FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

団体愛


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


先日、大日と2AWという団体の合同興行というのがありまして。
2AWというのはよく知らなかったんだけど、元KAIENTAIということなんですね。
KAIENTAIの創始者タカみちのく選手が脱退して新たな体制でスタート、という感じらしい。

KAIENTAIはたくさんのすごい選手を産み出したけど、なんだかんだ移籍とかフリーになる選手が多かった。
結局、直に見に行くことはできなかったウチに、まあ名称変更というか、違う団体になったという感じか。

で、まあ2AWですけど。
なんにしても大日との力の差はちょっとあったかな正直な話。
仕掛けていくのは大日、応えるのが2AWというか…。
プロレスどうこうじゃなくて、団体のチカラの差も見えちゃうような…、ちょっと寂しい感じも。


さて、この大会、合同興行とはいえ、1試合をのぞいて全て団体が両コーナーに分かれた事実上の対抗戦。
セミで勝った大日の橋本和樹選手が「こんなもんか、もっと突っかかってこい!」みたいなことを言っていたけど、そういうカードが並ぶ大会だったのよね。

こういう殺伐とした団体同士の対抗戦は嫌いじゃない。
むしろ好き。
やっぱ団体愛って俺は好きだし、団体の威信を賭けて闘う、みたいの、いいじゃない。
確かに、開戦するということは、ある程度話が成り立ってるから興行が成り立つわけだけれど。
本気で殺伐としていたら対抗戦はできないから。

でもまあ、客としては、「団体の威信をかけた闘い」を見たいわけです。
大日って、どっかそういうオーラをビンビン出している団体だとも思うんです。
だから、大日がからむ対抗戦は好き。

なんで、この日は実はかなりキツイ日程だったんだけど見に行ったということなんだけど。
最終的には、確かにチカラの差が歴然とあったけれど、やっぱ大日の仕掛け方はすごいし、煽り方、試合の進め方にしても煽るために技を出してる感じもあったり。
次の時には2AWが進化して、大日を煽ってきたりしたら面白いな。
改名とはいえ、タカみちのくさんがいなくなって、ある意味新しい団体ではあるわけで、今後に期待、かな。

でも、2AWの選手の間にはすごい信頼感がある感じがしたし、まあプロレス界全体でも第一線で活躍する創始者がいなくなって残った人たちが作ったわけだから、まあそりゃそうなんだよね。
団体愛、って意味では2AWだって大日には負けてないように思いました。


その中で、2AWの吉田綾斗選手というのがとにかくよかった。
光ってたといってもいいか。
なんでしょう、手足が長い。
背が高い。
身体もしっかりしている。
白のコスチュームも似合ってる。
そして何か「男の色気」みたいなモノもある。

いや、やっぱプロレスは見た目大事なんだよな~と改めて実感。
あ、吉田選手は見た目だけじゃもちろんなく、強い、いわゆるうまい選手でもありましたが。
タッグで組んでいた花見選手という、たぶん若手なんですけど、彼も見た目から「木訥な突進タイプ」で、ファイトスタイルもそのまんま。
いやあ、見た目とファイトスタイルの完全なる一致。
これは素晴らしい。
たぶん、「木訥な突進タイプ」は、眉毛が太くなきゃいけないのだな、と思った。


ま、この時、機関紙の編集作業をしてまして。
二三日のことなんだけど、けっこう根を詰めてやることになります。
つまりはまあ、原稿の上がりと印刷、発送の間をつめたい気持ちというか。
一ヶ月前の原稿を読まされてもやっぱつまらないでしょ?
それに告知とかって、ウチの場合そんなに前から決まらないこともあって。
どうしても間際になる。
間際になった上、編集の最中に「あ、この告知も入れて」とかもありまして。
結果として、原稿や写真を紙面に仕上げる「編集」という作業は、どうしても詰まってしまう。
同時に、「一ヶ月でやってきたコトはきちんと機関紙で表現する」という感じでやってるので、けっこうまあ力を入れているとは言えます。
他のところで機関紙がぞんざいな場合には団体愛を感じませんし。
そんなのイヤですから。

ま、もっとシステマチックにやれるのかもしれないけど、そういう感じでもないんだなウチの感じは。
バタバタと進む感じ。
ま、体を表してると思います。

とはいえ、作業自体は単純といえば単純なところもアリ、時間勝負なところもあります。
その中で、まあプロレスに行くとかは正直自殺行為という感じなんですが、でもまあ、行った方が気持ちよくできるかな、みたいなところがありました。
なんにしてもコンを詰めるのも目に良くないし、市丸たちも楽しみにしていたし。

ま、今回やってて思ったけど、俺は編集作業って好きなんだな。
文章を書くことより、それを構成する、みたいな感じが好きなんだ。
時間勝負で寝なかったとしても、寝たい、よりも編集したい、が勝つ感じ。
まあ自分が担当した原稿は、とにかくいいモノにしたい、面白いモノにしたい、という気持ちが強いですね。
パッと見、団体愛が伝わるような機関紙じゃなきゃ、やっぱ外の人、障害者云々関係ない(と思い込んでる)人には何も伝わらないと思うし。

この業界?けっこう「自分のところだけ」みたいなのを嫌う感じがあってイヤなんだけど、俺は他のどの機関紙よりも団体愛に溢れている機関紙、楽しい機関紙を作らなきゃいけないと思うし。
そういう意味では、俺にとってはこの作業は団体対抗戦でもあって。
そういう気持ちで各団体やっていけば、もっとよくなると思うんだけどね。
なかなかまずリングに上がってもらえないのが現状、って感じか。

そもそも、人って、原稿をきちんと読むより、パッと見楽しいかどうか先ず判断するンじゃないかと思うんだよ。
特に、障害者問題を学んでる、取り組んでる、という人以外は。
バンドもそうで、いい音を出す、ってのも大事だけど、見た目や舞台装置、雰囲気も大事じゃないか、って。
ま、そういう部分に突出していく性格ではあります。

そんな機関紙を是非読んで欲しい。
読んでくれたら、きっと俺たちのことがよくわかってもらえると信じています。

機関紙はにじ屋で配布しているし、その他郵送も可能なので連絡ください。







佐藤店長生誕祭小

(BGM:湯原昌幸「時間を止めて」from「ザ・ベスト !! ムード歌謡 12」)
→GSから演歌に。
ま、歌は上手いですよね。
しかし、このシリーズ、12枚出てるわけだけど、一気に聞いたらトリップできます。
スポンサーサイト



<< トーフ料理 | ホーム | ヒットより二塁ゴロ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP