FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 29 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

みんなもやってると思ってた


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



そういえば、俺にはちょっと小さいときからクセがあって。

それは、「言葉」なんだけど。
呪文のような言葉、を自分で作って、それをアタマの中で繰り返す、みたいな。
小さいときに作った言葉を、今でもソラで言えますね。

あ、呪文といってもかなり長いんです。
意味がない五十音を並べただけなので、中身はないし、かといって語感がいいわけでもないと思うんだけどそれをよく繰り返していた。

こういうのは、けっこう誰でも同じだと思っていたけれど、そうでもないらしい。
でも、これは人に喋ったらかっこ悪い、と思ってたのも事実。
だから、誰しもが、「人には言わないけど、自分の呪文を持っている」と思っていた。

同時に、どっか俺は言葉を組み替えたりするのが好きで、近所のスーパーとか、なんでもそうなんだけど、すぐに組み替えちゃう。
他人に言えば、「なに言ってるの?」といわれて、とても恥ずかしい、と思っていたので、誰にも言わなかったんだけど、アキ坊と再婚して、アキ坊には最近ふつうに言う。

アキ坊は、「俺語」だって言って楽しんでくれるので、今は二人で遊べる。
その流れでその呪文のことも話したけど、一生の中でアキ坊以外の人にはこの呪文は言わないまま死ぬだろうな、と思っています。


言葉ってやっぱ面白くて、前にもチンチンタタセル地帯のことを書いたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4304.html)、俺はそういう言葉遊び、いや、そんな上等なもんじゃなくて、もっとくだらないヤツですけど、好きですね。

市丸のことは、ふだん「いちまる」と呼びます。
ま、普通ですけど。
でも、まあ市丸は「調子いいぞう」なので、ほぼなんと呼んでも「はーい!」と返事が返ってくる。
「はじまる!」と呼んでも「はーい!」。
「洞爺丸!」と呼んでも「はーい!」
しまいには、「カマンベール」と呼んだりするんだけど、それでも「はーい!」と満面の笑みで返事が返ってくる。
ま、要は最後が「る」ならいいようだ。
それが面白ければ面白いほど、その場の雰囲気に合えばあうほど、その場も盛り上がる。

こうなると、もう最後が「る」の言葉を必死に俺も捜す感じになります。
ラップのライム、歌詞を作ってる人の気分です。

一時、オグラが「おまんま食い上げ」って言ってることがあって。
何年に生まれたの?と聞いたときに「おまんま食い上げの年に生まれたんです」と。
…わからない。
意味がわからない。

聞けば、「28年に一度、おまんま食い上げの年がくるんですけど、その時に生まれたんです」と。
なにそれ?と。
もうそれから、オグラのことは「おまんま食い上げ」って呼んでました。
彼の妄想か、なんなのか、「おまんま食い上げ」ってのがどこから来たのかさっぱりわからないけど、まあ面白い。
語感が面白い。
なんとなく貧相な姿勢のオグラに似合ってる感じがする。
みんなもそんな語感で笑うから、ウケてると思うのかオグラもまあ楽しそうになる。

なんだかんだ、市丸もオグラも、みんなの真ん中になりたい。
だからウケると嬉しいし、まあ、そもそも悪口とかじゃないしね。
みんなもプラスの感情で笑ってくれる。


で、ついこの前、その「おまんま食い上げ」を忘れてたんですよ。
オグラはなにか「自分の名前を言う」とかを避ける傾向があって、「下の名前は?」とか聞くと、「なんだっけなあ」とか笑いながらふざける感じがある。
必要があって誕生日とかを聞いても、「12月だっけなあ」とかふざける。
さっさと言えよ、と思うんだけど、そういうやりとりの最中に「おまんま食い上げなんです」と言ってきて、ああ、そのムーブあったなあ、と思い出して爆笑したんだけど。

つまりは、たぶん、「おまんま食い上げ」は、オグラの中の呪文だったのかもしれない。
他人にとってはどうでもいいワケのわからない言葉なんだけど、彼にとっては大事な言葉で、でも意味のない言葉、みたいな。

俺の呪文と一緒だよなあ、と。


どうですか。
言葉って有限なように見えて、実は無限だよなあ、と思う。
誰しもが風呂に入って「ふ~じこちゃ~ん」とか言ったことがあると思います。
「あい~ん」とか。
同じように、なんとなく「ミラ・ジョヴォヴィッチ」とか言ったこともあるでしょう。
それらはまあ、人の名前とかだけれど、そうじゃなくて、なんの脈絡もない五十音の組み合わせをみなさんも口ずさんでみたらけっこう楽しいですよ。

というか、みんなもやってるもんだと思ってたよ。




koshigaya.jpg

jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:女子高生みゆき VS 淫獣皐月殺助「魔女っ子メグちゃんAV」from「大熊小鹿馬場鶴田山田康雄」)
→これね、替え歌くると思うじゃないですか。
けど、歌は変えない、という。
でも充分タイトル通りの歌として成り立ってるという恐ろしさ。
途中に語り?があるということをさっ引いたとしても、これ、なかなかすごい発明。
スポンサーサイト



<< 志は現場が創り出す | ホーム | 素朴に思う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP