FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

コバが楽しめる ★ 映画 「ファブル」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



というわけで、コバと「ファブル」という映画を見てきました。
原作はマンガのようで、アオテツが「マンガ面白かったよ」と言ってましたので、コバが行きたいというので、まあ行ってもいいかと一緒にいってきた。
ジャニーズの岡田さん主演ということで、まあコバはジャニーズ好きなのよね。

ま、簡単に言うとアクション巨編。
凄腕殺し屋の岡田さんが、「一年間殺しをしないで普通の生活をしろ」とボスに命令されて、おとなしく暮らそうとするんだが、思わぬ事件に巻き込まれ…、という。

岡田さんのキャラクターがおかしくて、愛くるしいというか、なかなかひきこまれる。
それでいて最強。
まあ、マンガにありがちな主人公であります。
加えて、まっすぐで純真、しかも超美人でAV出演を拒否し、みたいな理想的なヒロイン。
岡田さんの普通の生活を支えるのは街のデザイン会社のちょっとまぬけな社長さん。
そこに、アタマのおかしい出所したばかりの若いヤクザ、組みを乗っ取ろうと策を弄する若ヤクザ、まとめようとする親分、という、まあなんでしょう、キャラクターがもうマンガですね。
そりゃもう、問題が起きないわけがない。
しかも、いいやつ悪い奴がはっきりしています。

いやしかし、冷静に考えるとですね、岡田さんはこれまでも冷徹にすげえ人数殺してきちゃってるんですよ。
数百人じゃきかない、くらい。
確かに悪い奴を殺しているのかもしれないが、悪い奴に依頼されて、いわば内紛で殺したりしてるわけで、どうなんですかね。

まあ、どっちも悪党、殺したってよかろうみたいな意見もあろうかと思いますが、う~むとおもうところもありますね。

つまりまあ、どうなんでしょう。
殺し屋だって人間です、ってそりゃそうなんだけど、じゃあ彼が殺してきたという罪はどうなるのか?というか。

この映画の中では岡田さんに対して「お前にとって命ってなんだ?」という問いがあります。
その答えは実ははっきりと出ないまま終わるんですけど、それもそのはず、岡田さんは殺人鬼になるべく育てられた子だったからです。

つまりまあ、善悪の区別を教えられなかった子、ということで、その辺の岡田さんの罪を全部吹っ飛ばしているのがこの映画の特徴。
それでいて、どうもその岡田さんを育てた親分?親?というのがまた実はヒューマニズムがあふれている感じもしなくもない。
その辺はどうもよくわからないまま終わります。
パート2ではっきりするんでしょうか。
って続編あるのかないのか。


というわけで、まあ映画の内容ですけど、楽しかったです。
コバ曰く「スリルがありました」ということなんだけど、救出劇なんで、確かにスリル満点。
けどねえ、まあ、ありがちというか、映画らしいスリル?でありまして。
映画のセオリー通り、という感じの。
その点、ちょっと惜しいかな、と。

でも、すげえちゃんと作られてるし、メジャー映画としてきちんとできてますから、面白くはできています。
マンガ的キャラクター設定、映画らしい展開とスリルの演出、という意味では満点です。
ただまあ、それって想定内満点なので、逆に言うと文句のつけようもないし、突き抜けた何かがあるわけでもないという、一番困った作品ではあるような…。


でもまあ、どうやって撮ったんだかアクションの動きもすげえし、アタマ空っぽにして見る分には面白いのかな。
そして何も残りません、ということで、ちょうどいいという感じではある気がする。
映画ってそういうモノでもあるからね。
そういう意味では、もうすげえ完成された映画であります。

いや、悪く言っちゃった感じかもしれないけど、そうじゃなくて、俺もすげえ楽しめた。
おもしろかったですよ。

コバも楽しかったというのだから、まあけっこう広く多くの人に楽しめる映画かと。







baka.jpg

(BGM:シズヲバンド「まけ犬」from「世界ノ中心デ馬鹿ナコトヲ叫ブ」)
→なぎらさんが歌っています。
なぎら節全開。
これ、かっこいい。
歌詞もいい。
バックもいいんだよね。
なんか泣かせる。
スポンサーサイト



<< 「手紙を書いてご飯を食べて風呂に入って寝る」 | ホーム | 次はぜひあなたも「スーパー単独ちんどん」も目撃して! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP