FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

好き嫌いの先に


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


松元ヒロさんの舞台をみてきたけれども。
何度か見に行ってますが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4758.html)。
政権を徹底的にこき下ろす感じは聞いてて壮快。
だたまあ、なんかちょっと直接的なアジテーション感もあり、客席からは拍手が湧いていたけれど、ちょっと気持ち冷める感じもあったりなかったり。

どうなんでしょうかね。
確かにもう、「待ったなし」という政治的展開にはなっておりまして、今、もう好き嫌いいってる場合じゃない!みたいな感じは確かにあります。
俺も前回の選挙には一番入れたくなかった共産党の候補に一票を投じましたし。

政局から言うと、もう好き嫌い言ってられないです。
なんとか今の政権を引きづり降ろさない限り、戦前の過ちを繰り返す感じにしか思えない。
それを止めるためには、もう好き嫌い言ってられない、という。

ちゃんと世の中考えてる人、流れに乗ってるだけテレビでしか判断しない人、まあ世の中にはいろいろいますけど。
後者の人ははあしょうがないというか、まあほっとくとして、前者の「いろいろ世の中を憂いている人」ってのは、やっぱ勉強してますからね。
その中でもいろいろ割れちゃうんですよ。

昔で言えば原水禁、原水協、障害者運動の世界でも、全障研、全障連、と、まあ大きく二つに分かれたりして。
共産系、社会党系、なんて言われたりもしました。

でもまあ、自分が信じる道を発信して行動する、ってのは何も悪いことじゃないし、そういうことでいいんだと思うんだけど、それもまあ世の中が平和だったら、って話で。
今みたいに「待ったなし」という場合、もうそういう分裂をやってる場合じゃないんですよね。

とにかく、今の政権を一回降ろす。
そこにだけ集中しないと、どうしようもない。
好き勝手な政治をやってると、政権は降ろされる、ってことをちゃんとしなきゃいけない。
新閣僚も、問題がない人の方が少ないじゃないですか。
言うに事欠いて、もらったお金は返したからいいじゃないか!なんて開き直るバカがいたりする。
ばれなきゃもらってたんだろ?ということを不問にするこの解決方法は、一刻も早くやめさせなきゃいけない。
徹底した腐敗。
それ以上の言葉がないですよ、とにかく今の政権は。

だから、好き嫌い言ってる場合じゃないとは思うんだけど、どこかで一歩引いちゃう自分もいる。
お笑いなんだから、もっと皮肉で終わらそうよ、とか思ったり。
ストレートなアジだったら、政治活動でイイじゃん、みたいな。

でもまあ、そういうことも言ってられないというか、そういう感じになってきたよな、と思います。

「言いたいコトが言えない時代にならないように」というのが、おそらくヒロさんの思いなんだと思う。
だから、もうなんでも思い切って言う。
それを多くの人に見てもらって、いいんだ、言っていいんだ、と伝えていく。
その姿勢は、もう逆に「切羽詰まっている政治」を表しているようにも見える。

というか、そもそもヒロさんの真骨頂は「小2感」だと思います。
「マッカーサーの顔がマッカーサー」みたいな。
「麻生さんが、あ、そう?」みたいな。
小学生の時になんか教室の隅で言ってたような、そんなヤツ。
それの連打が俺はおかしくてしょうがなくて。

だからこそ、なんでもストレートに出てくるのかもしれない。
小2が政治を語ったら、こうなるわ、というか。
いや、これはバカにしてるんじゃなくて、とても大事なコトだと俺は思うんですよね。

というのも、よくわからないから言わない、とか。
アタマが悪いから言わない、とか。
そういうことじゃなくて、誰だって言ってイインですよね。

ともすれば、政治的な発言をしただけで、「芸能人風情が」とか言われちゃう日本。
そうじゃなくてさ、芸能人であろうが、小2であろうが、市丸であろうが、いいたいことがあったら言うべきなんだよね。
というか、言っていいんだよね。
それをね、すごく体現している芸だと俺は思うんだよ。
すごくそこは尊敬できる。

きっと、難しいことも情報としてはたくさん知ってるんだと思うけど、それを、「鹿児島実業卒、しかも陸上特待生」というあたりの視点を崩さないで客席に語りかける。

難しいことを難しく言うのは、ともすると簡単だし、正直マスターベ―ションだな、と思う時があります。
じゃなくて、難しいことをこそ、楽しく、小2で言えるってのは、難しいですよ、ホント。

だから、なんだろう、ヒロさんの芸は、好き嫌いの先にある、って感じがする。

あ、会場に、元ソウルフラワーの河村さんいた気がする。
人違いだったりはしないと思う。
何か嬉しい気持ちになった。








akigasebulog.jpg

wannmannblog.jpg

(BGM:DOUBLE「Ring My Bell」from「We Love Dance Classics Vol.1」)
→ダンスミュージック、ファンクっていうか、そのへんのクラシックをみんなでカバーしました、という1枚。
まあ、ディスコミュージックとか大好きですし、ファンク大好き、まあいい企画だと思います。
しかしなあ、う~ん、やっぱクラシック言うだけあって、元がすげえ編曲として完成されてるんだよね。
ダンスミュージックとかってやっぱ編曲だから。
それをカバーしましょう、ってのは、どうしてもカラオケになりがちで。
そういう意味で、やっぱ元の方がイイじゃん、となってしまう傾向。
スポンサーサイト



<< 懐かしい ★ 映画 「アナベル」 | ホーム | 怪談はあなたのとなりに >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP