FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

俺はゲスな話が好き


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




個人的にも、虹の会的にも、選挙に行ってほしいな、と思っています。
前にも書きましたが、そもそも市丸たちは政治的な存在だと思うからです(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4844.html)。

誰に投票するか、みたいなことは、各々考えてくれればいいんですけど、とにかくまあ行かなきゃ始まらない。

俺としては、あきらめてほしくない。
自分は別にどうでもいい、のなら、市丸たちのために行ってください。
にじ屋の給料と障害年金でかつかつで家賃と飯代と遊び代をねん出してる彼らのために、行ってください。

これを読んだり、にじ屋に来るみなさんは、きっと市丸たちにも親近感を覚えてもらってるかと思います。
にじ屋などでは、市丸たちにたくさん話しかけてくれるお客さんも多い。
バレンタイン企画では、多くのチョコもいただきました。

ビラ配りを市丸としていると、よく市丸に声がかかるんです。
俺はあまりにじ屋には行かないこともあるし、誰かわからない。
でも、市丸はなんか知ってる風にしゃべってる。
それだけ、市丸は皆さんの中に認知されているんだな、とうれしく思います。

そんな市丸たちのために、選挙に行ってください。
ま、ホントは自分のためではあるでしょうけど、とにかく投票率は上がった方がいい、と思いますので。


という思いを込めて、にじ屋では選挙に行こう企画を考えました。
先月にはストレートに選挙に行こう的な企画をやりましたが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4852.html)、今回はちょっと俺の個人企画、ということで、なんかふざけています。

いや、ふざけてはいないんです。
大真面目なんですけど。

とにかく選挙に興味をもってほしいと思うんですよね。
で、興味っていうと、やっぱ「ゲスな話」じゃないですかぁ。

…え?俺だけ?
俺はやっぱなんか「裏話」とか、「実はさあ…」みたいな話が好きだし、選挙だろうが何だろうが、そういう「きな臭い話」が大好物。
なもんで、「選挙のゲスいい話」というのを企画してみました。

だって、聞きたくないですか?
(以下、最初に断っておきますが、今回そのこと自体の話がきけるかどうかはわからない、ということを言っておきます念為。)
例えば、ドリルで証拠隠滅するようなチカラ技やっちゃう人が、どうして当選するのか?
俺は不思議でならないわけですよね。

それとか、組織票とかいうけど、実際に本気でみんな、社長に命令された人に投票するわけ?とか。
中には、「誰に入れたかわかるんだからな」みたいな恫喝する組織もあるようなので、いやいや~、お宅、ホントに「誰に入れたかわかるの?」とか思うんだけど…。
でも、まあ組織票は強いとか言いますよね。

まあ、その辺については、一つ、思い当たることはあるんです。
これ、書いたかどうか忘れましたけど、昔、かなり昔ですけど、とある駅で人待ちをしていたんです。
車で。
時ちょうど、選挙の真っ最中で、賄賂かなんかで辞職した自民党の候補者が性懲りもなく立っていて、その人が演説してたんですよ。
で、まあロータリーが広い駅だったんで、こっち側で車停めて待ってたんです。
そしたら、その人がやってきたんだけど、まあ駅側じゃない方面に停めていたんで、軽くクラクション鳴らしたんですよ。
そしたら、まあ気づいてくれて、その人がやってきて乗ったんですけど。
で、発車しようとしたら、別の男が来まして。
その人が前から来たもんで、発車できなくなった。

で、その人、もう絵にかいたような着流しの和服を着てサングラスした人。
正直、吹きそうになりました。
だって、映画でしか見たことないよ、こんなわかりやすい服装。
ホントにいるんだ!みたいな感じで、笑いそうになったけど、まあよくわからないし、こういう手合いは刺激せずにハイハイいうに限るんで、車内、笑いをこらえましてね。
で、「窓開けろ」みたいなゼスチャーするもんで、開けました。
そしてその男は言いましたね。
「先生の演説中に、何クラクション鳴らしてんだ?」みたいなことを静かに。
「あ、すいませんでした」と言いまして、まあそれ以上何かあったわけじゃないけど、正直、「こいつ落ちるな」と思ったんです。
ま、落ちました。
その前の不祥事がでかかったんですよね。
けっこう大物だったのに、この時はまた不祥事で落ちてたんでちゃんとしてましたわ。


というかですね、話がずれましたけど、何を言いたいかというと、「こういう怖い人たちがまわりにいる」ということなんですよ。
だから、そんな映画に出てくるような着流しの男に「わかってるよな。先生に入れて来いよ。誰に入れたかわかるからな」と言われれば、まあ、笑いをまずこらえるでしょうけど、同時に「まあ、怖いから入れとくか」となってしまうのはあり得る話だよな、と。

今も、自民党の演説とかの動画がツイッターとかで流れてきますけど、今でもすげえ怖い人がいるのね。
もう見るからに、みたいな黒いスーツ着て、怖い人の髪型してる人。
で、安倍さんにヤジを飛ばす人にヤジを飛ばしたりして。
巻き舌だったりして、もう絵にかいたような感じでね。
「お前こそ安倍さんの話聞く気ないな?」みたいなことも我関せず、もうがなってる男とかいるんですよね。
いやいや、笑っちゃいけない、怖いから。
なに因縁つけられるかわかりませんよ。

因縁っつうか、もし、「安倍さんに入れるんだろうな。入れなかったらわかるんだからな」とかこの人に言われかねないので、近寄らないに限ります。
というか、こんな親衛隊がついてる議員には誰だって近寄りたくないですけどね。

でもまあ、入れちゃう人がいるわけだ。
この辺の不思議ね。

どう考えたって、「クラクション鳴らすなよ」と言われたら、いわれた俺は入れないでしょ。
というか乗ってるみんな入れない。
にもかかわらず、言ってくる不思議ってのもあります。
最近の動画のその黒スーツも、そんなことやってたら逆効果じゃないの?って思うけど、まあ動画撮られても堂々とやってるんだよな。

意味が分からない。

この辺なんですよね。
選挙がきな臭いのは。
まあ、金に直結してる、というのもあるんだと思うんですけどね。
その辺の金の話は当日いろいろ話そうと思ってますが。

みなさんも、聞きたいことってないですか?
「ぶっちゃけ、どうなん?」みたいな。
ま、それだとかなり浅く広く過ぎなので、もうちょっと絞って質問してくれると助かるんですが、まあ答えられるかどうかはわかりませんが、知ってることはこの日はすべて話す、ということでゲストとも打ち合わせ済みであります故、ぜひみなさん聞きたいことはここで聞いちゃいましょう。

で、そういう会になるため、ノーツイートを約束した上で参加していただくことになります。
写真もダメです。
後にその内容をネットに上げる、ゲストが誰だったかをあげる、もダメです。

来てもらった人の記憶にだけ残りたい。
記録より、記憶に残りたい、というアレです。

ま、なにより、なににしても、選挙ってものがなんなのか?を知る一つの機会になってくれたらいいし、これで選挙に興味を持ってもらえればいいかな、と思っています。

それと、「選挙は難しい話じゃない」ってこと。
ゲスでいいじゃない。
俺なんかは、何の話でもゲスな話が大好きです。
「ゲスいい」だったら、なお好きです。

別に、わからなきゃ、わからないなりに参加したらいいんですよ。
そういうモノだと俺は思います。


というわけで、7・14は、にじ屋に来てください。
安価でお酒やノンアル、つまみ関係を出す予定です。
終了後は、そのまま安価参加費で飲み会をやろうと思います。

ノーツイートだけ守っていただいて、あとはお気楽にどうぞ~。








sennkyoshou.jpg

tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:長岡成貢「Moonlight Serenade」from「Slow Music Style CINEMA AMERCA」)
→名曲ですね。
こういう部分部分、バックのコードをうまいことずらすというか、そういうの、かっこいいなあ。
すらしてるわけじゃないのか、でもまあ、原曲とは違うわな。
誰でも知ってる曲だから、バックのコードをちょっとちがくするくらいがちょうどいい。
スポンサーサイト



<< 穏やかな時間 | ホーム | 日本は52番目の州なのか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP