FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

マスカー


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


まあ、電車に乗ったりしますと、思ったよりマスクをしてる人が多いのか、少ないのか。
俺はあまり外に出ないので何とも言えないが、時間帯にもよるんでしょうが、普段よりは確実に多いけど、いわゆるテレビで見た中国の「全員してる」みたいなことでもない、という感じか。

でもまあ、マスク不足だとかでしたくてもできない、という人も多いんでしょう。
潜在的なマスカー(マスクをしてる人、注・俺がいま作った)は、きっと多いといっていいと思います。
ま、マスクをしてるとなんか防げてるような気がするし、マスクをしてなかった場合、あとで後悔するような気がするから余計でしょう。

どのみち、うつる時はうつるんでしょうが、目からもうつるというし。
でもまあ、防御にはなるんだと思います。
話によれば、自分が保菌者だった場合には人にうつさない効果は大きいとか。
というか、そもそもこの時期に流行るインフルエンザとかの予防にはなるし、いいことだと思います。
買い占めはいただけないけど。

だいたい、買い占めちゃったら必要な人、例えば保菌者に行き渡らないから、うつるのは自分だと思うんですけどね。
バカはどうにもならない。


さて、マスクといえばアレですね。
俺の世代、ま、俺は66年生まれですが、その頃の人だったらもうアレしかない。
口酒女!。
…いや、失敬、口裂け女ですね。
誤変換です。

当時はまあ、マスクっていえば風邪の人がするくらいですから、そんなにマスカーはいなかったわけです。
だからまあ、マスカーを見かけると、もう口裂け女に決定しちゃう、くらいの感じがありました。
いや、当時、風邪をひいていたマスカーのみなさんには本当に失礼極まりない態度ですが、マスカレス(マスクをした女の人、注・今俺が作った)を見かけると、わあ~、なんて逃げたりしたもんです。

ポマードって言うといい、みたいなこともあったりして。
いやいや、そうじゃなくて、ポマードをぶつければいいんだ!なんて話もあったり。

なんでしょうね、そもそもポマードってのはゲル状というか、クリーム状のものですから、何をぶつけるんだ、って気もしますよ。
中身をブチュっとぶつけるのか、そもそも容器ごとぶつけるのか。
いや、容器ごとぶつけたらそりゃ痛いよ、逃げるよね、たぶんマスカレスのみなさんも。

ってか、ポマード、が何かわからない人も多いのかもしれない最近は。
橋本龍太郎さんが浮かばないようでは、きっと話が合わないんだろうと思いますが、いわゆる整髪料ですね。
髪の毛をテッカテカにしてくれる油ですか。

オジサン臭い、というかね。
オジサンといえばポマードの匂い、という。
匂い、というより臭い、というか、そういう印象があります。
俺のちょっと上の世代のみなさんはけっこう使ってたんじゃないでしょうか。
満員電車=ポマード臭、というのが高度経済成長の俺のイメージですが当たってるでしょうか。
って、誰に聞いてるんだ俺は。
そういうイメージです、と断じてしまえばいいのだ文章などというものは。

とまあ、そんなわけで、当時はマスカレスを見かけて「わーっ、と逃げる」ということで事足りたんですが、今はもうマスカレスが大挙押し寄せている状況。
子どもたちは何を頼りに口裂け女を見極めているのか、本当に心配な状況です。
ってか、もう今の子は知らん。
口裂け女はもう子どもたちの心の中にはいないんじゃ…。

…てなことですが、なんかそう考えると笑っちゃいます。
ま、当時もどっか「んなわけねえじゃん」という気持ちでいましたね。
子どもがパニックになった、なんて事例もあるにはあるようですが、それは日常ではなく、そういう子がちょっといたから騒ぎになったから事例として残ってるんであって、けっこう「ネタ」として考えていましたよね子どもながらに。
けっこう思ったより子どもは冷静、という。


同じような「ネタ」と思っていたのが、当時流行っていたのが「くしゃオジサン」ですね。
でもこちらはいたんだよね。
今考えると、歯が抜けちゃった人だったんだろうと思いますが、こちらは別に悪さしません。
いただけ、というか、まあいい迷惑でしょうね。
彼にとっては普通の顔だしな。

というか、「なんちゃってオジサン」とかもいましたね当時。
これはどうでしょう。
最初のなんちゃってオジサンがメディアが煽ったウソ、つまり不在だったとして、模倣犯、というか犯人じゃないけど、模倣なんちゃってオジサンが多数存在していたことも考えられます。

が、例えば電車の中で急に苦しみだして乗客が唖然とする中、急に「な~んちゃって」と言って電車から降りることなどできるでしょうか?
俺にはできません。
そんな大舞台を踏む勇気はない。

もし、俺はやったことがある、という、もうおそらく80歳くらいの方かと思いますが、いたらどんな清水の舞台を飛び降りるつもりでやったのか教えていただきたいモノであります。


というようなことをマスクをした人の群れを見て思いました53歳八方塞がり本厄。









(BGM:ガロ「喪失」from「アンソロジー 1971~1977」)
→ま、どうでしょうか。
「あなたとつくれたろう、2人の子どもさえも」という歌詞から始まるんだけど、ちょっとどうですかね。
「あなたを失った喪失感」ということでキレイにまとめようとしているのはよくわかるんだけど、あなたとセックスしてれば、って風になりますからぶっちゃけ。
ちょっと難しいなあ、なかなかなあ。
スポンサーサイト



<< 3・11 | ホーム | アタマに残ってしまう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP