FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

誘える相手


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



年末の話なんですけど、仕事終わってから、すずやみずえとタカノブ達が集まってなにやら相談していました。

どうも、暮れの休み、ウチは28日から3日まで休みだったわけですが、まあこれ、例年に比べ長いわけです。
カレンダーの都合とかでこうなったわけですけど。

どうも、その間に「どっかに行こう」みたいなコトの相談をしていたらしい。
らしい、というのは、俺にはその話が直接は伝わってこないから、伝聞ですね。


すずやみずえが来て、タカノブ達は、すずやミズエをよく誘ってはどこかに行っているようです。
ようです、というのも、直接俺に話が伝わってこないからで、後になって「へえ、○○行ったんだ」ということになるからですね。
そういう話があとから出てこなければ、まあ知らない話もあるわけだ。

ウチの仕事はやっぱりちょっと夜も遅くなるし、そもそも仕事前に市丸たちと走ったりもしてるから、まあそれは自分の身体のためではあるけれど、そういうこともあって体感時間も長い。
同時に、まあ俺が飲みに行くから一緒に行く?なんてこともあって、すずやミズエはずいぶん振り回されていると思う。

前に、時間を作る、って話を書いたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5022.html)、そういうのもあって、誘いはしますけど、まあいろいろ状況も考えながら、彼女たちの大変さを考えながらいろいろとまあ誘ったり誘わなかったりでやってるんですけども。

で、「あしたはすずは休みだから」、とか思うんだけど、その日は「コウヘイにカラオケに誘われてて」とかもあり、まあなかなかこう、休ませられない、みたいなところもあります。
その辺、コウヘイやタカノブとかに慮れ、というのは難しいわけで。


これまで、すずやみずえがいなかったときのことを考えると、まあそれは俺らがやっていた、というか、そういう風なところもありました。
けれども、やっぱり俺なんかは彼らにしてみたら誘いにくいわけですよ。

どっか「先生」になっちゃってるから。

これはいいことなのか悪いことなのか、と言われれば、両面あるんで何とも言えないけれど。
彼らのサイフにいくらあって、彼らがいくら持っていけばいいか、みたいなことが、俺らにはわかってる。
わかってしまうから、まあ彼らとしては「安心」ではあるけれど「窮屈」でもあるわけです。
もっというと、実家通いのヤツとかだと、たいがいの正月のそれぞれの家庭の感じもわかってる。
だから、「ホントにその日、行けるの?」という話も、つい俺らは出してしまう。

というか、本当はすずやミズエもその辺は多少わかっているけれど、まあ「わかってない」という風でやってますからね
彼らにはそれはばれてない。
そこがまあ彼女たちの優秀なところだと思うんですけど。
だから、彼らとしては誘いやすいというか、窮屈感がない。
自由感がある。

自由と安心は裏表なワケですが、彼らとしてはなにも「安心」が欲しいわけじゃない、というか。
でも一方で、多少の安心は欲しい、みたいな。
そういう感じもある。

で、すずやミズエを誘うんだと思うんですけど。
彼らだけでは、やっぱ「新しい店に飲みに行く」とかは難しいですから。


ま、こういうのは、俺らが口を出すと彼らのメンツをツブしてしまうので、「ああ、なんか相談してるな」と思っても口を挟むことはしません。

でもまあ、すずやミズエには盆や正月くらいは、きっちり休んで欲しいなあ、と思うワケです。
じゃなくても、緊急の介助とかもあるわけで、なかなかね。


まあよくあるんですけど、仕事終わりにすずやみずえちゃんが「陽ちゃんとご飯食べて帰ります」みたいな。
アキが言ってたけど、そういう風に「誘える相手がいる幸せ」ってのをヨウコだのみんなは今、とても享受しているよな、と思います。
彼らが「ご飯食べて帰ろう」って誘える相手がいるというのは、とてもなんかいいことだし、なんだろう、ひねくれなくて済むよな、と思うんです。

もちろん、全部が全部彼女たちも応えてるワケじゃないと思うんです。
でも、たとえ2回に1回でもそういうのに応えてくれる人がいるというのは幸せですよ。

よくよく考えたら、俺だってアオテツと週2ペースで飲みに行ってますけど、そうやって応えてくれる人がいるというのは、俺はとても幸せだと思うんだよね。
そういう人がいなかったら、俺もなんかひねくれちゃうよな、とか。

彼らはひねくれると、一気に「知的障害者のふり」とかしますからね。
わからないふりをする。
そして、サイアクの場合、その「ふり」が本当になってしまって、廃人のようになってしまったりする。
まあ、高校の時は生徒会長までやったオグラがここに来たときそういう感じでした。


今のタカノブや市丸たちには誘う人、そして応えてくれる人がたくさんいて、本当に幸せだと思います。
俺が言うのもオカシイですけど、なんかホント感謝です。


というわけで、今日は昼からイッテンゴにじ屋ドーム飲み会です。http://www.nijirock.com/nijinokai/nijiyaevent
みなさんを俺からお誘いできる幸せをかみしめながら、ぜひどうか来て下さい。











にじ屋初売り2020白黒ミニ

2020もち

01_20191209110145666.jpg

jr.jpg

(BGM:山崎ハコ「呪い」from「失恋ソングス アゲイン」)
→ま、失恋ソングスの最終トラックがこちら。
「コンコンコンコン釘をさす」
「藁の人形血を流す」
…これ以上、失恋ソングスにふさわしいトラックもない。
スポンサーサイト



<< 味方 | ホーム | 動画の入手先が不穏なのがいい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP