FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

自由度


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



というわけで、矢野顕子さんのコンサートに行ってきましたけど、今回はバンド編成で。
どうですかね。
ピアノ弾き語りも聴きたいし、バンドも聴きたい。
そういう意味では、やっぱこの人はすごい人なんじゃないかと思うんだけど。

やっぱ、バンドって自由がきかないから、その瞬間に変えよう、と思ってもできないわけですよね。
ある程度の打ち合わせというのがやっぱ必要になってくる。
そういう意味ではすごく窮屈に思えたりするところもある。
思ったような音をバックが出してくれればいいけど、そうじゃない時もあったりとか。
でも、やっぱバンドはその分音が広がるのは事実で、それもほしい。
というか、それでしかできないことも多い。

つまりはまあ、窮屈さをどう楽しむか、というか、そういうスリリングな感じもバンドにはあって、それを楽しめちゃえばバンドも楽しいんだろう。
この辺はおそらくその主体となる人、この場合は矢野さんなわけだけれど、その人の性格なのかもしれない。

まあ、ベストの音を聞かせよう、というよりも、自分が楽しめるかどうか。
今、自分が何を楽しもうかな、みたいなことでバンド編成だったり弾き語りだったりするんだろうかな。
そういう自由度も矢野さんの魅力なんだろう。

そ、自由度。

前にも書いたと思うけど、矢野顕子さんはとにかくカバーが秀逸で。
もちろん、オリジナルは素晴らしい。

俺は、なんだかんだやっぱYMO世代なので、その頃ですね。
「ごはんができたよ」と「ただいま」、その後、レコードが高すぎるとかで、ジャケットと盤を別売りにしたのもあったような。
そのあたりが大好きで、特に「ただいま」が俺の中ではベストアルバムなんだけど、なかなか最近はこの中からやってくれないので、ちょっと残念なんだけどね。

「ただいま」は、ノイズに歌をかぶせてるのとか、子どもの詩に曲をつけた組曲とか、まあちょっと実験的ではあるんだが、これがもう大好きでなあ…。
あまり矢野ファンには人気がない盤なのだろうか。
といって、キャッチーでもあり、矢野ポップも炸裂しており。
こんなバランスのアルバムはなかなかないと思うんだけどなあ…。

と、まあそれはいいとして。

矢野さんといえばカバーにも注目したいわけですが。
今回、山下達郎さんの「ペイパードール」をやってまして。
これ、最初、わからなかったんだわ。
でも、この歌詞、確実に聞いたことある。
なんだっけ、なんだっけ、と思ってるうちに、サビが来まして「ペイパードール、僕らの恋は~」、そこで、あ、達郎さんじゃん、と。

山下達郎さんも好きで。
「イッツアポピンタイム」というライブ盤をとにかく何度も聞いてて、この曲も知ってたんだけど、じゃなきゃまったくわからん感じ。

曲がまあ、なんでしょ。
矢野色に染まるわけ。
カバーたって、カバーではない、もはや。
歌詞は残ってるモノの、曲が違う!みたいな。

…いや、もしやこれ、矢野さんにはこう聞こえているんだろうか?

いや、そういうことじゃあるまい。
モト曲を一回咀嚼したらこうなった、ということなんだろうけど。

このカバーの感じ、すごい好きなんだよなあ。
他にもなんか聞いたことのある曲をやってて。
確実に聞いたことがあるんだけど、全く思い出せない。
なんだろうなんだろう、と思っていたら、NHKの「72時間」のテーマ曲でした。
前日にテレビでやってたわ。

よくよく考えてみたら、一曲目が「電話線」だったと思うんだけど、それはオリジナルなんだけど、もうそれも違うわけ。
ってか、いや、違くないんだけど、キメってあるわけじゃないですか、曲には。
そのキメがきっちりこないというか…。

もう、自分の曲すら変化しているという。
矢野さんは、佐野元春さんのサムデイをカバーしたときに、もう「サムデイ!」というサビを歌わない、という荒技をやってのけてますからね。
自分の曲のキメなんかどうでもいいのかもしれない。
そういう次元で音楽をやってないんだな。
恐ろしい。
けど、好き。

よく、ライブについて、CDのままやってくれたらいいのに、というような人がいるけれど、俺は全く逆で、CDと同じなら聞きに行かないですよ。
意味ないジャンそんなの。
逆に、CDならライブではできない全く違う音を出さないと出す意味もない、というか。
そrにやっぱ、やってる人の気分も変わるし、中身の捉え方も変わってくるというか、そういうのってあると思うんだよね。
それをなんかその時々のライブで表現してほしいなあ、と思うので、違っていいと思うし、違わないんなら逆に表現者としてはあまり俺は好きじゃないタイプ。

ま、ただそうなると、バンド編成というのはやっぱ窮屈、ということにはなってきます。
打ち合わせをしなきゃならないからね。

でもまあ、矢野さんはそれを越えてる感じがして、つまりはバンドってこういうのがプロなんだろうな、と思ったわ。

さて、今回はツアーの初日ということだったらしいけど、入り口に「チケットただでゆずって下さい」と書いた紙を持って立った人がいましたけど、「それは無茶だろ…」と思いました。
いや、ゆずってくれる人はいないとは断言しませんが、その人はおそらく何らかの事情で会場に来れない人だと思われ、入り口にいてもなあ…。

いや、なんかの表現だったのかもしれない←おそらく深読みしすぎ。







佐藤店長生誕祭小

(BGM:エポキシー「旋盤のメロディ」from「黄昏賛歌」)
→このイントロの感じ好き。
というか、このギターのテンションを大切にする感じ、いいわ。
ベースラインもなんかカッコイイ。
すごい才能のある人たちなんではないか。
見たこととかないけど。
スポンサーサイト



<< 明日、四谷の地下室でお待ちしています | ホーム | なにかしてる「なにもしない」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP