子高生とか大学生がいる」、ってことが「オトコ」に夢を与える。
そういうニュースの一つだと思います。

最近は、その上「援助専用アプリ」だとか「不倫専用アプリ」みたいなのもあるとかの流れになって。
こうなると、「みんなやってるんだから」という「雰囲気」はさらにアップ。
ハードルはどんどん下がっていきます。

ま、これですね、オトコの欲望をどう満たすか?というコトに沿って進められている陰謀のようなモノだと思いませんか?。
欲望だけじゃなくて、願望も満たしてくれる、というか、実際にコトに及ばなくても、「そういうオンナが普通にいるんだなあ」「あのオンナも?」「俺にもチャンスあるかも?」「興奮するなあ」みたいな。


自分の若い頃のことを考えると、あまりこういう偉そうなことを言えないんだけど。
けっこう若い頃はかっこよかったので、モテる、と自分で思っていました。
実際、まあそういうモテる経験というのはあった。

まあ、今考えると恥ずかしいですけど。
なぜ恥ずかしいかというと、確かに女性側から「抱いて」と言われるのはまあ、いいとして、そういう経験が増えていくと、「誰でも俺に抱かれたがってる」という風に「勘違い」してしまうのよね。
それがなんか肥大していくと、「なんでお前は俺と寝ないんだ!」みたいなことになっていってしまう。

まあ、もうこれは懺悔ですけど。

ある時に、「この流れだと寝れるな」と思っていた、…それがもう思い込みで恥ずかしいんだけど、それができなかった時、「あ、俺、勘違いしてたわ」って素直に思えまして。
百戦錬磨の達人が(と書くのも恥ずかしいのだが)、一度の躓きでそう思えたのはありがたかったな、と今は感謝しているところで。

今、けっこうお酒に睡眠薬を混ぜて無理矢理セックスしちゃう、みたいなことがよくツイートでも流れてきて。
「なんで俺と寝ないんだ」みたいなことが肥大した結果なのかもしれないよな、とか思ったりするわけですが。
つまりはまあ、女性を同じ人間と思ってない、セックスする「モノ」のように考えている感じ、というか。

そういうことに今、嫌悪感を抱けるようになったのは、その時の「あ、俺、勘違いしてたわ」に集約されるので、その時の出来事はとてもありがたいと思ってまして。


愛してる、愛してない、というのは確かに感情の問題として存在するんだけど、それとは別に「セックスする」というのはあるんだと思う。
それを否定するモノでもない。
動物の本能だし。

とはいえ人間ですから。
セックスに至る過程というのがあるわけで、そこにまあ意味があるというか、そこに駆け引きとかがあって重要だったというか、そういう部分があるわけで、それを薬物でなんとかしちゃう、ってのが、正直意味分からない。
何が楽しい?のかわからない。
それは勲章でも何でもないではないか?
勲章は薬物であって、君は関係ないじゃん、みたいな。


まあ、ちょっと話が飛びましたけど、カラダを売る、って話に戻すと、結局ですね、この手のコトって、「オトコ目線での論議」でしかないように思うんですよ。
先の「カラダを売って何が悪い」という女性がいたとして、それが表に出て意見を言えない、という状況がそもそもオトコ優位を証明してる感じがあります。

で、結局は、オトコの欲望を満たすような論議にしかなってない。
薬物で強姦したのが無罪だとか、結局それが肥大した結果にも見える。


なんか、だから、何が言いたいかというと、援助交際アプリだとか「みんなやってる」とかって、オトコが作り出した、オトコに都合のいい「雰囲気」だ、ってこと。
「そういう時代なんだ」「そういうオンナもいるんだから」というのも、オトコに都合のいい「時代」ってことでしかなくて。

根本的に日本というのはオトコ社会でできているんだ、ということをもっとみんな理解した方がいいよな、って話です。
「女性活躍」だとか言うけど、それもなんか、オトコ社会のなんらかの「作為」を疑った方がいいのかも。





akigasebulog.jpg

wannmannblog.jpg

(BGM:chicken Killers「13 FRIDAY NIGHT」from「ROOKIE」)
→終始ボーカルがずれてんのよね。
で、それがかっこいいのよ。
全体としては、初期ルースターズっぽいサウンドに仕上がってまして。
スポンサーサイト



<< 最恐のデキ ★ 映画 「コンジアム」 | ホーム | うまい答え方 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP