FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

せめて雪は降ってろ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「フローズンアース」

…ぎゃははははははははははははは。
なんかよくわからんけど地球がフローズン。
で、生き抜こうとする一家を描いたのがこちらの映画ですが、まあもう雪の中で撮影できないのならこんな映画を撮るべきじゃなかったんじゃないでしょうか?と。

車で逃げるシーンもなんか吹雪は吹いてるようだがワイパーしてないし。
山から降りるシーンもアップでは山肌が見えてる、というか、平地でも土は全編見えてるんだけど。
ぜんぜんフローズンじゃない。
吹雪に服が濡れてる感じもなし。

一緒に逃げていた人たちが死んだりしても特に何も感慨もなく逃げ続ける主人公一家。
もう正直、どうにもなりませんこれ。
ダムが凍り付いている、というのは面白い発想だけど、それ見て笑ってる場合か?とか、もうう~ん、学生映画レベル。

これ、まあ突っ込みながらみんなで見たら面白い映画。
B級といえば、B級なのかもしれないけど、これはB級にもならん、という。

なんでこれを撮ろうとしたのか。
なんでこれが世に出たのか?

まあ、そういう気持ちを味わいたい方にお勧めです。
なかなかないと思いますね、そういう感想を持たせてくれる映画。


「ドリームハウス」

ダニエル・クレイグ主演。
とある家に引っ越してくる一家。
まあ絵にかいたような幸せな一家だという感じで話は進むんですけど。

けども、なんか家をのぞき込んでくるヤツがいるとかなんとか、とにかく不可思議な感じが家を襲う。
地下に忍び込んでた若者とかもいる。
この家では昔一家虐殺事件があったということをその時にこの一家は知るわけです。
まあその怨霊とかが家に災いをもたらしているのではないか、という感じですね、つまり。
そういう映画だと思って見ていたんですが。

ところがどっこい、とんでもない事実が明らかになります。
その主人公、実は一家虐殺で生き延びた夫そのものだった!
一家虐殺のショックでおかしくなってたんですね。
ありもしない家族を幻想で作り出し、その家に舞い戻っていた、と。

でもまあそう考えるとなんか合点がいくことがおおかった。
まず、この一家虐殺事件、この夫が起こした事件、とされていたんです。
で、奥さんが撃たれながら一矢報いた銃弾が夫に命中、そのまま夫は精神病院に入院、という流れだった。
だからまあ、この家にこの一家、というか、主人公と幻想家族、がやってきた時点で、みんな嫌な感じだったわけです。

まあ、そんな感じで、この辺からかなり複雑な話になっていきますけど。

つまりこれ、夫が自分でやったことから逃れるために別人格を作り出して家に舞い戻った、ということ、という感じで話は進みまして。
それは近所の人にとってみたら、ある意味、「殺人鬼が戻った」ということでもあって。

しかし、本人もそのことを受け入れられない。
自分が殺した?違う、俺の家族は家にいる…、みたいな。

しかし物語はもう一回展開します。
これ、世の中は「夫が殺した」で決着がついているけれど、実は夫は無罪、犯人は他にいた…。

う~む。
なかなか面白い。
二転三転するストーリー。
特に主人公の人格がおかしかったことが発覚したあたり、しびれましたね。
なるほどねえ…、その手があったか、とちょっとニヤッとしました。


「今そこにある危機」

ハリソンフォードさん主演。
物語はアメリカにありがちな陰謀にまみれた感じのヤツ。
忖度しろという大統領に歯向かっていくハリソンフォードさん。

…まあ、どうですかね。
普通っす。









(BGM:マスラヲコミッショナー「座して喰らえば山も空し」from「THE 青春 PUNK ROCK」)
→いい曲だよね。
力強いし。
どこかタイトル含めイースタンユースっぽくもある。
ま、中身は別もんだけど。
どうなんですかね。
PUNKに青春付けちゃうのって、いいんでしょうかね。
ま、ブルーハーツからの流れではあるんだろうけど。
う~む。
「アウトサイダー」ジャケット論争の時代が懐かしい。
スポンサーサイト



<< いったい何をしてるんだろう… | ホーム | いい想定外 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP