FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

先延ばしにしよう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


前はよく「長生きしようよ」みたいなことを言ってました。

井上たちに健康診断の結果の見方を伝えよう、とかの場面で、そういう言葉を使ってました。
まず「健康に気をつけないと死んじゃうよ」というようなことを言いたくて言ってたんだけど、最近、ちょっと言い方を変えてきてまして。

たいがい、まあ「死にたいの?」と聞けば、「死にたくない」とみんな言います。
けども、目の前にナイフがあるのならまだしも、例えば「肝臓の数値が悪い」みたいなことって、死とはなかなか連動しない。
だって、今は特にどっか痛いわけじゃないし。
動けなくなったわけじゃないし、という。
でも、それを続けていたら、まあ大変なことになるのは目に見えているし、彼らはけっこうそういう「注意する心」というのを持ちにくいところがあって。
それはまあ、「未来を見る力」ってのがなかなか弱い、ってことではあるんですが。

たいがい、「酒はちょっと控えた方がいいよな」とか、「普段はコーラじゃなくてお茶にした方がいいよな」という風に、健康にことさら気を遣ってない人でも、その程度は思うもんだと思うんですが、なかなかそこも難しい。
一度そういう風に思ってしまえば、コーラを飲むこと自体が毒を飲んでいるような気になってしまったりするもんなんですけど。
けども、なかなかそこに持って行けない。

ま、好きなもん飲んでりゃいいじゃない、という意見もある意味成り立つんだけど、それで体を壊すのは彼らも本意ではないんだよね。
そこに思いが至ってないだけで。

と、まあ話がそれそうなんで、ちょっと戻しましょう。
なにを言いたいかというと、「健康に気をつけよう」というのを、どう彼らに伝えるか、ってことですね。

それを「死にたいか?→死にたくない→死にたくないなら、こうしよう」、という流れで話をしていたんだけど、う~ん、ちょっとすわりは悪かったんですよ。
なんかちょっと自分でも、う~ん、とは思っていたけど、それ以上の語彙がなかったというか。
どう伝えたらいいかわからなかったというか。

ツノちゃんなんかは、時に「死んでやるんだからな!」というようなことを言うんですけど、まあいわゆるフラッシュバックの時にそうなる。
まあ、そういう時はあまり真面目に取り合ってもしょうがないし、逆にあまり真面目に取り合ってしまうとそれが逆に固定化しちゃう感じもあるので、あまり取り合わないんですが、そのときに、ふとね、こう言ったんですね、オレ。

「あ、大丈夫だよ、いつか必ず死ねるから」

自分の口からふと出たこの言葉、なかなかなんかフィットしたんですね。

「いつか死ねるからね、今死ななくても大丈夫。急がなくても大丈夫だよ、必ず死ぬの、人は。少なくとも、ツノちゃんはいいかもしれないけど、オレはツノちゃんが死んだら悲しいから、オレが死んでからにしてくれる?。ゆっくりで大丈夫。」

というようなことを言ったら、ツノちゃんはなんか拍子抜けしたような顔になって、「うん」と言っていた。

つまりですね、これまでオレは、なんか「死」をすごく悪いようなモノとして言っていたな、って話なんですよ。
「死にたいの?→死にたくない」ってのは、どっか「死」を悪いモノにしちゃってるというか。
確かに、健康と死を二元論にして、わかりやすく健康が「いいモノ」、死をヒールにしちゃった方がわかりやすい、ってこともないわけじゃない。

けど、違うじゃん、というか。
死をそんなに悪として捉えてしまうのはよくないんじゃないか、って、そこにオレはもしかして据わりの悪さを感じていたんではないか、と思ったわけです。

だって、人は必ず死ぬわけですよ。
これはもう平等なんですよね。
そういう人生の中で、どうやって生きていくか、って話であって。
だから、人生を楽しく生きたいのであれば、「死ぬのはもうちょっと先がいい→だから病気を避けたい→健康でいたい→健康診断の結果は云々」というのが、まっとうな感じだよな、と。

死を悪としてしまえば、それはどっか人生を悪にしちゃう気がしてたんだな、オレは。
で、据わりが悪かった。
つまり、「死との共存」ってのを考えなきゃいけない、というか。
まあ、直接そういうことを話すわけじゃないけど、そういうベースの上で彼らに対していかなきゃいけないのではないかな、って思ったわけです。

「長生きする」、というのはいいんだけど、なんのために?ということが大事で。
そう考えると、死を先延ばしにする、って方がなんかフィットするかな、っていうか。

ま、いろいろ悩んだり、据わりの悪い感じもありつつ毎日進んでいます、て話です。







(BGM:アリス「さらば青春の時」from「ALICE 30 SONGS メンバーズ・ベストセレクション」)
→これね、まあ普通にいい曲だと思うんだけど、最後の「そんな力を与えてほしい」ってところのコードがそれまでの繰り返しとちょっと違う感じですごくいいんだよな。
スポンサーサイト



<< 恨み発祥じゃない怖さ ★ 映画 「ヘレディタリー 継承」 | ホーム | 自主独立 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP