FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

また必ず会いましょう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



4月のライブが中止になりました。
まあ、主催者のみなさんとしては苦渋の選択だったかと思いますが、俺はこの判断を支持します。
閉鎖空間で、密集、歌う、というのがセットになってるイベントなんで、なにか一つでもその条件が外れれば判断も変わってきたかもしれませんが、今回はそもそも「そういうイベント」である以上、辛いけれども中止、は仕方ないと思います。

もちろん、やって何もなかったかもしれないけど、イベント自体はまたコロナが落ち着いたらやったらイイと思うし、その灯が消える、ということではないと思うし。
その時はまたはせ参じさせてもらいたいと思います。


今の状況は、まあとんでもないと思ってて。
五輪延期が決まったとたんに首都封鎖の話が出るという、ウイルスが五輪のことを気にしてくれているとは思えないので、なんだかんだウイルスの都合ではなく、政治の都合ですね。
そういう施策を打ってくる連中、しかもイベント中止に今の時点で補填もしない、あまつさえ和牛だ、お魚だ、とバカなことを言っている連中には、本当に腹が立ちます。

なんでしょう、結局五輪優先で、ウイルス退治は後回し、つまりは国民を危機にさらしたのは政治なんですよね。
といって、延期が決まってなんかするかと思ったら、「自粛してください」「金は出しません」って、なんのための政府なのか。
というか、なんのために我々は税金を払ってるのか。

というか、海外の報道を見ると、そもそも日本だけが予定通りの開催にこだわっていたような感じだったらしく、どれだけ国民を危機にさらしたかったんだお前は、という。
日本では安倍首相が延期を提案してることになってるらしいけど、IOCの会長は真逆なことを言ってる。
ま、国内の動きでも、ある日を境に延期論に傾いてて、その二三日前にはJCOの委員が延期を言っただけで森会長や山下さん激怒してたことを考えると、どう考えてもIOCの言ってることがアタリなんだろう。

コロナと闘う前に、この政府と闘わなければならないという状況。
これはホント、どうしようもない。

まあ、この辺は原発事故の時も同じでしたけど、どうやって被害を少なく見せるか、ばかりを考えていて、被害そのものをどうにかしようとはまったく思ってない。
もちろん、放射能はもうどうしようもない、という意見はわかるが、ウイルスにどうやって打ち勝つか、というのは可能性がある。
各国が、そのために必死になってるのに、日本では被害を少なく見せるために検査もしない、という状況だったわけでしょ。
延期が決まって、検査数が増えているというのも、これまったく棄民政策じゃないか。
検査数を少なくした矜恃があるのなら、延期が決まってなぜ増える?
というか、その矜恃をしっかり説明しろ。
医療崩壊を防ぐとかバカなことを言ってるが、検査だけで崩壊するならもうそもそもダメだ日本の医療は。


というわけで、まあコロナには闘いたいが、その前にこんなに闘うモノがあると、じゃあステージとしては何をしたらイイか?ということになるわけで。
まあ、ウチのステージは「ただ歌います」ってのはやっぱ違うから。
そこに何か入れなきゃやっぱ成り立たない。
そもそも歌も上手いわけじゃない。
正直、お客さんが撮ったライブ映像とかユーチューブとかに上がってたりするけど、自分は聞いてらんないもん。
まあ、見てはいられるけど。
もうだから、衣装だの舞台装置やネタなんかでお客さんに魔法かけるしかないと思ってて。
まあ、毎回そういう「なにか」、例えば舞台装置もそうですし、曲間になにをやるか、入りはなににするか、衣装をどうするか、メイクをなににするか、みたいなことをすごく考えます。
曲はもちろん、というかむしろそこがまあ俺はライブのキモだと思っていて。
ただ曲をやるんじゃ、プロにかなうわけないんだから。
そこで、今回はすごく悩んでました。

前回の越谷ではわかりにくかったかとは思いますが、なんやかんやこの業界?の権威ポスターをへっぽこバッティングしたりしましたけど、さて、じゃあ今回はなにすればいいか。
う~ん、とすごく考えていました。
ま、そのポスターを越谷の団体の方からもらったので、ちょうど越谷だし、というアレだったんですけど。

いやねえ、やっぱ、この、五輪延期が決まる前の「コロナ放置」は、例えば呼吸器付けてる障害者を抹殺するのと同じことなんですよ。
介助者が来なきゃ死ぬが、その介助者の検査もしてくれない、いや、熱があってもしてくれないって流れになってるでしょ。
そもそも無症状でもかかってるという恐ろしい側面があるわけなのに。

それに対して、まあどうなにか一矢報いるか、しかもエンターテイメントにしなきゃいけない。
この前のようにへっぽこバッティングなのか、いや、同じことやってもなあ…、アルコールでも撒くか、マスク大賞でもやるか、防護服ならぬ防護ステージで障子持ってきてステージの前に立てて1カ所づつ抜いてくか、最終的には防護にならんけどとか、ビニールかぶって出て行って酸欠になるか、トイレットペーパーまいて出るかでもそれは汗で破れて最終的に全員出ちゃうけどまあそれもいいか、とか、いろいろ悩んでいて、でも答えが出ないままだった中、中止の連絡が来た、という。

悩んでたよ、すごく。
だって、やりようがないんだもん。
コロナ相手なのか、その前のクソキャラ相手なのか、いろいろまあ見てる人はその受け取り方が入り乱れちゃうだろうし、実際苦しんでいる人がいる中で、茶化す方向の気持ちも持てない。
となると、もうどうやってエンタメにしたらいいんだ、と。
その上、よくよく考えてみたら、その時点でうつっちゃってるという最悪の事態も考えられたわけで。


万全の状況でやれなかったことについてはとても悔しいです。
でもま、ぜひまた再スタートする時には声をかけていただけたら、と思っています。
期待にかなうような、最高のステージをやることを約束します。






(BGM:KARA「私は…(ing)」from「KARA BEST 2007-2010」)
→ま、韓国のアイドルの闇、みたいなことってずいぶんニュースになってるし、実際に自殺してる人も多かったりして。
ということではあるんですが、俺はなんか韓国語ってのがけっこう耳触りがよくて。
テレビでやってる韓国ドラマとかが字幕だったりするんだけど、あれ、好きなんだよな。
ワケわかんないけど、なんか心地いい、という。
一切わかりませんけど。
スポンサーサイト



<< 向いてない | ホーム | 最高の疾走感 ★ 映画 「初恋」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP