FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ものすごく無理をしてよく言えば


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




お盆明け初日の朝。
アクムは5月にこっちに来て、まあ中学から引きこもっていたというし、こっちに来ても気に入らないとパンチは当然、非常ベルを押す、みたいな男ですが、始めてお盆に実家に帰りました。
どうかなあ、とは思ったんですが、戻っては来てましたが、またゲームだとか荷物持ってきてて、どうなんだろうなあ。
う~ん…。

過去には家でも暴れていたというから、彼が何がしたいのかはよくわからないんだろう。
なにかわからないけど、とにかく暴れてる、というか、反社会的行動を取らなきゃどうにもならない気持ちなんだろうか。

とはいえ、こっちに来てからは耐えてはいたと思う。
おそらく一生の中で最もがんばっていたといっていいだろう。
パンチも減り、まあ耐える感じは伝わってくるが(ほっといていて、好き勝手やってるんだけど、つまり何に耐えているかはわからない)、まあ「言うことを聞いてくれる人」はいないので、というか、「何でも聞いてくれる家来」ですね、はいませんから。
彼としてはもう辛いのかもしれません。

でもまあ、世の中お前に家来などつきませんから。
そりゃ、きちんと話をすれば聞いてやりますけど、暴れたら何とかなる、というのはやっぱダメなんで。
まずそのことをわかってもらわなきゃならないなあ、と思うわけですが。


で、こっちに戻ってきてどうなるかなあ、とは思ったんですけど、朝はやっぱ荒れてまして。
「いただきます」すらまた言えなくなって。
ちょっと小言を言うとパンチを飛ばすんで、ちょっと座って落ち着け、といったら、そこにあった市丸の携帯をバキッ!と。
開くタイプのガラケーを割りまして。

ああ、こりゃ市丸が激昂して大騒動になるなあ、と。
お盆明けからメンドクセエなあ、と思っていたんです。

ただ、まあこっちの初動がよかった。
たまたま俺と外口さんがいたのもよかった。
「市丸、大丈夫だ、携帯はちょうど古かったから(これはガチ)、変える時だったから、新しいのにしようぜ」みたいなノリで外口さんと俺が笑顔で市丸に対していく。
壊しちゃったハヤテに関しては、もう後回し。
「何色にする?」とか言ったりして。

一度やっぱ怒鳴ったモノの、それでも市丸はそれで納まりました。

これね、一回こうやって納まっちゃうと、まわりの見方が変わりますよ、やっぱ。
「市丸落ち着いてるじゃん」みたいな。
携帯大好き主義の市丸が、すげえじゃん、みたいな。
「大人じゃん」みたいなことを矢継ぎ早に来る人来る人から言われる。
「ちょうど変えるいい機会だよ」みたいな。

そうなると、相乗的に市丸は好転。
「俺、落ち着いてるから」みたいなことも言い出す。
思い出させるとあれなんで、そういうの朝、みんなで繰り返したりして。
「やっぱ、新しい色にした方がイイよ」とかなんとか。

ま、丸め込んでますけどね。

とはいえ、だからといって、市丸がハヤテをぶっ飛ばしたところで携帯が直るわけでもなし、あまり意味はないんですよね。
しかも、どうも市丸は「目には目を」なんだよね。
それでいて腕力は強いし、逆切れを止めようとしても、正直俺でも勝てないな、と思う時はあるくらいの。
手加減を知らないから、いい結果は産まないのは目に見えている。

だからまあ、「金持ち喧嘩せず」じゃないですけど、落ち着きなさいな、と。
ハヤテは悪いことをした、とんでもないやろうだ、でも、お前も同じ仲間でいいのか?。
ここで殴ったら、同じだぞ、と。
その後もハヤテは話をしようとする俺に噛みつこう、パンチしよう、頭突きしよう、が止まらないので、まあそれでも市丸に比べれば体重も軽いので制圧するのは容易なんですが、まあ、困ったもんというか。
こっちが必死に止めるアレでもないというか、もう、なんだか小動物が暴れてるみたいなばかばかしさというか。

やっぱ戻るね。
この三ヶ月積み重ねたモノが、ちょっとお盆に実家に帰っただけで、まあ実家モードに戻っちゃうもんだなあ、と。
ま、誰しもそうだし、そのうちそれも幅を持ちながら戻らなくはなっていくんですけど、まあ初回だからな。
こっちも油断してた。

まあ、こっからですね。
まだ三ヶ月か。
先は長いから、まあがんばらなきゃな、と思いますが、一緒にこうやって市丸をのせてくれるような「役者という仲間」がウチにはたくさんいますから、なんとかなるかな、と思っています。

これね、もう俺一人とかだったら、もうさじ投げてます。
親御さんもここまでよく頑張ったと思うわ。


それにしても、アクムが来て、アクムはまあまだ何にもみんなに貢献することなんかやってないけど、こうやって市丸がなんか「アクムの先輩」として、かっこいいことをできるきっかけはくれたような気がしたり。

ものすごく無理をしてよく言えば、

「人は必ず、誰かの役には立っている」

のかもしれない。







baka.jpg

(BGM:バーニングファイヤー「COMMUNIST CHINA」from「a tribute to jAPAN」)
→ジャパンをハードロック?メタル?でやってみました。
いや、これは新しい解釈だわ。
このアルバムは基本どれも「コピー」になってなくていい。
スポンサーサイト



<< 愚民化政策完了 ★ 映画 「チャイルドプレイ」 | ホーム | まず自分 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP