FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「よくわかってない人ファースト」にならないもんか


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


まあ、どうなんですかね。
テレビでは自粛しないで遊んでる人たちを直撃したりしてますけど(書いているのは5/4)、なんでしょうね、さも「こういう人がいるから緊急事態宣言が延長されます」と言いたいんでしょうかしら。
まあ、現政権の方針としては、そうやって国民に責任を押しつけたいんでしょう。
「おまえらが自粛しないからこんなことになるんだ」と。
テレビがその片棒を担ぐ、という図式ですね。

そもそも、ステイホームと三密を避ける、ってのが矛盾してるし、いやいや、自粛を要請、が矛盾してるんだけどさ。
広い家に住んでる人ばかりじゃないでしょう。
というかですね、う~ん、そもそもいろいろしっかりと判断ができる人ばかりじゃないと思うんだよ。

大げさに言えば、コロナって何だ?という人だっているんじゃなかろうか、と。
ま、「うつるんでしょ?」くらいのことは誰でもわかるかとは思うが、それがステイホームにつながらない人だっているのではなかろうか、と。

テレビで感染者数が少なくなってる、といわれれば「へ~もう大丈夫じゃん」とか。
PCR検査だって、そもそも数を絞ってるからこういう数字が出てきているんだろ?という疑惑をもてる人とそうじゃない人、というか。
いや、その疑惑が真実なのかどうかはわからないですよ。
でも、少なくともそういう疑惑は持てる、というか。

つまりは、出てくる数字だとかをみて、自分なりに「判断しようとする人」という。
逆に言えば、なんでもかんでも政府の言うことは嘘っぱちだ!という人もどうかと思いますが、つまりはまあ「盲従している人たち」というか。
結局、自分なりに理解しようとしていない人にとって、ステイホームはあまり意味がないというか、症状もない自分との間に相関関係があるとは考えられないわけですよ。
でもまあ、そういう人はけっこういると思うんだよね。

いや、「自粛」が読めなかったら。
自粛、の意味がわかってなかったら…。
まあ、そりゃもうしょうがないじゃない。

どうも政権の発表やテレビのやり方ってのはそういう人たちに「考えさせる」というか、「理解させよう」という気がないように見えますね。
うわっつらの「自粛してください」ってのが一人歩きしてしまったりもする。
「でも、スーパーには行ってもいいんでしょ?」みたいな。
「散歩はいいんでしょ?」みたいな。
表面のことしか伝わらないから、それが「なんでか」がなかなかわからない。
わからないから、まあ「勝手な判断」で行動をする。
細切れに入ってくる「三密」とか、「自粛」とか、ステイホームとか。
それら一つ一つの根拠はわからないから、うまくつなぎ合わせて「別にこのくらいいいだろう」って行動する。
そりゃしょうがないと思うんだけどね。
わかんないんだから。
それをテレビが取材してる、って感じがする。

これはまあ、そもそもコロナとか関係なく教育の敗北なのかもしれないし、貧困、つまり教育格差の問題なのかもしれない。


一方でですね、家もそこそこ広い、「ステイホームしてられる」という状況の人たちが、この「なぜかを考えない人」の状況を理解しようとしていない、という現実もある気がするんだよね。
有名人なんかが、この状況の中で「おうちにいようよ」とかなんとか言ってる。
芸能人のリレーしていく動画とかもなんだかみてらんないくらいオレにとっては醜悪なんだけど、なんでそう思うかはおそらく、世の中のほとんど自粛を理解してないことを無視しているからなのかもしれない。
そうやって、「自分は自粛の意味を理解している」みたいな感じがプンプンしてるとこ、その「余裕感」に腹が立つのかもしれない。

わかってる(自薦)人たちが、何一つわからない人に伝えようとしない、関わりを持たない感じ、いや、いるとわかってない状況、というか。
おそらく、ステイホームできる人は、あまりよくわかってないんでしょう。
いいと思ってツイートとかしてるんだと思います。

その「余裕のある人がのんき」というのに、また腹が立つという。


おそらく、「自粛警察」みたいな人ってのは、自分が我慢してる人なんだと思います。
だから、我慢してないように「見える人」を叩く。
それはなんかどっか、「本当に問題なのは補償じゃない?」という話が通じるような気がするんですが、この「のんきな余裕のある人」というのは、なんかどうしようもない気がします。
だって、そもそも「我慢」がないんだから、補償とかなにについても、「それよりはみんなで絆だよ」とか言っちゃうわけでしょう。
そもそも、安倍夫人とかもそうですけど、底辺の人の生活なんか知らないし、想像もしないんだろうな。


これ、似たような話で、
ま、この期に及んで来年五輪やります、何千億かかります、て馬鹿なのかな、と思いますね。
その金、まず今使うところじゃねえの?と。
どう考えても。
これね、単純にばかだなあ、って思いますが、問題は決める森さんとかに権力があるという。
ま、なんで「もうやめようよ」という声を上げていかなきゃいけないな、と思うんですが。

まあ、それはそれとして。

先日、アオテツと話してて、「彼ら、五輪やることがいいことだ、国民のためになるって信じてるんじゃねえかなあ」という話になりまして。
自民党の先生なんかが、いわゆる神道系の教祖(らしきもの)なんかを訪ねてくると、本気でどうも信じてるんじゃないか、と。
教育勅語もソラで言えることが本当に国民のためになるって信じてるんじゃないか、という。
男尊女卑のほうが日本は発展する、と本気で信じてるんじゃないか、と。
これらは、まあ仕事上、そうした教祖さんの事務所に出入りしてきたアオテツの感想なんですけど。
まあ、日本会議という宗教めいたもんが政権の中に入り込んでいる昨今、まああながち妄想ではない感じがします。

つまりですね、五輪をやる、というのが本気でいいと思ってるんじゃないか森さんは、という話なんですけど。
ある意味「のんきな余裕のある人」と同じように、やっぱその「自粛の意味がわからない人」を置いてけぼりにしているというか、そこにどういう影響があるかをあまり考えていない、というか、むしろ「いいことだと信じている」のではないかという恐怖ですねこれ。


結局ですね、「わからない人」を置いてけぼりにしてるんですよね。
で、その中で我慢させて、我慢してない人を叩くように仕向けている、という図式が見えるけど、もしかしたらそこまで考えてないのかもしれない、という。
結果そうなったけど、彼らはそもそも「自粛の意味がわからない」人のことは想像もしてないし、想定にも入ってないのではないか。

「のんきな余裕のある人」、「民の声が聞こえてない(想像だにしない)政治家」によって世の中が進むとすると、なんかもう恐ろしいよな、って話です。
世の中の大多数は、どう考えても「よくわからない人」だとオレは思うんで。







(BGM:前川清「HOWEVER」from「エンカのチカラ SONG IS LOVE 80’s-90’s」)
→前川清さんを見ると、市丸はそれだけで大爆笑するんだけど、その辺はやっぱドリフの流れなんでしょうか。
ま、確かに前川清さんがこの曲を歌ってるところを想像すると、なんだか多少笑っちゃうような気がするが、歌はやっぱうまい。
スポンサーサイト



<< 「討ち入りは上手くいきましたか?」 | ホーム | 「穏やかでいたい」のかもしれない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP