FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

溢れるときもある


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「俺はたまたまこっち側」というコトを書いたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5058.html)、前にも書いたか、ツイッターだったか、俺はとにかく「会話に入れない」というところがある。
これもツノが「みんなが話しているときに、あの話の輪に入りたいと思うことがある」(意訳)ということを言うんだけど、それに近い。

しかし、ツノとちょっと違うのは、別に「入りたくない」ということである。
いや、入りたいこともあるが、その場合は俺は入る。
…こともある。

つまりはまあ二つ解釈があって、俺は入れないから、「そもそも入りたくないんだ」と虚勢を張って自分を納得させているのかもしれない、ということ。
もう一つは、本当に入りたくないのだ、ということ。
どっちかはわからないが、恐らく後者のような気がする。


なにせ、基本、俺はできれば、一人で大人しく本を読んでいたい。
映画を見ていたい。

映画の好きなところは、あっちから俺に話しかけない、ということである。
これがライブなんかだと、まあもちろん俺にだけじゃないが、「みなさんどうですか?」なんて聞かれたりするじゃん。
あれが苦手。
なんで、ライブやなんだかの中で映画が一番まあ楽しいといえば楽しい。

普段は、市丸たちとは話す。
話すけれど、あれは「佐藤さん」が話しているんであって、俺が話している、というのとはちょっと違う感じがする。
けども、デスクにいれば下手すれば一日誰とも話さない。
俺の隣のデスクの米本さんとも話さないで一日が終わる。


とはいえ、まあ時に「飲みに行こうぜ」とか言ったりもするので、必ずしも「全方位に話すのがイヤ」とか、そういうワケではない。

たぶんですね、俺は「日常会話」というのが苦手なんだと思う。


ツノちゃんやコウヘイなんかが、例えば「若い女の子」が来た時に、じ~っと見つめて何も言わない、ということがあります。
ま、彼らがいわゆるな「若い子」が好き、ということなんで、そこは俺的には他意がないんですが、そういう時に、「近くによってじっと見てると不気味だから、なんか話をした方がイイよ。まず、天気の話をしたらどう?」といいます。
もう一歩、「その人が着てる服の色について話したら?」とか。

ま、それ、そのまま俺なんですけどね。
自分に言ってるじゃん、と思うんですが。

しかしまあ、初見の人であればそういうのもしますが、普段もう毎日会ってる人に「今日は寒いですね」みたいなことも、どっか違う…。
かといって、まあ話すコトってそんなにないじゃないですか。
ま、絞り出せば昨日の夕飯のこととか、この前行った映画の話、まあなんでもあるんでしょうし、そういうのが日々の潤滑剤、とか言われますね。

でもまあ、なんかあまりそういうのが出てこない。
出てこないはおろか、あわせられない。
急に言葉が出てこないというのもあるし、後になって、とてもつまらないことで「ああ言えばよかったな」とか思うのがイヤだというのもある。


で、話変わるんですけど、先日、森さんと市丸とアキ坊とアオテツとドラゲーの後楽園大会に行ったんですけど。
アオテツとは現地合流で。

で、まあその日はあまり冴えなかったんですね。
冴えないけど、まあ車運転して水道橋へ。
でもね、驚いたことに、アオテツに会ったら、冴えたんだわ。
一気に饒舌な俺に。

ま、アオテツとは週2くらいで飲んでたりするから、まあ気心が知れてるというのもあるけれど、なんでしょう、自分の中から言葉が溢れてくるというか。
よくよく考えたら、森さんも俺にとってはすごくその感じがあって、一緒にいて落ち着くというか、そんな二人に囲まれて、なんだか試合後に飲みに行ったんだけど、落ち着きましたね。
アキ坊は「両手に花だね」と言ってましたけど、まあそういう感じ。

なんでしょうかね、この感じ。
というか、こういう人がいるからやれてんだよな。
ま、こういう仲間が増えていけばイイと思うんですけど。

わいわい普段からやれてる人なんか、そもそも少ないよな、と思うんですよ。
そもそも毎日毎日、コッチのテンションが保てない、ってのもある。
いや、まあその「喋らない自分」が素の俺で、きっとこういうのが自分の中ではハレってことなんだろう。


翻って、じゃあツノちゃんがもっと話せるようにするにはどうしたらいいか、って考えたときに、そういう仲間を作ればいいんだよな。
1人でも2人でも。
そうやって、それが増えていけばいい、というか。

逆に言えば、俺がそうなってやれればいいんだと思うけど、なかなかツノちゃんの殻は固いので、なかなか入り込めないんだけどね。







2020もち

koshigaya.jpg

jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:中田優子「Time to Say Goodbye」from「大吉」)
→英語で歌うってのは、まあ結局は発音なワケですよ。
しかしこれはどうでしょう。
中学生が英語の教科書を読んでいるような。
もうちょっとなんでしょう、崩しちゃってイイと思うんだけど…歌だし。
スポンサーサイト



<< コミカルにならないコミカル ★ 映画 「パラサイト」 | ホーム | 普通のことを普通に言う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP