FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

今晩、とにかく来てほしいのだ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ついに今晩という差し迫ったこういう時こそ、先週の日記をば。

月曜は昼間あまりやる気が出ず、ネット(にじ屋)の会議も休もうかと思ったけど、なんとなくそうもいかないかな、と思い出てみたらまあ、そんなにやる気がないわけでもなかった。
まあ、朝どんなにどんよりとした気持ちでも、なんだかんだネットに行って市丸たちとあえばそれはそれでなんとかなったりするんだけど、ま、そういう感じか。
それはまあ、いわゆる学校の先生が「生徒に会って元気が出た」というような単純なことではなく、おそらく彼らと向かい合うことで、自分が必要とされていることを改めて感じるからだと思う。
そういうのがあれば、まあ人は生きていける。

ブラック企業の話でよくある、お前は無能だ、とか、代わりはいくらでもいる、とか言われ続けてれば、そりゃ人はダメになる。
簡単なことだ、それは。
「あなたじゃなきゃだめ」「あなた自身が欲しいのだ」ということを、まあことある毎に言ってもらえれば、同じ仕事だって変わるだろうに。

企業体として、その仕事をそのコストで維持するために、とにかく労働者に長時間働いてもらわなきゃならない、としてだよ、それだったら、考え方として「持ち上げて持ち上げて」やってもらう、って手はあると思うけど、それをしないでなんだか言葉でも追い詰めちゃうって姿勢の意味はよくわからないね。
もう人を潰すためにやってるとしか思えないところがなんだかもう意味がわからない。

つまり、ブラック企業ってのは、仕事でどうこうというより、まあそれもあるんだけど、そういう風に言葉で人を潰すことを目的にしてるようにすら見える例もある。
というか、まあ派遣で来月切ります、とかって行為自体がもう「お前の代わりはいくらでもいる」って言ってるも同じだけどな。

そんな中、まあ必要とされてる実感を持てるのはすごく幸せなことだな、とか思ったり。

で、まあその夜はアキと近所のおそば屋さんにいき。
このおそば屋さんがまたいつも人がいない。
ので、まあよく行ってるんだけど。
おいしくないわけじゃないんだけどなあ。
そばも自分トコで打ってるみたいだし。
昼とかは流行ってるのかもしれないが、夜に行くとあまり人がいないのだが、この日はお客さんが何組かいてホッとする。
近所のチェーンじゃない店は大事にしたい。

そのお客さん何組かも、なんだかすげえ上品な感じの人たちで。
上品というか、なんだろう、大人しい感じの人たちというか。

この店、基本シーンとしてるんですね。
というのは、BGMとかない。
まあそば屋さんですし。
でもまあ、街のそば屋さんだからテレビとかあってもいいかと思うけど、それもない。
ラジオがかかってるわけでもない。
これ、働いてる側としては寂しいだろうなと思うのだけれどまあいいのか。

俺がそば屋さんだったら、やっぱなにかかけちゃうな。
確かにそば屋さんにあう音楽、というのは難しいが、雅楽とか?いや、それも違うか。

で、事務所に戻って機関紙の原稿編集をやって。
どうにか目鼻を付けたかったので、翌朝まで結局がんばって、まあこれが結果よかった。

翌火曜の昼にちょっと買い物してアキと家に帰って昼ご飯食べて寝る。
夜には前から息子夫婦と約束があって、大宮にアキと一緒に飲みに出る。
ま、とはいえ親子だけというのもなんなので、もうほとんど週2くらいで会ってるアオテツも誘い、市丸も連れて行く。
正直、市丸は行きたがりだけれど、井上とかがいると一気にヒエラルキーを気にしておかしくなったりするんだが、こういう集団は逆に落ち着く。
こういう時間もたまには作ってやらないと、なかなか安定しないところがある。

タイ人の義娘はまあ、いろいろと仕事とかで苦労してるようだ。
なかなか今の日本は厳しい。

翌水曜晩はそのカワセさんがタカノブ達を誘ってカラオケに行くというので、これはもう、カワセに黙って乱入しようとアオテツと企てることにした。
先行してたメンバーは、タカノブとコウヘイ、そしてスズ、アオテツ。
アオテツ、スズはこの乱入を知っていて、あとは知らない。
みずえも誘われたようだったが、誘われる前に俺からみずえには「断ってくれ」と頼んであった。
というのも、大宮まで運転してもらおうと思ったのである。
なにせ、俺に関しては機関紙編集が切羽詰まっていたので、のんびり電車とバスで行ってる場合じゃなかったのである。
出る寸前まで編集をしてた。

逆に言えば、そんなに切羽詰まってるのだったら行かなきゃいい、という意見が正解である。
でもまあ、アオテツと話していて、せっかくだし、面白そうだなあ、と思ったら、まあそういう企てになってしまった。

アオテツとスズから入った店の名前や部屋番号が送られてくる。
それを受け取って、アキと俺でミズエ運転の車で大宮へ。
我ながら馬鹿馬鹿しいことやってんな、と思う。

が、これ、まあカワセがすげえいい「うけ」をしてくれて、まあ楽しかった。
あんなに喜んで、いや、「なんだよ~」というドッキリの受けをしっかりやってくれてありがたい限り。
また忘れた頃にやりたいと思う。

翌木曜は編集締め切りを翌朝に控えていたのだが、けっこう月曜夜のがんばりがきいてほぼ終わってて、けっこう早くに帰れた。
毎月の様子だと夜中までかかってしまうが、逆に火曜水曜と予定が入っていたおかげで危機感があったのだな。
逆によかったと思う。

で、ウチの実家により、田舎から送ってきたお米をもらう。
やっぱ角田の米はうまい。
親からいろいろ俺の幼なじみの近況などを聞き、どうもなんか、今、みんな大変だな、と実感する。
なかなか困難な世の中で、すねるなよ、といっても難しい昨今なのだな。
ひねくれちゃったりもするわな。
う~ん、まあ、う~ん、何もできないけど、なんかね、また会えたらいいな、と思った。

俺はなんか幸せなところにいるよな、と改めて。

翌金曜夜は全体練習。
ワンマンに向けて最後となりまして。
これはいいデキになりました。
がちでいい。
今までで一番いい状態じゃないだろうか。
今回はバック的には全編ツインギター+しのぶえ、というラインナップになっており、パワーアップしてしまったよ。

あとはあなたが来るだけ!
よろしくデストロイ。
当日券もあるぞ!

翌土曜は昼間にコンさんとアキと、ずっと見続けてきてる宮川賢さんの舞台を見に行く。
これがまあまたマシンガントーク炸裂の面白い舞台だった。
過去には大きな会場で多くの客演を呼んでやっていたけれど、なんか小さな空間でゆったりとしたペースで開催されるようになって、なんかなお深みは増したような気がする。
大きくなるばかりが表現の重要性でもないし、大事なのはやっぱ深みだよな、と改めて。
ただ、好きだった劇団員の人がいなくなったりで、そこはちょと残念。

夜は市丸、コウヘイ、コバと666の新木場大会に。
これがまあ、またいい大会だったと思う。
最近、ちょっとプロレスから離れてる気持ちもあったんだけれど、こういう団体愛を感じる大会はやっぱいい。
メインは正直ドタバタだったけれど、でもまあ、これがこの人達の真骨頂でもあるわな。

666のラム会長、市丸曰く、ガム委員長には、ひよらないで、いつまでも「怖い女」でいてほしいとつくづく思った。
同時に、やっぱバカ社長には復帰して欲しいな、と。

で、この一週間後が本日。
ついにワンマンですよ。
もう必ず来てほしい。

会場もいろいろ趣向も凝らしたいと思ってるし、終演後には何か事故?さえなければ握手会もやるんで、ぜひ。
そういえば、なんか前説をやると意気込んでる連中がいるが大丈夫だろうか。
その辺も見どころ。
あ、握手会は何も買わなくても握手できるし、写真もたくさん撮ってもらって、あれだ、SNSとか言っても、そもそも「インターネットって何?」というフロントマンが揃ってますから、ぜひあなたがSNSに上げてもらわないと話が始まらないので、その辺しくよろです。

というか、予約は済んだか!
まあ、もう当日なんで、当日券になっちゃうぞ!
…といっても、まあツイッターDMならば、まあ当日、今日の16時くらいまでなら俺は内緒で前売り料金で受け付けちゃうね。






wannmannblog.jpg

(BGM:WILD LEGS feat.CLI-N-TEL「NIGHTFEVER」from「ダンスマニア ベース #1」)
→こういうのは一曲取り出してどうこう紹介するもんでもないと思うんだけど。
あれですね、曲順って大事だよな、という。
これは「恋のナイトフィーバー」なんだけど、メロウなトラックになってまして、なんていうか、この曲順で据わりがいいです。
スポンサーサイト



<< 渋谷ありがとう | ホーム | とにかく明日、最高の舞台、最高の演奏、最高の歌をお届けしまっせ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP