FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 29 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ちょうどいい薄味 ★ 映画 「シライさん」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ホラー作品「シライさん」を見て来たわけですけど。
ま、あてるとすると「死来さん」…ぎゃははははははははは。

んなわけない。

この物語は、そもそもシライさんの怪談話を聞き、シライさんという名前を聞いてしまうとシライさんがやってくる、と。
で、目をそらさなければ、シライさんは動けない。
「ダルマさんが転んだ」的な感じです。
そして、2,3時間でいなくなる、と。
けどまあ、目を逸らしちゃいますからね普通、なんだかんだ。
で、目が破裂して死んじゃう。

乙一さんが自らの小説でメガホンを取ったというこの作品。
なかなか意欲作だと思います。
いわゆる、Jホラーに殴り込み!みたいな感じでしょうか。

ま、映画としては、テンションがずっと低いです。
出演者あんまり笑わないし。

ホラー映画の定番としては、何人かの登場人物のうち、どっか浮かれたヤツがいたりして、それがたいがい先にやられちゃう、と。
つまりは「やられ要員」みたいなことなんだけど、そういう感じじゃないのね。
つまりはまずそこでホラーの定番に殴り込み!ですね。

それと、シライさんは昼間でも出ます。
この辺もホラーの定番に殴り込み!ですね。
これはよかったと思います。

で、まあ目が破裂して死んじゃった人が泊まってた旅館を探し出して、そこから物語が動いていくんだけど。
友人が目の前で目が破裂した女子大生?と、同じ死に方をした弟を持つ兄がこの怪異に挑んでいくんだけれど、まあ、至ってマジメなこの二人が主役。
うわっついたところがなく、なんでしょう、静か。
とにかく静かなのよ。
多少うわっついたバカっぽい、というかある意味不気味な唯一の登場人物と言うと、怪異の発端である染谷将太さんなんだけど、もう彼の演技が光ってましたね。
仲間でもなく、急に登場して怪談を喋ってさっさと死んじゃうけど。
ま、なんでしょう、全体として静かなんで、小説をそのまま読んでるような、そんな感じですね。

で、重要な点ですが、そして、謎は最後で明らかになりません。

なぜシライさんという怪異が生まれたのか。
なぜ名前を覚えただけで、聞いただけで襲われるのか。
そもそも、シライさんとは何か?
なぜ目が破裂するのか?
その辺はまったくわかりません。

目隠し村、というエピソードが出てくるんですが、それもよくわからず。
どうつながってるのかがよくわからない。
この話を染谷さんにしたという学者も死んでいるので、手がかりがあまりにないんですよね。
彼は目を潰されたが、盲目になって生きている、とかでもよかったのになあ…。

まあ、カギはどうもこの事件を追ってるもう一人の登場人物である雑誌記者?の奥さんなんだけど、記者である夫は死に、彼女は最後失踪、ということになってて、う~む。
彼女がどうも黒幕じゃないか説すら感じられる。
というのも、その旅館のある場所が彼女の郷里に近い、とか言ってたような…。
そして、なによりこのシライさんの呪いを拡散しようとこの映画を作ったのも彼女??
そこはエンドロールをしっかり見てください。

これはまあもう続編ありきなのだろうか。
このままでは、シライさんを知ってしまった我々もうかうかしていられません。

ま、惜しむらくは、シライさん出すぎかなあ…。
いい造形はしてます。
ホラーありきの下品な造形でもなく、ちょうどいい薄味で。
ただ、何度も出るんで、しかも昼間も出るから、怖がるというより、シライさんを観察してしまう姿勢になっていく、というね。

映画としては、う~ん、ちょっとどれもカットが長いかな。
もっと切れたんじゃなかろうか。
静かな上にテンポが良くない。
ま、ホラー殴り込み1作目ですから、ここは次に期待したいところ。

呪いを客側に拡散して巻き込む、という形式の映画なんで、一つですね、これやっちゃあコントになっちゃう可能性があるんだけど、エンドロール終わったら、シライさんがこっち向いてる、ってどうなんだろうか。
しかも、それが3Dとかだったら、もう迫ってきちゃう!みたいな。
あ、俺たちもこの映画で知ってしまったから、来たんだ、みたいな。
むしろもう、上映館に一人づつシライさんを置いて、終わったらそこに立ってる、みたいなね。
もう映画じゃないですけど、それじゃ。

でも、それけっこう怖いと思うな。







jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:bananafish「なみだ」from「電波少年系遊園地 後ろ楽しいガーデン LoveSongs」)
→電波少年、まあホント一時テレビを席巻しましたよね。
あれを下敷きにして、悪ふざけみたいな感じになってるのが今のバラエティか。
少なくとも電波少年は、引っかかった芸人とかが売れたし、多少歌も売れたし。
スポンサーサイト



<< 勝田の風になった | ホーム | 昨晩は越谷ありがとう。またどこかで会いましょう! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP