FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

人が死ぬコメディ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


録りためてあった映画を見たシリーズ。
ネタバレします。


「遊星からの物体X ファーストコンタクト」

南極の氷の中に未知の生命体を発見。
それを調査に行くわけですが、そしたらその生命体が生きていた!
しかも、人の体内に入ってその人になりすまして、殺していく。

これね、まあ大事件なワケです。
この生命体がこの基地から出て世界に広がったりしたらもう大変なことになっちゃう。
だからまあなんとかこの基地の中でなんとかしなきゃいけない。
その辺がまあ科学者の倫理観を現していて好感が持てる。
自分さえ助かればいいんだったら、まあ逃げちゃえばいいわけですから。

というわけで、基地の中で疑心暗鬼にとらわれていくことになってしまう、という物語。

あれ?これ見たことあるぞ、と思ったらデビルマンですね。
デビルマンにおけるデーモンのやり口であります。
と思ったら、寄生した人の顔が出てきちゃったりして、ジンメンですねこれ。

なかなかいい設定ですけどね。
惜しむらくは、最後が尻つぼみであります。
というか、本編の前日譚ということですから仕方ないですけども。
エンディングが決まっちゃってるというか。


「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」

う~ん、まあね、銀行強盗自体が史上最低とは言えるわけで、この邦題はいかがなものかとは思いますが、というか、これ、銀行強盗を舞台?ってか、入り口にしてるけど、推理モノです。
だから、銀行強盗モノ、というのがあるかどうかはよくわからないけど、それを期待すると肩すかしを食らいますたぶん。

ま、銀行強盗がかち合う、というあたりからもうコメディーなんですけど、実際人が死んじゃうんですよね。
う~ん、いつも思うんですけど、コメディで人が死んじゃうのは、どうかなあ…。
推理モノだからしょうがないっちゃあしょうがないんだけど。
死人に口なし、を作らないと推理にならないから。

う~ん、コメディならなにも銀行強盗にしなくてもなあ…。


「ファンキーランド」

ジェシー・アイゼンバーグ主演ね。
ま、なんだかもう登場人物がたいがいギャーギャーいってるので、ちょっと疲れます。

唯一まともなのは主人公。
で、その母親はヤク中。
この日、主人公は大事なピアノのオーディションがあるんだけど、母親と一緒にドラッグ更正施設に行こうとするんだけど、そこにいろいろあってなぜか麻薬のディーラー2人がからんできてのドタバタの一日になってしまう。

コメディということになるんかな、これは。
ま、主人公はピアノでがんばりたかったんだよね。
そしてまともな人生を歩みたかったんだけど。

ま、とにかくこのお母さんが行くところトラブルが起きる、って感じなんだな。
どこか社会に不適応な大人達が出てます、といった感じ。
ただどこか憎めない人たちではあって。

最後はピアノのオーディションもやり直してもらえることになり、恋人もできる流れになってめでたしめでたし、ということなんだけど。

もう一爆発あってもよかったかな…。


「ふくろう」

大竹しのぶさんというのは、すごい女優さんだよね。
彼女の演技に支えられた一作といっていいでしょう。
舞台は山奥の捨てられた集落の一部屋、というか居間というか。
出てくるのはそこだけ。

畑もできず、稼ぎもない母子は、男を引きづり入れて売春、その後殺す、ということを繰り返す。
それがどこか陰惨に見えないのは、全体の演出のコメディ感。
結局はどうにもならない出口なしの状態なれど、どこかなにも考えてない、いや、考えられない母子。
コメディっぽけど、でもまあ、最後はドタバタのとんでもないことが勃発します。

ま、これ面白いのが、殺すのなら売春しなくてもいいじゃないか、ってところなんですよね。
結局、男が持ってる金を奪おう、って話だから。
その辺がなんかいちいちおかしい。
つまり、ものすごい「律儀」なのか、それともまあ「やりたい」のか。
だいたい、売春で稼ごうと思うのなら殺さないですしね。
その辺もなんか売春を否定してるような感じもありつつ、という矛盾。

ま、でもそんな矛盾を吹き飛ばすようなとにかく大竹しのぶさんの色気がすごい。
なんか特にどうということもない映画だけれど、どこか目が離せない映画でもあります。





(BGM:Electric Eel Shock「Back in Black」from「Thundertracks: Tribute to AC/DC」)
→ま、どうでしょう。
元曲に忠実な感じですね、これは。
ま、好きなんだろうなあ、というのは伝わってはくる。
スポンサーサイト



<< いいわけかもだけど、一言言いたかったので | ホーム | 恐れおののくは俺たちじゃない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP