FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

原田


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


コロナが流行ってて、ウチも集中を避けるために休みを増やしたりということをしてるんだけど。

とはいえ、例えばカイが休む、となれば、誰かついてなきゃだめですから。
隔離をする、ってのができないわけで、その辺あまり意味がない。
結局、カイと一緒に部屋にいる、となれば、より密集しちゃいますから。
その辺は均一に同じことやるんじゃなくて、うまいことやっていかないと逆効果なんで、まあいろいろ考えて毎日をやってるんだけれど。

で、まあ簡単に言えば、「まったく一人でいられる人」つまりは、ある程度の約束を守ってくれる、という信頼感がある連中は、一人で家にいる、みたいなことが可能だから、休みの日を一日増やしましょう、みたいなことをやってるんです。

簡単に言うと、認識が高い連中というか、つまりは「できる」と彼ら自身の中でも思われてるその辺がそういうグループになります。

そこで、「オグラはどうかな」となりまして。

オグラはそもそもが養護学校の高等部で生徒会長をやっていたという。
そのときの写真を見ると、もう別人である。
「やってるわな生徒会長」という感じ。
その後施設に行ったとのことで、そこでの十年くらいの生活で、家族曰く「笑わなくなった」と。
大げさに言ってるんじゃないかと思ったら、けっこうそれがマジで、ここに来たばかりの時は会話すら成り立たない。
どころか、そもそもまっすぐ歩けなかった。
高校時代はマラソンから何からけっこう学校でトップだったというのに。

ま、どうしたらここまで何もかにもできなくなるのかわからないが、でもまあ、なにか多少その「どん底」からは這い上がり始めている。
話は成り立つし、こっちがわざと間違った(突っ込みまち)の場合にもちゃんと突っ込んだりもしてくれるし、急にブラックになっちゃうこともあるが、たいがいが笑顔である。

で、今、オグラはカイと市丸と住んでいるわけだけれど、休みの日、というのはたいがいみんな一緒で、誰かこっちサイドの人が一緒にいる、と。
まあ、それはカイのこともあるんだけど、誰かが一緒にいないとまあ、ちょっと現実的じゃない、ということですね。
休みの日に一人で家にいることをさせてない、というのは、そっちの仲間にオグラは入っていたわけです。
井上たち、いわゆる認識が高い連中とカイを分けるとすれば、カイの方にいた。

けど、どうだろう、と。
ここのところ調子は上がってるし、一人でいさせてみようか、ということになりまして。
いろいろ約束事はしまして、鍵のこととか火の元のこととかいろいろ。

そんで一人にさせてみたんです。
まあ、最初はちょっと昼間様子を見に行ったりしましたが、なんかね、やっぱ彼としては「信頼を得たな」というか、「井上たちの方に入れたなあ」みたいな、そんな明るい気持ちが出てきたというか。

前向き感が出てきたというか、余裕が出てきたというか。
コロナのおかげでなんかきっかけがつかめた感じ。


先日、そのオグラがあまりに丈の短いTシャツを着てまして。
腹が出ちゃうんですよ。
「なんでそんなピチT着てんの?」と。
でもまあ、ぐふぐふ笑ってたんですよ。

最終的に、「腹出」というのもなんだかしっくりこないので、「原田か?」みたいに言ってたんです。
もう、そんなTシャツ着てるんだったら原田だな、みたいな。

まあ、それはそれで着替えたんだけど、あまりにみっともないから。
でもちょっとオグラもぐふぐふ楽しそうだったので、「原田!」とか呼んでたんです。
「違いますよお。原田じゃないですよお」とか笑ってて。
「え?そうだったっけ?」なんて返してると、まあ周りも笑いが起きますから。
ちょっとなんだろう、オグラも「オレ、人気者じゃないか」みたいな「いい勘違い」したりしまして。

けっこう一時この「原田」が流行ってまして。
オレとオグラの間で。
いわゆる「つまんない団体芸」、みたいな感じですけど。

なんだかそんで、急に「カナダからの手紙」を思い出しまして。
「ラ~ブレタフロ~、はら~だ~」って歌ったんです。
そしたらオグラが「カナ~ダ~、ですよお、ぐふぐふ」とかきちんとした節回しで歌ってて爆笑したんですけど。

いや、これ自体は書いちゃうとそんなに面白くないんですが、ってか、面白いとかじゃなくてですね、何が言いたいかというと、これ「きっちりした突っ込みじゃないか」ってことなんですよ。
あの歩けない状況から、よくもまあここまできっちりした突っ込みができるようになったんだな、と感心したんですけど。


そしたら別の日、アクムがやっぱイライラしてる日があって、マグカップを投げたらしい。
らしい、というのは、オレはその場にはいなかったのである。
そしたらそれが外口さんに当たったらしく。
まあ、たいしたケガなくよかったんですけど。
そしたら、その後、オグラとそんなアクムと近藤さんの会話、というのが近藤さんから教えてもらいまして。

オ:アクムコロナやなの?
ア:やだ
オ:ボクだってやだよ
近:オレもやだ
オ:やだよねえー、外口さんだってやだよ、みんなやなんだよ、アクムだけじゃないよ…

…なんかいい感じでまとめてるじゃんオグラ。
最初の頃、まあいろいろ、ちょっと危険なモノまで投げて部屋のドアを壊していたオグラとは思えないじゃないか…。

元々、なんかいい子なんでしょうね。
それが今回のことで戻ってきたのだとしたら、イヤなことばかりのコロナの中で、一つのうれしい出来事だったのかな、と思ったりしています。







(BGM:CASCADE「ハイ・ホー(白雪姫)」from「V-ロック ディズニー」)
→なんかこれ、ボーカルの声がいい。
なんとかダックが歌ってるみたい。
スポンサーサイト



<< 妄想の彼女 (創作) | ホーム | ラストの衝撃度がすごい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP