FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「テーラー」という言葉がわからない人も多くなったのではないか?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレするしなあ。


「キングスマン~ゴールデン・サークル」

いわゆるスパイモノ。
シリーズになってますね、これ。
新しい時代の007を目指してる感じですか。

いや、好きですよ、スパイモノ。
世の中の、我々の知らない裏っかわでこういうことがあるんだと思うと、なんかね、落ち着く。
落ち着くっていうか、運命に抗えない自分になんか免罪符をくれるような気がする。

「だってしょうがないよ、ゴルゴがいるんだから」みたいな。
「オレがなに言ったってさあ」みたいな。
「世の中動かしてんのは、結局あいつらなんだし」みたいな。

しかもその危険な世界を安全なシートで、スクリーンからのぞき見れる、という。
実際見てたら、BANG!ですから。
そりゃ楽しい。

それとまあ、とにかく「カッコイイ」でしょ。
なんだかんだ、スパイは強い。
アタマもいい。
もう、完全無欠。
「そんな男になりてえなあ」みたいな気持ちにもなる。
いわゆる日本の任侠モノのような。

さて、この映画は、とにかく「気品」がテーマなのかしら。
英国紳士がスーツをビッチリ着て闘う。
なにせ、キングスマンというのは、表の顔はテーラーなのである。
スーツ作り放題である。

どうですかね。
実際、闘うにはジャージの方がいいような気がしますが、それでは気品にかける。
よくよく考えたら、時と場合によりますが、基本、ゴルゴもスーツですね。
この辺、やっぱ相手がいくら悪者だとはいえ、「人を殺めちゃう」ということに対する「礼儀」みたいなモノも感じるわけです。

ま、廃れません、このジャンル。
このシリーズは初めて見ましたが、これもまた続編を見たい気持ちになっています。


「インタビューウィズバンパイア」

耽美系の人が喜ぶんですか、これは。
確かに世界観はすごくちゃんとしてるし、ブラピもトムクルーズもカッコイイ、というか美しい。
ネットを見ると、評価も高い。

…けどなあ…これ、スジ的に面白いですか?


「ザ・ゲスト」

ん?
で?
はて?
え?

…もう??マークの嵐である。

戦死した(と思っていた)息子と部隊が一緒だったという若者が家にやってくる。
で、話しているウチになんだか打ち解けちゃって、「ウチにいなさいよ」みたいなことになっていく。
ま、ここまではいい。
彼はなかなか人当たりもいい、美青年なのである。
戦死した息子の弟のイジメ撃退を手伝ったりもするんだけど。

しかし、中盤にその彼が怪しいと娘が気づき、追っていくと、どうも彼は人体実験の被験者で、最強の兵士にされた男である、そしてそこから逃げてきたのである、みたいなことになる。
しかも戦死したと思っていた息子は生きている???との情報。

これ、だから、もしや本当の戦死したと思っていた息子で、息子が姿形を変えてやってきたんだと思うじゃないですか。
つまり、息子も人体実験の被験者、というか被害者である、みたいな。
で、軍に逆襲する、みたいなことで。

案の定、軍がやってきて彼を包囲するんだけど、家にいた彼はなんのアレもなくお母さんを刺してしまう。
どころか、もうじゃんじゃん殺しちゃうし。

つまり、戦死したと思った息子ではないんだわ。
ただの、人体実験の被験者が逃げてただけ。
で、暴れただけ。

…っておい!
じゃあ、前半の家族を助けてたのはなんだったのよ…。

もうね、「で、なに?」という。
彼を捕まえに来た軍は弱いし、もうなにがなんだか…。






wannmannblog.jpg

(BGM:Sister Mami「恋人までのディスタンス」from「いろいろないろ」)
→レゲなんですねこのアルバムは。
ま、この曲は内容は特にないんだけれども、冒頭の「街の会話」みたいのがいいんだなあ。
間奏でも入ってくるんだけど。
ま、この「あっさい会話」がいいよな。
音源を作るなら、こういうの入れたい。
スポンサーサイト



<< 違和感 | ホーム | 渋谷ワンマン来てくれよ!必ずだよ!約束だよ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP