FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

明日、必ずあなたに恋に落ちると約束できますか


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレするし。


「Mr.&Mrs. スパイ」

これ、いいわ。
泣いたわ。

普通の夫婦、というか、これがまあ愛らしい一般市民というか、イイ隣人一直線というか、素晴らしい憧れるご夫婦なんだけど、そのお隣にスパイが越してくる、と。
で、その夫婦がスパイ活動に巻き込まれていく、というコメディ。

一見冷徹、冷静なスパイ夫婦に対して、一般市民のおたおたする普通の夫婦の対比が面白いわけだけど、どんどんこの両夫婦に惹かれていく作りになっておりまして。

スジはあってないようなモノなので書くのも難しいわけですが、これは面白いのでヒマがあったらみんな見た方がイイと思います。


「笑う大天使」

これ、全然意味分からないし、面白くない。


「土竜の唄 香港狂騒曲」

調子に乗りすぎましたかね。
といって、やり過ぎくらいがちょうどいいわけで、このくらい調子に乗っちゃわないとコントにもならない、という気もしなくもない。

問題は、このコミック感にどれくらいついて行けるか、なんでしょうかね。
全編都合がいいというか、アッパー系というか。

正直まあ、俺としては面白いけど疲れます。


「恋する女たち」

斉藤由貴さん主演。
1986年の作品らしい。
柳葉敏郎さんが高校生役で出ています。

いわゆる女子高生が恋にこがれる、みたいな話なんだが、この系は男子主演でも女子主演でも数多くあります。
恋に憧れるが相手がいない悶々とした感じ、というね。
といって、問題は斉藤由貴さんが高校生だったらモテモテだろう、というアタリですね。
アイドルを主演にしたい、ということが先なので、その辺はしょうがないじゃん、という意見もありましょうが、リアル感はないし、ブスの気持ちになってみろ!という風当たりも感じるところであります。

ま、高校時分はいろいろ悩みますが、その多くは恋愛と言ってイイ。
…俺だけか。

今考えれば、別に男も女も異性には興味があるし、恋もしたい。
だからお互いに一歩歩み寄ればいいのではないか、みたいなコトも思うわけですが今になれば。
とはいえ、そんなことはうすうすわかっていても、なかなか行動には移せないのがチェリーボム。
じゃあ話せばイイじゃない、ということになるが、話すこと自体が悩みなのでどうにもこうにも…。

笑い話で、意中の人をホテルに誘うには?という答えに、ホテルの前で「私はこれから家に帰ってオナニーする。あなたもオナニーする。だったらここでホテルに入るのが合理的じゃない?」というのがあります。
まあ、そりゃそうなんですが、それを「そんなの合理的じゃないよ、だって私はオナニーが好き!」「私もオナニー好き!オナニーがしたいんだもん!」という言葉でマンガの中で切って返したのが蛭子能収さんだったか。

つまりはまあ、もう結局そうなっちゃうとなかなかに難しいことで。
チェリーにとってはいろいろな段階を踏んで発射に到達するよりは右手の方が簡単、みたいなこともあったりなかったり…。
それはもう悩むわなあ。
そもそもこんなこと話し合ったところで悩むわけでなあ。
ってか、セックスがイコール恋、というわけでもないしなあ。

なんだかんだ、やっぱ恋愛ってのは難しい、と。


「50回目のファーストキス」

短期記憶が落ちていってしまうヒロインに恋をする男の物語。
短期記憶が落ちるってのは、つまり昨日のことを覚えていない、みたいな。

これね、まあタイヘンです。
昨日出会って恋に落ちたのに、今日覚えてないんだから。
毎日がファーストキス、みたいな。

いやあ、もうこうなっちゃうとなかなかに社会生活は難しくなっていくわけですが、この二人はそれを乗り越えていきます。

ま、実際にはどうなんでしょうね、って話を始めるともう想像でしかないし、アレなんだけど、いや、やっぱつらいよね、これ…。









tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:ジャパハリネット「物憂げ世情」from「STREET ROCK FILE VOL.6」)
→やっぱ、今の若者の「ストリートロック」には多少の偏見があります。
その多くはやっぱ「うまい」んだな、演奏が。
ま、当たり前なんですけど。
ちょっとそこに「パッケージされたロック」を感じてしまったり。
うまいとしたら、そっからもう1枚座布団を重ねて欲しいんだなきっと。
スポンサーサイト

<< 親はなくとも | ホーム | 明日、奴隷やめちゃおう! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP