FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

距離感とお盆休みと距離感


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




お盆休みということで。
まあ、休みですから寝てりゃいいんですけど。

実家に帰った連中もいますが、そうじゃない連中は各々色々誘い合って出かけてたようで。
まあ、実家の予定もわかりませんし、実家に帰って親と一緒の生活を過ごすのも普段はできないのでイイと思いますんで、あまり誘われたりはしないようですが、そうじゃない連中はけっこうあちこち行ってたらしい。
休み明けて聞いてみたら、ノブやしのさんやケイコは浅草に飲みに行ったとか、ギンザに行ったとか、鬼太郎見に行ってきたとか、アクロバットを見てきたとか、プロレス行ったとか、いろいろ言ってました。

休みにまあこうやって誘い合う、ってのは正直彼らにとっては難しいんですけど、まあそのへんはやっぱ歯車はかけてはやります。
結局は、「休みだけど一緒に遊びに行けた」という成功体験が重要なわけで、経過よりも先にそっちかな、とか思ったり。

んなわけで、俺はあまりみんなとどっかに行ったりはしなかったんですが、まあ俺が行くとなんとなく「先生と行く」みたいな感じになりますし。
でもオグラとは一緒に行ったりして。

というのも、オグラはこういう時にやっぱ「誘われにくい存在」でありまして。
それもそのはず、まあ最初施設からこっちに来た時に、かなり荒れてました。
漏らしたりもしてて。
最近はそんなことはないんだけど。

そもそもは高等部時代には生徒会長も務め、マラソンも上位、文化祭でも中心、学校中の中心だったという彼は施設に行って歩けなくなってこっちに来たんだけど。
最初は廃人だったな、うん。
でもまあ、最近は会話も通じるようになったし、そもそも能力はすごく高いから、話し始めると井上何かよりもずっと会話が通じる。

やっと人間らしくなったなあ、とか思ってて。

でもまあ、やっぱ最初のアレがありますから、なかなか誘われにくいし、実家にも帰っていたので、なかなかね、「実家から出てこい」というのは難しい。
という状況の中、でも実家は実家でお母さんが今年亡くなったり、お姉ちゃんの調子もちょっとよくない。
でもまあ、お姉ちゃんが一緒に住んでる相手は俺の仲間でもあったりして、「一緒に遊びに行こうか」みたいのが成り立ちやすく。
浅草で演芸とかを見てきたんだけど、演芸がわかるんだよねオグラは。
人情話とかに泣いちゃう感じの。

まあ、楽しかったですね。

やっぱ演芸場とかに行くのはイイですね。
テレビってのがどれだけつまんないかがよくわかる。

ああ、林家ペーさんってこんなにブラックなんだ、みたいな。
テレビに出る時はテレビ用にきちんとやってんだね、あの人は。
というか、テレビに出る人はみんなそうか。
そうやってキャラ付けをされて、その中でテレビで演じてる。
アタマがイイ。
でもまあ、本当の芸はそこにはないんだなあ、と。
そして、舞台の芸の方が格段に面白い、という。

俺もとても堪能して帰ってきたわけですけど。

そういえば、初日にもオグラとはプロレスに行ってて。
これがまあ、イケメン選手が出てて、もう入場だけで面白いですから。
何が面白いってわけでもないんだけど、なんだろう、とにかく笑っちゃう。
こればっかりは見に行ってもらった方がイイと思うので、ぜひプロレス未見の方は一緒に行きましょう。


ま、んで、お盆明け、どういう顔でみんな帰ってくるかと思ったけど、イイ顔して帰ってきていたので(1人のぞく、その件はまた後で書こうhttp://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4908.html)、まあよかったな、と。

これだけ休みが続くというのはなかなかないし、みんなが休みだからこそ「一緒に行こう」みたいな話も出やすいわけだしね。
いつもだったらバラバラに休みだから、なかなかこういう感じにはなりにくいかったり。

それに、実家に帰った組も、親御さんは正直きつかったという人もいるでしょうが、まあ時にはいいんじゃないですかね。
それがまあ前は毎日だったわけだからね。
お疲れさまだよ、ホント。
今、ウチに来てない、井上達の同級生達はどういう暮らししてるんだろう、と思うと、なんかもう辛くなりますね。
親御さんも辛かろうし、本人にとっても広がる世界がないから出口がない感じだろうし。

コバなんかは、家出をしてきたから実家がない、ということではあるけど、その後連絡が取れなかったお母さんとは連絡が取れたんで、帰れなくはないんですが、彼は帰る選択をしてない。
それはまあ、いろいろと事情はあるんだろうけど、それが彼の平穏な感じを維持してるようにも思います。
そのコバもまあみんなに誘われてなんだかんだほとんどの日を誰かと一緒に過ごしていたようです。

オグラも義理の兄ちゃんと過ごすといってもまあ限界もありますよ。
でもまあ、休みの最中でも時に一緒に出かけられる環境にはあって。

なんだろうなあ。
まあ、幸せな距離感、なんだと思います。
親からも、俺たちからも、イイ距離感を作ってやんないと、やっぱ苦しくなっちゃうじゃん。
お互いに。

休み中に市丸たちと出かけるコトについて、「休みなのに云々」とかいう人がいるけれど、いや、やっぱ遊びに行ってるだけなんだよね。
それも別に強制でもなく、行ける日と興味さえ一致すれば、そりゃ市丸がいた方が楽しいですよ。

というか、まずウチの連中の多くは「誰かと一緒にどっか行きたい!」が勝ってるからね。
そこがまず一つ段階を越えてるんでラクですね。
これが「連れて行く」、「めんどうみる」となると、もう辛いわな。


ま、一生懸命になりすぎれば距離感近くなっちゃうし、それだとやっぱ息苦しいし、一生懸命だけれども距離感を空けて、みたいな関係を今年のあと半分がんばろうかな、と思います。

無理しない。
俺らも親も家族も。
無理すればかならずどっか破綻していく。











baka.jpg

(BGM:Towner Williams「STAR WARS」from「tomorrow」)
→「明日」と題されたコンピだけど、まあテキトウに作ってるのかどうなのか。
「この素晴らしき世界」はいい、「雨に濡れても」もまあいいとしよう。
「明日に架ける橋」に至ってはそのまんまだし、最後のナンバーは「あしたのジョー」。
…ぎゃははははは。
そしてまあ、この曲はなんで明日かがよくわからない。
スポンサーサイト



<< まず自分 | ホーム | 8/26はぜひ歌舞伎町に来て! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP