FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

通話はご遠慮ください


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


バスとか電車に乗ると、「携帯はマナーモードにして通話はご遠慮ください」とか言いますね。

どうなんですかね?。
いや、マナーモードにして、まではわかりますけど、通話はいいんじゃねえの?とか思うんですけど。

そりゃ鳴ったらビクッとするし、「自分のが鳴ったか?」と思って自分の携帯カバンから出したりしなきゃならなくなるから、マナーモードにはしましょう。
それはそうだと思うけど、なんで通話がダメなんだろう。

だって、別に友人と乗っていれば、話もするじゃない。
電話でもそこはかわらなくない?というか。
そんな気がするわけです。

大声でおしゃべりしてる人がうっとおしい、というのは確かにあります。
だから、まあたいがいは電車内で友人と話すときは小さな声になったりしますね。
けどまあ、携帯ってついつい大声になったりする、というのもわからなくはない。
実際、携帯だとちょっとボリュームは上がるような気がする。

しかし、だとしたら、「大声」というマナーが必要なんであって、通話禁止というのはちょっとおかしな感じがする。

しかしですね、まあちょっと考えますと、大声で話していても、まあ人によると思うんですが、子どもとお母さんの微笑ましい会話なんてのは聞いてられたりしますね。
「お母さん!富士山見える!」とか「そうねえ」なんて言ったりして。
そういうのは別に気になりませんし、むしろなんかいい感じがします。

けど、ひそひそ声で、まあ聞こえる感じだとして、なんか一緒にのってる他の知らない乗客の見た目なんかをディスってたりするのは、聞いてて不愉快ですよね。
車いすの人をして、「車いす邪魔だよね」とかこそこそ言ってるのを聞くのは大変不愉快。
「堂々と言いたまえ」「堂々と言うなら反論しちゃる」という感じもします。
ま、いわゆるヘイトなんだけど、友人2人でこそこそ言ってたりするからタチが悪い。
お前ら、なに言ってるのかわかってんのか?という気持ちになります。
というか、わかってるから小声なんでしょうけど。

つまりですね、まあ会話の中身にはよるんだよな。

酔っ払ったバカが、さっきまで一緒に飲んでた女の人をバカにしてたり、その容姿を蔑んでいたり、そういうことを大声で話していたりすると、確かにもうリーチですね。
その女性がいないわけですから、誰も反論できないけど、でも「不愉快ですね」と言う寸前な感じになります。

ここまで書いて、ふと思いましたけど、これ「会話の内容を聞いている」ということなんですね。
Aという人がBという、恐らく友人であろう隣の人に何かを言っている。
そして、BがAに返す、という、その内容を「理解している」ということです。

まあ、もちろん聞こえてこなきゃわからないけど、大まかな流れはわかる。
それに、俺の場合は晴眼者だから、例えばディスニーランドの袋を持っていれば、ネズミーランドの帰りだな、というのはわかるし、なんとなくそういう話の流れだろうな、とは思うから、一部聞こえなくても、まあだいたいわかる。

つまり、電車という空間だと、そこで喋っていることは、オープンに話されていること、ということになります。
Aという人の持ち物や容姿を含め、公開会話、というか。

これがまあ喫茶店の隣の人、とかだとまた違って、なんでかというと、やっぱそこにはコーヒーを飲みに来てたり、一緒に来た人と話に来たりしてるから。
こっちも、あっちも。
だけど、電車移動するために乗ってるから、まあその中で何もすることがないんですよね基本。
だから、そこで会話が始まると、勢いやっぱ内容が他人に入ってきてしまうんだな。

と、考えると、これが携帯だった場合。
相手が見えないわけです。
さっきの説明だと、Aが通話先のBに話した言葉はわかるけど、Bがどう返したかはわからないし、Bの容姿や雰囲気もわからない。

つまり、会話の全貌がわからない。
なんとなく、もわからない。

まあ、わかる会話もあるでしょうけど、例えば「ごめん、もうちょっとで浦和に着くわ」とか言ってれば、「ああ、浦和で待ち合わせで、この人はちょっと遅れてるんだな」くらいのことはわかるんでいいですけど、田舎の土地の遺産相続の話なんかされていたらもう意味がわからなくなる。

これが携帯でない会話だとしたら、「ああ、Aはおばあちゃんの意向を尊重したいが、Bはもうおばあちゃんは長くないし、その辺は無視したいんだな」というのがわかりますが、携帯だとBの様子がわからないだけに、「その遺産相続の様子」がまったくわからない。

外国に行った時に、まわりが何を話してるかわからないというのは、多少ストレスになりますね。
それと同じで、「何話してるかわからない」のはストレスなのかもしれない。

でもそれ、どっかプライバシーと真逆に行ってる感じがあって、ちょっとなんかおかしな感じもしますね。

とはいえ、出なきゃならない電話もかかってくると思うんですよね。
だからまあ、俺はいいんじゃないかと思いますね。
大声じゃなきゃ通話したって。

その内容がこっちにわからなかろうが、それでストレスを感じようが、まあしょうがないんじゃないの?という気がします。







(BGM:クレモンティーヌ「スーダラ節*ボーナストラック」from「バラエンティーヌ」)
→フランス語ですねこれたぶん。
あうんでしょうかね、この「すいすいすーだららった」が。
なんかスッと入ってきますね。
オシャレ店でかかってそうなトラック。
スポンサーサイト



<< とにかくリアル ★ 映画 「キュアード」 | ホーム | ピザ問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP