FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

今気づいた


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




先日のライブで思ったコトがあって。

俺は前々から、ウチのバンドのことを「ドインディーの米米CLUB」と言っていたんですけど。
そういう流れで、とにかく「歌でもない」「楽器でもない」というパートを入れても来ました。
あまり狭いところだとできないんだけど、正式には「旗」とか、「書道」といったパートがあります。

そういうバンドが好きなんだ、俺は。

それに、そもそも歌詞覚えてないんですよ。
今回リハに出て、で、出番まで時間があったんで、ちょっと飲みにいったんです。
そこにまあ、予定外だったんだけど、朝大事件を起こした市丸も連れて行っていて。
というのも、みんなの中に入れとくと、まあまたなんかやらかすだろうなあ、という予測がありまして。

それが幸いしてか、まあライブ自体まで問題なく、ライブもなんなくやれたんでよかったんだけど。

で、飲んでる最中に、「ちょっと歌ってみろ」といったところ、まったく歌詞を覚えていない。
「今日やる曲の一曲も、2行目から歌詞覚えてないやんけ!」と。

大爆笑したわけですが。
いや、まあ笑うところなのかどうかは論議が分かれるかと思いますが、まあ笑う方ですね。

ミツなんかも言うんだけど、「音楽の授業が大嫌いだった」って。
養護学校で音楽の授業が大嫌い、ってもうなんか意味がわからなくて。
ま、養護学校だけじゃないですけどね。
音を楽しむことを教えるはずの授業が嫌い、って言われると、もうどうしようもないです。

でも、ちんどんの練習は楽しいそうで、そりゃそうかな。
まあものすごい授業感でやってますね、俺は。
学生時代に教育実習やっててすごく役に立ってると思うんだけど。
それでもまあ、楽しいそうで、それはよかったんですけど。

歌詞を覚えるのが得意なヤツもいます。
イノウエはソロを歌いきりますから、覚えているし、ヨウコも、オグも、カブキも、ノブもコバも、歌詞は入ってる。
けどまあ、覚えられないヤツもいるわけ。

というか、ウチの場合は、いま「柵」ってパートがあって、舞台にすら上がれないヤツもいるわけだけれど。
耳栓して「彼を守る柵」に入っています。

だから、まあどうでもいいんですよね。
音楽の完成度先にありきだったら、そもそも俺が歌えばいいんで。
でも、俺は歌わないし、基本、ネタ以外は喋らないようにしてるんだけど。
ネタはネタで大事なんで。
そこは俺担当、みたいな。


ま、そんなわけで、そういう「歌わないけど踊ってる」みたいなメンバーがいる米米は憧れでもあって。
といっても、そんなにファンとかじゃないんで、ライブとか見たことないですけどね。
でもまあ、「ダンサー」とかじゃなくて、なんかとりあえず「いる」みたいなメンバーですね。

つまりは、まあジェームス小野田さんですよ。
あのバンドは彼なくしては成り立たない。
音楽の完成度で言えば、カールスモーキーさんだけいればいいんだろうけど、そうじゃない。
それではなんのエンタメにもならない。
と、俺は思っていて。

で、まあ書道とか、旗とか、柵とか、かなり前には正座ってパートもありましたけど、そういうのを基本的にはすごく考えてきていました。


しかし、今回のライブで思いましたわ。
「もしかして、俺がジェームス小野田?と」。

いや、一応、俺には指揮という大事な役割がありますし、事前には衣装やメイク、振り付けや動きやなんらかの小芝居、みたいなことも作っています。

けど、ステージに上がったら、俺なんにもしてないじゃん。
まあ指揮はしてるけど、それだけじゃん。
「ここで終わり、ここでソロ」とかって合図してるだけ。
歌ってないし、なんとなく時々振り付けして、ビール飲んで客を煽ってるだけじゃん。
ということに気づきました。

だからまあ、つまりは俺はステージの作り手としては重要な役割をしてきてると思っていますが、ステージ上でもそれなりに意味あるじゃん、というか重要じゃん、と。
なにせ、ジェームス小野田さんなんだから。


というような話を終演後にアオテツとしていたら、「今気づいたの?」と言われました。






バレンタインSNS用画像

(BGM:THE BOOGIE JACK「終列車」from「名古屋大合唱」)
→よくできてますわ。
いい曲。
間奏とかも飽きない。
途中リズムオフにしたりして、飽きない。
お手本にしなきゃと思う。
スポンサーサイト



<< ざわざわ | ホーム | 人生の後悔 ★ 映画 「ペットセメタリー」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP